治療院集客で電子書籍を使うと「見込み客との距離が近くなる」

「電子書籍って、何が良いの?」
「集客するなら、ブログやホームページでもいいんじゃない?」

と、電子書籍のことについて
治療家の仲間から聞かれることがあります。

今回は、とくに治療院集客という面から
電子書籍の強みをお伝えしたいと思います。

電子書籍で治療院にお客さんを集める

私が電子書籍を出版するようになってから、
治療家の友人から
電子書籍についていろいろと聞かれるようになりました。

「どうやって出版したの?」
「大変だったんじゃない?」
「それって、儲かる?」
「すごいね~!」
「いくらかかったの?」
「売れるの?」

などなど。
その中でも、いちばん聞かれるのが

電子書籍を出すメリット。

電子書籍を出版して、治療院の集客に役に立つのかということが知りたいようです。

そんなときに答えるのは、次のようなこと。

電子書籍を出版するメリット

○ 既存顧客からの信頼度が上がる
○ 地域のライバルと差別化ができる
○ 新規集客のツールになる
○ 本業以外の収入になる
○ 自己満足度が高い
○ 同業者から一目おかれる
○ 「本を出している先生」という紹介が起きる
○ 100年後にも自分の足跡を残せる

このあたりでしょうか。

そしてみんなが気になるのは、
ぶっちゃけ

治療院の売り上げにつながるの?

ってことなんですね。

新規集客やリピート対策、紹介への誘導などに
電子書籍は役に立つのか。

それが気になる。

そりゃそうです。
忙しい中で時間を割いて、せっかく本を書いても

収入に結びつかなければ
意味がないと思うのは当然です。

で、
結論から言うと

売り上げにつながります。

本を出すと信頼してもらえる

実際に書籍を出して感じるのは

○ 本を読んで来院してきたひとが、すでにファン化している

○ 既存のクライアントさんが喜んでくれる

○ メルマガ経由で出版を知った休眠客から予約がある

○ 遠方からのクライアントさんが増えた

○ 本がツールになって紹介が増えた

ということです。
これが、

本を出版したと同時に、爆発的に起こった!

ということは、残念ながらありませんでした…

電子書籍は「じわじわ型」

一気に集客するには、
広告を出すのが
いちばん手っ取り早いと思います。

インターネット・新聞・雑誌・地域広報誌・チラシ

など、
よほど的外れな広告を打たない限り
費用をかけただけ新規集客できますよね。

それに対して

ブログやメルマガ、ニュースレター

などは、
コツコツと回数を重ねながら関係を深めて
集客していくという方法です。

では電子書籍はというと、後者。

普通の治療家が本を出しても
そりゃ~
一気に何万部なんて売れたりはしません。売れ行きは

じわじわ

って感じです。
なので、
出版してすぐに何かが変わったってことはありませんでした。

でも、出版してから

じわじわ

と、「今までとはちょっと違うな」と感じるようになりました。
たとえば、紹介で来院した人は

「友達がココに通ってるのは知ってたけど、こんど先生が本を出したって聞いて、買って読んでみたら良かったので電話しました」

とか。

あんまり今まで、
紹介ツールとか仕組みとかを用意してなかったのもあって
うちは紹介ってクライアントさん頼みでした。

何人か、積極的に紹介してくれるひとがいるから、
ありがたいな…と。

でも本を出してからは、
今まで紹介のなかったクライアントさん経由でも
来院が増えました。

本を読んで電話しました!

あとは、初めて都内から問い合わせがあった時も驚きました。

うちは埼玉のはずれの治療院なので、
都内からは1時間以上かかります。

それなのに、
電話があって
「本を読んで、良さそうな先生だなと思ったので、診てください」
と予約が入ったのです。

書籍の中に
本の内容を説明した動画のリンクを貼っておいたので、
それを観て電話をしたそうです。

しかも、
実際に来院されて、
問診で話しているときの態度が

明らかに前のめり。

20年ほど治療院をやってますが、
初診のひとって多かれ少なかれ
緊張して、様子を伺いながら話をされます。

でも、

「本を読んで来ました」

というひとは、みなさんけっこう前のめり。
すごく極端に言うと、

これまでの初診の人は、半信半疑。

本を読んで来た人は、すでに信頼感を持ってくれている。

というような違いでしょうか。

電子書籍は書き続けなくていい

ブログやメルマガ、ニュースレターなど、同じような

じわじわ型

のメディアは、
地道にコツコツ、発信し続けなければ信頼関係が築けません。

でも、電子書籍は

一冊でも

読み手から信頼を得ることができるんです。

これが、もしかして電子書籍の

最大の強味

かも知れません。

本にどっぷり浸かる

たとえば
雑誌を読んだとしても、
雑誌の世界にどっぷり浸かるってことはありませんよね。

「面白かった」
「新しい情報を知ることができてよかった」
「気分転換になった」

という感じだと思います。

でも、本って
一冊読み終わると、なんだかしばらく

ボーっとしませんか?

あれって、
集中して本を読むことで

本の世界に惹きこまれている状態。

本にはそんな魅力というか、魔力があるんですね。

読み手との距離が近くなる

一冊にまとまった著者の話を読み終えると、
否応なく
著者との距離が近くなります。

初診のクライアントさんが

「初めて会った感じが、あんまりしないです」

と話すことも、少なくありません。
ですから、治療がとてもやりやすいんです。

とにかく、楽。

相手の緊張が少ないのが、
何より治療をスムーズにしてくれています。

まとめ

電子書籍は、わたしが実践してきたメディアの中で、
いちばん気に入っている媒体です。

瞬間的な治療院の集客でいえば、広告にはかないません。

でも、「濃い関係」を築ける電子書籍のほうが、わたしは好きです。

もっと多くのひとに
電子書籍の良さを知ってもらいたいな~
と思う反面、

あんまり広まっちゃうと、
つまらないな

という心の狭いわたしでした。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください