電子書籍の表紙を外注するコツ「自分でつくるつもりで頼む」

電子書籍にとって、表紙は顔。
できればキレイに整えたいですよね。

表紙をつくる方法には、いくつかあります。

○ 自分でつくる
○ デザイナーに外注
○ クラウドソーシング

今回の記事は、

いずれにしても、
どんなデザインにするのかは
あなた自身が考えたほうがいいですよ

という話です。

デザインは自分で考えたほうがイイ理由

自分でつくるつもりなら、当然、デザインは自分で考えますよね。

でも、
プロのデザイナーや
クラウドソーシングに外注しようと思っているひとも、

自分である程度まで、
いや
かなりつくり込んで考えたほうがイイです。

あ、クラウドソーシングというのは
「電子書籍の表紙をつくってもらいたいのですが、どなたかいらっしゃいませんか?」
と投げかけて、それに応えてくれた人にお願いする方法です。

ランサーズクラウドワークス
が有名ですね。

デザイン会社をふくめ、
このような外注をするときも
丸投げすると後悔します。

それは、イメージが微妙に伝わらないで

妥協

した表紙になりがちだから。

デザインに押されてしまう

外注してつくってもらったデザイン案をみると

「おお~っ、これが私の本の表紙か~」

って、
嬉しくなります。
ワクワクします。

(嬉しくならないデザイン案は、論外です。
発注先を変えましょう!)

そうすると、
「これでいいじゃん」
と思えちゃう。

ある程度お金を出して作ってもらったデザイン案は、
やっぱりクオリティ高いですからね。

デザインに押されちゃうんです。

表紙で大事なのは愛着

でも、いくら綺麗なデザインでも
本の内容が伝わるようなデザインじゃないと、

嫌じゃないですか?

カッコよければいいってもんじゃなくって、
やっぱり
自分の書いた文章を象徴してくれるようなデザインだと

愛着が湧きます。
そして
ひとを惹きつけます。

書いてある文章のエッセンスが
表紙に「じわっ」と出ていると

自分の本なんだな~
という実感が格段に増すんですね。

いくらデザイナーさんが
キレイに
カッコよくつくってくれても

何かが違う。

これは、
いろいろなデザイナーさんに頼んだり
発注の方法を変えてみて感じること。

具体的に描いて発注しよう

だから、
まずは書いた本人が
どんなデザインにしたいのかを考える。

それもできるだけ具体的に。

これは、やったほうがいいです。

細かいところは任せよう

細かいレイアウトやフォント、色使いなどは、プロに任せるのもアリだと思います。

ただ、その前の段階で

「こんな感じの表紙にしたい!」

というあなたの意図は、
形にしておいたほうがいいです。

そうしないと、外注して出来上がってきた表紙を見て

何かが違う…
ってことが出てくる。

でも、修正しようにも
それなりにまとまったデザインで仕上がってくると、
具体的に
「ここをこうして欲しい」
というイメージが湧きにくい。

全然ダメダメなデザインが上がってきたほうが、
素人の私たちにとって
「ここをこうして欲しい」
というのが分かりやすいんですよね。

修正回数が決まっている場合もある

外注のばあい、
修正回数が決まっていることが多いです。

そんなときこそ
いちばん最初に具体的なイメージを伝えないと、
あっという間に

タイムアウト。

結局

「なんだかな…、こんなもんかな」

という妥協案になっちゃう。

だから、
外注するにしても

自分で完成させるくらいの気持ちでデザインを考える。

本の内容や空気感、
伝えたいメッセージを一番分かっているあなたが
表紙を考える。

そうすると、
頼まれたデザイナーもつくりやすいんだそうです。

文字情報よりも画がいい

「本の内容は美容系で、希望の色味はピンクで、女性の横顔を入れて、この文字を目立たせて…」

と文章で伝えられるよりも、
手書きでもいいから表紙の画があると

デザイナーさんは
つくりやすいんですって。

イメージが湧きやすいし、
なにより
著者の希望に近い仕上がりになるのだとか。

たとえば、私の書籍の表紙。

まずは自分で
写真を切り貼りして、そこに文字をのっけて、
ざっくりとした表紙のイメージをつくって
デザイナーさんに送りました。

  

もし、あなたが
シンプルなデザインじゃなくて
文字や写真などを多めに使って

「賑やかな表紙にしたいな」

と思っていても、
表紙のどのあたりを賑やかにしたいのか
どんな感じの賑やかさなのかって、
ひとによって違います。

それを言葉で伝えるよりも、
もう
実際につくっちゃったほうが伝わりやすいんですね。

手書きがイイんです

パソコンじゃなくっても
手書きでもいいんです。

というか、パソコンより
手書きのほうが伝わります。

写真の加工や文字の配置などは、
パソコンの操作が必要になる。
だから、どうしても伝えたいイメージに制限がでちゃうんですね。

だから、手書きでも
もちろんオッケー。

そうやってイメージを伝えておくと、
あなたの想像に近いデザイン案があがってきます。

こんな感じで。

「美脚・小尻・美デコルテ・くびれ」

の文字の色なんか、素人の私には考えつかない。
でも、やっぱり全体としてまとまってますよね。

まとめ

わたしは、本は自分の分身だと思ってつくっています。

だから、妥協はしたくないし
自分の思ったように仕上げたい。

それができるのが、電子書籍の面白さ。
商業出版だと、編集者や出版社の意向が第一ですからね。

そんな自分だけの電子書籍の表紙は、
まさに

顔。

イイ顔に仕上げるには、
丸投げじゃなくて
できるだけあなたのイメージを具体化して伝えましょう。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます