見込み客に「最後まで読んでもらえる」ブログの書きかた

前回の【電子書籍つくろう! ワークショップ】
参加された整体師の先生から

「接続詞って、あったほうがいいんですか?」

と質問されました。
どうも、ある文章術の本に
「上手な文章には接続詞が少ない」
と書いてあったのを読んで気になったそうなのです。

なんか、この手の質問けっこう多いんですけど、
みなさん同じ本を読んでるのかな…

ということで今回は、見込み客に
最後まで読んでもらえるブログやメルマガ、電子書籍の書き方
についてお伝えします。

そこで、接続詞がとても役に立ってくれますよ。

読みにくいブログでは集客できない

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

わたしたち治療家がブログやメルマガ、電子書籍を書くのは
集客のため。

ですから、書いたものを最後まで読んでもらえないと
目的が果たせません。

最後まで読むから集客につながる

おそらくあなたは、集客への導線を
文章の最後に置いてあると思います。

  • 治療院の連絡先
  • キャンペーンの告知
  • メルマガの登録フォーム
  • プロフィール
  • クーポン券
  • LINE@の登録

など。
文章を読み進んで、見込み客の悩みを解消して、

「ああ、これを書いている人って、信頼できるな」
「助かった~。誰が書いてるんだろう」
「こんな治療院なら、行ってみたいな」

と思ってもらってようやく、集客への第一歩が始まります。

ですから、読んでいる途中で離脱されてしまっては
全く意味がありません。

文章が読みにくい原因

最後まで読んでもらえない理由は、いくつもあります。
とくにブログやメルマガは、

ヒマつぶし

として読まれることが多いので、読んでいる途中で別のことに意識が向けば
それっきり。

あとで読み返そうなんてひとは
いません。

そんな邪魔が入らないのに最後まで読まれないとしたら、
あなたの文章に問題があるのかもしれません。

個別添削をしていて
「分かりにくいな」
と感じる文章に一番多いのは、

どこに向かっているのか分からない迷子文章。

今まで通ってきた道。
現在地。
これからどちらに向かうのか。
ゴールはどこなのか。

これが分からないので、読んでいて
「おれって、何のために読んでるんだっけ?」
と、たびたび

「?」

が浮かんでくる文章を、迷子文章といいます。

読み慣れていない見込み客

文章が苦手だった私だからこそ分かるのですが、
最近のひとは

長い文章を読み慣れていない。
読解力が低い。
飽きやすい。

こういう人に読んでもらおうとするとき、
行間を読ませる
的な作戦は効きません。

つまり、
わざわざ文章にしないでも、伝わるように書く
といったテクニックは通用しないのです。

いちいち分かりやすく、
全てを書きましょう。

もし分かりやすさ優先の文章を書いて
「文章力が低いね」
と誰かに言われても気にしないでください。

だってわたしたち治療家が文章を書く目的は
集客ですから。

カッコイイ文章は必要ありません。

集客できるブログを書くコツ

読みやすい文章にするには

見込み客が最後まで読んでくれるブログやメルマガを書くコツは、
とにかくすべてを書くこと。

「書かなくても分かるだろう」

ということまで。

とくに、
文と文の関係性を書いてあげると、迷子にならず
ゴールにたどり着きます。

脳は、無駄なことが大嫌い。

今やっていることの意味が理解できないと、
とたんに飽きてしまいます。

「え~、これ読んで何の得があるの?」
「あれ、何でいま、読んでるんだっけ?」
「もしかして、もう知ってることかも…」
「時間の無駄じゃない?」

などと思わせたら、負けです。

そうならないように、いま読んでいる文章は

  • これまで読んできた文章と、どうつながっていて
  • これから先、どう展開して
  • 最後に何が手に入るのか

が常に分かるようにしてあげてください。

イメージとしては、
見込み客のアタマの片隅に
文章の流れを示す地図を、常に表示させておく感じ。

カーナビの画面に、よくあるアレです。

読者はいま目の前の道(文章)しか見えないので、
通ってきた道(これまで読んだ文章)から、
こんどはどっち方面に曲がるのか(文章の展開)が分かると

安心して走る(読む)ことができます。

読み始めから、読み終わりまでの文章展開のなかで、
いまどこに居るのかをいつも伝えてあげていると、

読者は自分のアタマの中で
いま読んでいる文章を理解しようとしてくれます。

そのとき
【 道路標識 】の役割をしてくれるのが
接続詞です。

接続詞は最高のガイドする

たとえば…

これが、治療院に効率的に集客する秘訣です。それで、……

というように「それで」という接続詞を入れると、読者は
「ああ、集客の秘訣について、似たような続きの情報がこれから始まるんだな」
と理解してくれます。

つまり、話の流れはこのまま真っすぐ続くんだなと
心の準備ができます。

これを、順接の接続詞といいます。

これが、治療院に効率的に集客する秘訣です。ですが、……

もし「ですが」という接続詞が入ると、どうなるか。読者は
「あ、これからちょっと話の流れが変わるんだな」
と心の準備ができます。

これは、逆接の接続詞です。(こんなのは、どうでもいいのですが…)

ほかには、副詞も含めて

  • 「さらに」➡ 追加の情報がある
  • 「とくに」➡ 強調したいことが書いてある
  • 「まず」➡ いくつか話題が続く
  • 「なのに」➡ 矛盾すること
  • 「たとえば」➡ 具体例が書いてある
  • 「つまり」➡ 大事な結論がはじまる
  • 「ところで」➡ 話題が少し変わる
  • 「いっぽう」➡ 対比することが書いてある
  • 「ちなみに」➡ オマケ情報
  • 「しかも」➡ ダメ押し情報
  • 「なぜなら」➡ 理由が始まる
  • 「そもそも」➡ 根本的な話になる
  • 「ただ」➡ 条件付きの話

など。
いちいち接続詞や副詞を入れていると、たしかにうっとおしいです。
でも、
分かりやすくなります。

これまで読んできた文章と、これから読む文章の流れが
どうつながるのかが分かると、心の準備ができる。

そうすると、理解しやすくなるので
どんどん読み進めてくれます。

なんなら…

ここまでは治療院の集客を効率的にする秘訣をお伝えしました。でも効率ばかり追いかけては結果が出ないので、こんどは別の視点から集客を考えてみましょう。
そうすると、より俯瞰的に治療院集客の問題点が見えてきますよ。

などのように、

  • これまで読んだ文章の内容
  • これから始まる文章の内容
  • なぜこれから始まる文章が必要なのか
  • この先を読むと何が得られるのか

が分かるような補助文章を入れてあげると、
より親切なブログやメルマガが書けるようになります。

面倒くさいですが…
そこが「読まれる」「読まれない」の分かれ目です。

まとめ

治療院の集客のためにブログやメルマガを書くなら、
最後まで読んでもらわないと意味がありません。

そのための強い味方が、接続詞。

積極的に使いましょう!

文法とかテクニックと考えずに、
「どうやったら、一般の人が分かりやすくなるかな」
と思うと、自然と出てくるようになりますよ。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます