口下手な職人でも電子書籍なら【あなたの魅力】が伝わる!

「職人さん」
って、好きなんです。わたし。

何というか、
多くを語らず
仕事で伝えるというか。

でも

そんな職人さんにこそ
情報発信をしてほしいんです。

できれば、
電子書籍を使って
仕事にかける

情熱とか
こだわりとか
これまでの経緯とかを伝えてほしい。

わたしは
そんな出版の手伝いができれば
嬉しいんです。

職人こそ電子書籍を出版しよう

なんで
職人さんにこそ

情報発信をしてもらいたいのかというと、

つぶれちゃうからです。

せっかく磨き上げた技術で
良い仕事をしていても

多くのひとに知ってもらわないことには
商売としてうまく行かない。

そんな職人さんって、いっぱいいます。

良い仕事こそ知ってもらおう

うちの近所に
テレビの取材が何度もあった
手書きの鯉のぼりをつくる工房がありました。

わたしもテレビで見たことがあるのですが、
下書きなんて一切ナシで
でっかい鯉のぼりのウロコや目を書きこんでいくんです。

極太の筆をにぎる姿からは
気迫がみなぎっていました。

でも、先日その工房は
店をたたんでしまったんです。

詳しい事情は分かりませんが、
とても残念でなりません。

「テレビに取り上げられてても、
ダメだったのか…」
とショックでした。

同じように、
私のいる治療業界でも
良い技術を持っているのに
ビジネスとして上手くいっていない先生って多いです。

いい仕事をしてるからって
お客さんが集まってくるかというと
必ずしも
イコールじゃない。

「分かる人には分かる」

じゃ、つぶれちゃうんです。

「分からない人に、分かるように伝える」

ことが、
とくに普通の職人さんには必要だと思います。

普通の職人は伝えるのも仕事

普通の職人って何だよって話ですが…
私の話です。

私の整体の師匠は

普通じゃない職人でした。

何でも治しちゃうし
どんな人の心も開いちゃうし
それでいてお金には困らない。

儲けようとしなくても、
勝手にお金が入ってくる。

内弟子として
住み込みで勉強させてもらって
その強烈な人柄に
圧倒されっぱなしでした。

で…

そんな師匠を目指して20年。
凡人の私に同じことはできませんでした。

で…

食っていくために
やったのは

商売として普通のこと。

自分のやっていることを伝えて、
興味を持ってくれたひとを集める。

「いい仕事をしていれば、
勝手に人は集まってくる」

というのは、凡人のわたしには
できませんでした。

色々なビジネスと同じように
自分の提供できるサービスの

他にはない特徴や
自分のこだわり、
そのサービスが出来上がるに至った経緯などを

伝え続けることをして、
ようやく食えるようになりました。

情報発信は続けることが大事

たとえば、
先ほどの鯉のぼりの工房のばあいなど

テレビという影響力の大きいメディアに取り上げられても
うまく行かないことがあります。

一概には言えませんが、
テレビの特性として爆発的な宣伝効果はあるけれど
一過性のもので終わってしまう可能性があります。

わたしの治療院がテレビに!

もし
ウチの治療院がテレビに取り上げられたら??

予約が殺到!
急きょスタッフを入れて分院も作った!!

数か月後…

嵐の過ぎ去った治療院は
経費だけが増えていた…

なんてことになるかもしれません。

もちろん、顧客が増えたタイミングで
継続的に来院してもらうための仕組みを作っておけば
残ってくれる人もいるでしょう。

でも、経験上
キャンペーンや広告など
話題性だけで集まってきた人は、
また別の話題のあるところへ去っていきます。

継続的に利用してもらうには

あなたのサービスを
一度だけではなくて
継続して利用してもらうことは、
経営を安定させるためにはとても大事ですよね。

じゃあ、
どうしたらあなたのサービスを
選びづつけてもらえるのか。

会員プランや定額サービスもいいのですが、

確実なのは
情報を発信しつづけることです。

「ウチの良さは、一度来てもらえたら分かってもらえるんだ」

と思いたい気持ちは分かります。
私もそうでした。

でも、そんなに甘くはなかった。

いや、あなたに圧倒的な技術や経験、
そして人を惹きつける人柄があるなら、
一度で分かってもらえると思います。

ただ、普通のひとは
分かってもらうために努力をしたほうがいいです。

その方法が
ブログやメルマガ、オウンドメディアなどを使った情報発信であり
私の好きな電子書籍も、
そのひとつです。

ワードを使って簡単に出版

今は、Word(docx形式)で原稿を作れば
簡単に電子書籍がつくれます。

「本を出版している人」

というだけでも
ライバルと差別化できますが、

あなたの信頼性が上がるような
本の内容にすれば
読者は必ずあなたのファンになります。

本には、そんな魔力があるんです。

これから
電子書籍が広まってきたとき、
差をつけるのは

本の中見です。

本の中見で大事なのは、
文章表現とかじゃなくって
どれだけ読者の悩みを解決できるのか。

その中に
あなたという人間を入れ込めるのか。

この2つがカギです。

この2点がちゃんと意識してある電子書籍を、
Amazonなどの
顧客ニーズをつかむのが得意なプラットフォームにのせておけば

あなたのサービスに合った見込み客を
Amazonが探して
セールスしてくれます。

電子書籍はずっとセールスしてくれる

電子書籍は廃盤になることはないので、
100年経っても、
あなたの書いた本で
悩みから救われる人がいるということです。

継続的に電子書籍を出版できれば、
文句なし。
それだけ、多くの悩みを抱えた人との接点が増えますからね。

でも、一冊出しただけでも、
インターネット上には常にあなたの本が存在するので、
あなたは情報を発信しづつけていることになります。

フェイスブックやインスタグラムでは、
せっかく上げた情報も
流れて消えてしまいますもんね。

けれど、電子書籍はあなたが寝ている間も、
世界最大の本屋であるAmazonが

ずっとあなたを宣伝してくれる。

しかも本が売れれば
お金までもらえる。

普通なら、
「宣伝してくれてありがとう」って
お金を払うところなのに。

こんな便利な宣伝ツール
使わない手はないです!

電子書籍づくり、
ぜひチャレンジしてみましょう!!

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます