治療院に集客したいなら「読んでもらえるブログ・メルマガ」を書こう

あなたが電子書籍やブログ、メルマガを書くのは、おそらく
治療院に集客することが目的だと思います。

でも、もしあなたの書いている文章を
読者が読みたくないと思っていたら?

じつはほとんどの人は他人の話なんて聞きたくない。

こう思って情報発信していると、
読んでもらえるような文章が書けるようになります。

せっかくブログやメルマガを書くなら、読んでもらって
治療院の集客につなげましょう。

あなたのブログは読まれてますか?

最近、あなたが一番ひとの話を真剣に聞いたのって
どんな時でしたか?

思い出してもらって、
そのとき、
どうしてそんなに真剣に聞いていたのか
考えてみてください。

考えてもらうと、あなたの情報発信が

今までの10分の1の労力で、
今までの10倍の人が真剣に読んでくれるようになります。

あなたが、せっかく頑張って書いた文章が、
流し読みされたり、
タイトルだけしか読まれなかったり
そんなことは一切無くなります。

あなたがそんな秘訣を身につけるためにも、
まず、
あなたが最近、一番真剣にひとの話を聞いたときのことを
思い出してください。

そして、その理由を考えてみてください。………と、こうやって書くと普段よりもちょっと真剣に読みませんか?

損と得に脳が動く

文章のなかに
どんな得があって
どんな損を避けられるのか

が書いてあると、
「おっ?」
と思って気持ちが前のめりになります。

でも、

「人に伝わる文章を書くには、あるメソッドがあります。
このメソッドは簡単で、今までの文章術に比べて身につけやすく、しかも効果が高いのが特徴です。
ブログだけでなく、ビジネス文書を書く場合にも、とても有効なメソッドなんです」

という、どこかで聞いたような文章だと、

ありがちだな…
聞いたことあるな…

と脳が判断して、
スルーっと印象には残りません。

まず、あなたの話を聞いてもらうには

脳が

「あっ、新しい。聞いたことない」
「い~? おかしくない? 何で?」
「うっ、損するのはイヤだ」
「えっ!びっくりした」
「おっ、なんか得がありそう」

と認識してくれることが大事です。

とくに、「得すること」「損すること」は
人間の根源的な欲求につながるので、
脳の興味をひきやすいんですね。

脳の中の海馬という中心部分が
パカッ
と開いて、話を聞く体制に入ってくれます。

つまり、

読み手が得すること
読み手が損すること

についての話をすれば、
相手は食いついてきてくれます。

ちょっと話は戻りますが、
最近あなたが、いちばん真剣に話を聞いたときのことって
思い出しました??

そのときって、
あなたに何らかの得があるか、
損をしないための話じゃありませんでした?

「あなた」を増やすと「わたし」の治療院の集客が増える

情報を発信していると
いつの間にか

わたしの話を聞いてください!」

となりがちです。
これはもう気をつけてもしょうがない。聞いて欲しいことがあるんですから。

だから、形から入りましょう。

文章には

主語

があります。
その文の主体となる人や物事を、明確にするのが主語の役割。

その主語を「あなた」にするんです。
「あなた」が主語の文章を増やすことで、必然的に読み手は
私について話してくれてるんだなと思います。

「わたし」から始まる主義主張よりも
「あなた」から始まる読み手が主体の話のほうが
だんぜん興味を持って聞いてくれます。

わたしの考えたメソッドには、こんな特徴があって…」

ではなく

あなたの悩みは、こうすると改善します」

という話を、文章の中ですればいいんですね。

まとめ

治療院の集客につなげるブログやメルマガを書くなら、
あなた
が主語の文章を、できるだけ増やしましょう。

書き上げた文章のなかで、
「あなた」を主語にして
書きかえることのできる部分を探してみるといいですよ。

それだけでも、ぐっと読み手を惹き込むきっかけになります。

書き手の伝えたいことを
「あなた」
という主語の中で伝えることができれば

真剣に
最後まで

読んでくれます。
結果的にそのほうが、あなたの伝えたいことが伝わり、最終的に治療院の予約をしてくれます。

書きながら「あなた」。
読み直して「あなた」。

ためしてみてください。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください