顧客にとって【 長時間の施術 】は迷惑?

「ついつい施術が長くなってしまう」

というあなた。
もしかして、顧客にとっては

ありがた迷惑

ってこともあります。

今回の記事では、とくに
高単価でも通ってくれる顧客にとって、
長時間の施術は迷惑になることがありますよ
という話です。

長時間の施術は喜ばれる?

開業当初の思い込み

私は以前、
「施術時間が長いほど顧客は喜んでくれる」
と思っていました。

ですから60分の施術時間を
目いっぱい使っていたのです。

時には、もっと長く。

でもあるとき、知り合いの経営コンサルの方から
「上質な顧客は、短時間施術のほうが喜ぶ」
と話してもらったことがありました。

うっそぉ~

と思いました、そのとき。
んなわけないじゃんって。

治療と癒しの違い

で、いま。
一回の施術時間は約40分。

時には、もっと短く。

で、単価は以前の1.7倍。

それでも通ってくれます。ありがたいことに。

癒しを目的とした施術なら、できるだけ長い時間のほうが
喜ばれるでしょう。

でも治療系の場合、人によっては短い時間のほうが
喜ばれます。

「人によっては」という所が、ポイントです。

高単価でも通ってくれる顧客は「時短」好き

稼いでいるひとは時間を買う

あなたの治療院やサロンにも
「稼いでるな~」
という患者さん、お客さんっていませんか?

可処分所得、つまり使えるお金は多いけど
忙しくて時間がない。
忙しくて体調が悪い。

だから、通いたいんだけど時間が惜しいんですね。

ですから、
施術時間は短いほうが嬉しいんです。

コンサルの言葉が腑に落ちた

私はいつも、何回か通ってくれた顧客に
「どうして、ウチの治療院をどうして選んでくれたんですか?」
と聞きます。

初回に聞いても、本音が出ないので。

そこで、最近よく聞く言葉があります。
施術時間を短縮して、しかも、単価を上げてから
聞くようになった言葉。

「料金は高いけど、時間が短かったから」

そのあとに、

  • 信用できそう
  • 腕に自信があるんだろうな
  • 時間が節約できる
  • 外さないかなと思って
  • 今までの所と違うだろうなって

という話が続きます。

「そうなんだ…」

最近やっと、
以前に経営コンサルの方の言っていたことが
腑に落ちました。

どちらの顧客を集めるか

別に私は、特別な技術を身につけたから
時短と単価アップをしたわけではありません。

高単価でも通ってくれる顧客と
一生のおつきあいができるような治療院にしたい。

そう決めただけでした。

そのために何をしたらいいのかを考えた方法のひとつが、
施術時間を短くして
単価を上げること。

つまり、決断をすれば
できるってことです。

あなたが、どんな顧客を集めて、通ってもらいたいか。

ここを決めてしまえば、あとは行動するだけ。
凡人治療家のわたしでもできたのですから、大丈夫。

まとめ

高単価でも通ってくれる顧客にとって、
長時間の施術は迷惑になることがあります。

というか、同じ施術効果なら短いほうが嬉しいと思っています。

とくに、「バリバリ働いて、稼いでいるひと」は。

あなたの顧客にそんな人がいたら、直接聞いてみてください。
それがいちばん、腑に落ちます。

そうなのか…って。

【 NEW 】開業して22年の経験を、あとに続く治療家やセラピストの方のヒントとなるように、まとめてみました。

 他院と比較をされず
 通うことへの抵抗感を減らして
 あたりまえのように通ってもらう

そんな施術メニューのつくりかたのコツを知りたい方は、こちらをお読みください。