電子書籍の治療院集客効果は【ブランディング】だけじゃない

本を出版すると、
こんなにもクライアントさんが喜んでくれるのかと
ビックリします。

ほんとうに。

今回の記事は、ブランディング効果による治療院集客を狙って電子書籍を出版したら、こんな変化がありました!ということをお伝えします。

電子書籍でブランディング

「こんど、電子書籍ってのを出版するんです。
Amazonで買えるので、よかったら読んでくださいね~」

そう伝えてからは、施術のたびに
「いつ出るの?」
「Kindleのアプリ入れたよ!」
「ランキング何位になるかね?」
「表紙ってどんなの?」
「私のこと書いてある?」
「次の本はいつ出るの?」
「書くの大変でしょ~」

など、著者本人よりも
出版を楽しみにしているのが伝わってきました。

会話もはずみます。

「先生、すごいね」

と何度も言われました。

たしかに、ブランディングを意識して出版しているので
「すごいですね、先生」
と思ってもらえることは、嬉しいです。

でも、信頼を得るよりもありがたいなと思うのは

クライアントさんが喜んでいるということ。

喜んでいるというより、楽しんでいる?に近いかも。

ブランディング以上の価値あり!

正直いうと、
「すごいね」
と思ってもらえる以上のことは考えていませんでした。

ホームページやチラシ、ポータルサイトなどで
「本を出版しています」
と書いてあれば、それだけで信用度が上がります。

新規の見込み客に対して
他の治療院との違いをドンっと出せるし、

既存のクライアントさんとも
より強い信頼関係を築くことができる。

本の出版には、
こんなブランディング効果があるのですが、

クライアントさんが
喜んで、楽しんでくれる??

そうなんだ…

と、意外でした。

うれしい誤算でした。

クライアントさんとのイベント

きっとクライアントさんにとって、
自分が通っている治療院の先生が出版するってことは、

イベント

みたいなもの。

だって普通に生活していて、
自分のまわりで本を出す人って
いないですもんね。

ちょっとイレギュラーなイベント。
しかも、全国展開、いやAmazonのプラットフォームにのせて
世界中で発売されるイベント。

ふだんカラダを診てもらっている先生が書いた本が
そうやってAmazonで売られているのって、

なんだか誇らしい気持ちにもなるんだろうな。

だから、
本を出すたびに

「こんどはダイエットの本を書きます」
「何か書くネタないですか??」
「ようやく原稿書きあげたよ~」
「表紙の写真、上手く撮れました!」
「昨日は10冊も売れたんですよ」

など、一緒に盛り上がっています。

これって、紙の本じゃ無理。
5万~10万文字、それ以上の文章量で
次から次へとなんて書けないし、

そもそもそんなに出版させてくれる出版社はない!

しかも、
自分の書きたいようになんて書かせてくれない!!

でも電子書籍なら
1万~2万文字くらいで、
自分の書きたいことが書けるし
表紙だって好きなようにつくれる。

なにより、つくっている過程を
クライアントさんと一緒に楽しめる。

だから出版のたびに、
イベントみたいに盛り上がる。

「すごいですね」
だけじゃない、電子書籍の効果。

あなたにも味わって欲しいなあ。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください