集客ツールとしての電子書籍の魅力

電子書籍は「電子」というくらいなので、
デジタルコンテンツです。

今回の記事では、デジタルの強みを活かした
電子書籍の集客ツールとしての魅力をお伝えします。

電子書籍って何?

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

そもそも、電子書籍っていったい何なのか。
「買ったことがない」という人も、けっこういらっしゃいます。

売ることができるデジタルコンテンツ

 

 

 

 

 

 

上の画像に並んでいるのは、
すべて電子書籍です。

Amazonで販売されている電子書籍は
【 kindle版 】
と表示されて売られています。

電子書籍のみで出版されている本もあれば、
商業出版で売れた本が電子書籍化されたものも並んでいます。

コンテンツの中身は自由

で、実際の電子書籍の中身はというと‥

なんでもアリ。

Amazonに入稿するファイル形式は決まっているものの、
その中身はかなり自由です。

  • 漫画
  • 小説
  • 写真集
  • エッセイ
  • 短編集
  • 実用書
  • オーディオブック
  • ムービーブック

などなど。

以前は数行しか書いていない低品質なものも出版されていましたが、
いまはAmazonでフィルターをかけているので
だいぶマシになりました。

それでもかなり自由なので、もう本当に
書きたいコト
伝えたいコト
を好きに文章にして出版できる。

ここが、電子書籍が大好きな理由です。

集客ツールとしての魅力

電子書籍は、
わたしたち一般人が自己表現をする手段としては
最高!

つくるのも面白いし、
世の中に向けて
生きた証を100年後まで残すことができる。

もやもや~っと
アタマの中にあるものを、
言葉にして
文章にして
表紙で飾って
本というひとつの形に創り上げるのは
とても楽しいです。

でもそれだけではなく、電子書籍は
優れた集客ツールでもあるんです。

ずっと使える集客メディア

さきほど、「100年後まで残る」とお伝えしました。
大げさな表現ではなく、ほんとうにそうなるでしょう。

電子書籍と並んで、商業出版(書店に並ぶ紙の本)も集客ツールとしては
パワフルです。

ただ、紙媒体であるために
どうしてもサイクルが短い。

よっぽどのベストセラーでなければ、数か月で店頭から消えてしまいます。

でも電子書籍はデジタルコンテンツ。
場所もとらなければ、印刷の必要もない。

何年たってもワンクリックで読むことができます。

あなたが専門知識と経験を活かして
見込み客の役に立つ内容を本にすれば、
ずっとオンライン上に残ります。

そして、
あなたを必要とするひと

あなた
が、出会うきっかけとなってくれるでしょう。

権威が手に入る

「本」=「すごい人」

というイメージが、私たちの脳には擦り込まれています。
教科書という書物を使って育ってきた世代には、

というのは強力な権威を持ち続けます。

電子とはいえ、本という形態をとっている電子書籍は
この「本」のイメージを受け継いでいるんですね。

実際、当院のクライアントさんに
「こんど、電子書籍を出版したんですよ」
と伝えると、それだけで

「先生、すごいね~」

と言われます。お世辞も含めて。
でも、それが電子なのか、紙の本なのかを気にするひとはいませんでした。

専門分野を一冊の本にまとめる

という行為自体が、すでに尊敬に値するのです。

信頼を得ることができる

権威を手にすることに似ているのですが、
本を出版していることで信頼を得ることができます。

ふつうなら
何年も地元で営業して、
数多くのクライアントを施術して、
ブログを更新し続け、
メルマガを発信し続けて
ようやく得られるような信用を

一冊の出版で手に入れることができるのです。

なぜか。

本の出版は「公(おおやけ)」という認識をされているから。

治療院やサロンを訪れるクライアントは
潜在的に不安を抱えています。

「このひとは、大丈夫だろうか」
「突然、居なくなったりしないかな」
「都合が悪くなると逃げはしないか」

これは、直接クライアントさんと話していると
肌身で感じます。

カラダを預けるからには、
責任をもって欲しい。

心の底で思っています。

私は開業当初、アパートの一室やマンション、そしてテナントを借りて営業していました。
今は自宅兼治療院なのですが、その差は大きいです。

ココに住んでいるということは、
顔も名前も身元も、周りの人に知られている人。
だから、いい加減なことはできないだろう。

そんな安心感を、「本の出版」で与えることができます。

基本的に本を出版するときには、実名を使います。
そしてAmazonという日本一の書店で売りだすわけです。

自分でつくったホームページやブログと違って、
広く認知されたAmazonというプラットフォームに載り
実名で販売されている。

見込み客は、細かい点は分からなくても、
「本を出しているくらいだから、大丈夫だろう」
という安心感を持つのです。

ワンタッチで行動できる

見込み客というのは、浮気者です。

「いいな~」
と思っていても、その場で

予約の電話や
メルマガの登録、
資料の請求をしてもらわないと

次はありません。

その場で行動に移れるようにしておくことが
大事です。

その点で、電子書籍は便利。
なにせ、ワンタッチ、ツータッチで
目的の行動をとってもらうことができるから。

ここが、紙の本との大きな違いです。

差別化になる

広告規制対策や本格的な差別化を考えている
目ざとい治療家やセラピストは、
電子書籍を使うようになりました。

が、まだまだ多くの治療院は
手を出していません。

というか、出しにくい。
というのも本をつくるのは難しいと思いこんでいるから。

ほんとうは、そんなことないんですけどね。

『組み立て式 電子書籍つくろう!』

の説明ページで、元フォレスト出版編集長の長倉さんが言ってくれているように、
大事なのは

誰から学ぶか。

手前味噌ですが、
現役の治療家で、元編集者、出版した7冊の電子書籍がAmazon1位になったからこそ
教えられることがあります。

他のライバルが足踏みしているあいだに、
ぜひ、いっしょに電子書籍をつくりましょう!

まとめ

電子書籍は、治療院にお客さんを集めてくれるツールとして
本当に効果的。

ブログやメルマガ、ホームページ、広告にはない魅力があります。

いまは、普通のひとが
とても簡単に出版できる時代になりました。

このチャンスを活かさない手はありません。

ぜひ、コチラの記事をごらんください。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ちょっと頑張れば、ずっと集客に使える便利なツールのつくりかたは、
こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください