電子書籍の表紙をつくるなら本屋に行こう!

前回の記事で、
電子書籍の表紙を外注するときの
コツについてお伝えしました。

デザイン会社やクラウドソーシングに頼むにしても、
自分でつくるつもりで考えること。

具体的に画としてレイアウトしてみること。

そうすると、
修正回数が決まっている外注でも
効率よく
しかもイメージ通りに表紙が仕上がるという話でしたね。

とはいえ、
自分で表紙をレイアウトするって
結構むずかしい。

ということで今回は、
わたしたちが表紙をつくるとき
どうやったら上手くレイアウトできるのか、
そのヒントをお伝えします。

最終的に自分でつくるにしても、
外注するにしても、
クオリティの高い表紙を仕上げるために
きっと役に立つと思います。

売れる表紙は本屋にある

上手なレイアウトのヒントは

本屋さんに並んでいます。

たぶん、あなたはこれまで、本を読む側のひととして
本屋で表紙を見てきたと思います。

でもこんどは、本を出版する側のひととして
本屋で表紙を見てみてください。

ぜんぜん違って見えるはずです。

ぜひ実際の表紙で

Amazonなどのウェブサイトでも
本の表紙を見ることはできます。

でも、おすすめは
本屋で実際の表紙に触れてみてください。

ウェブサイトで見るよりも
何十倍も参考になります。

平積みといって、本の表紙が見えるようにディスプレイしてある本は
○ 売れている
○ 売りたい
○ 売れるだろう
という本ばかり。

ちょっと大きめの本屋さんにいって
ザザーっと大量の表紙を見ていると、

表紙を見る目が養われてきます。

良い表紙、売れる表紙を大量にインプットすることで、
こんどは
悪い表紙、売れない表紙が分かるようになるんです。

「なんか、スカスカだな」
「色の組み合わせが悪いな」
「字の大きさ変えたほうが良いな」
「写真無いほうがいいな」
「パッと見で興味を惹かないな」

とか。
感覚で分かるようになってきます。

ジャンルによっても表紙の違いがある

多くの本屋では
本のジャンルによって並べてある場所を変えています。

本屋をぐるっと回っていると
ジャンルによって
表紙の傾向って違うな~ということが分かると思います。

たとえば
同じ健康系の本でも

実践的な本であれば
写真を入れて、色もビタミンカラーを使っている。

対照的に、
理論に重きをおいている本は
文字のみ。

文字のみの表紙でも、
割と普遍的な内容ならシンプルで、
流行りや話題のキーワードが入っていれば賑やかに。

自己啓発系では
自己の内面を見つめるような本なら、
意味を含ませたイラストや写真で
内容をイメージしてもらう。

同じ自己啓発系でも、
脳力アップや仕事術的な本なら、
ゴシックなどのフォントを使って
大きな文字でインパクトを持たせて
メリットを押し出す。

などなど、よ~く見てみると面白いです。

表紙を見るときのチェックポイント

本屋に並んでいる表紙を
何となく見るのもいいです。

あまりゴチャゴチャ考えないで
大量の表紙を眺めることで
感覚的にプロが作った表紙が染み込んできます。

それだけではなくて、
ちょっと論理的な脳の使い方をして表紙を見るのも
自分で表紙を考えるときの参考になります。

文字の大きさ

表紙に使ってある文字が、全て同じ大きさだと

すんごい素人感が出ます。

同じ大きさの文字をシンプルに使いたいなら、
プロに頼んだ方がいいです。

とってもセンスが必要だと思います。

つくりやすいのは、
強調したい言葉をいちばん大きくして、
補足をするような言葉をちょっと大きく、
あとは小さい文字を並べるというパターン。

タイトルを大きく
サブタイトルを中くらい
説明を小さく

という感じの組み合わせが、
多いですね。

文字の大きさのバランス

表紙に使ってある文字は、
大中小の3種類
か、
大中小に極小を加えた4種類
がほとんどです。

じゃあ、その文字はどんな割合で入っているのか。

この割合というのは、

表紙に書いてある文章中の割合と
表紙の面積に占める割合

という目で見てみましょう。

文章のうちで
大きな文字はどのくらいの割合なのか。
あまり大きな文字ばかり並んでいても、
強調にはなりませんもんね。

また、
大きな文字で表紙を埋めるというデザインもありますが
難易度が高い。

余白と文字のメリハリを
どうつけているのか、
その「良い加減」
あなたがイイなと感じる本から盗んでください。

そして極論をいうと
電子書籍の場合、

極小の文字は

デザインの一部

として扱ったほうがいいです。
表紙自体、
Amazonなどで表示される大きさには限りがあるで、
小さい文字は読むことができません。

じゃあ、電子書籍の表紙に使う文字は、
大きな文字だけでいいのかというと、
そうではありません。

文字が少ないと、
内容も薄いと思われることがあります。

余白を残しつつ、
しっかりと文字で埋めるエリアを作っておくことで

「もっと内容を知りたい」
と思ってもらえるようになります。

そうして、
本の内容紹介や目次を読んでもらえれば、
電子書籍の表紙の役割が果たせます。

フォント

大まかに分けて、
明朝体か
ゴシック体
を使っている表紙が多いです。

文字数の少ない表紙では
同じフォントで統一していることもありますが、
一般的には混在していることが多いですね。

ゴシック体は
文字の装飾性がないので
ビジネスやノウハウ系の書籍ではよく使われています。

ただ、ゴシックだけでは
硬い印象になってしまう。

ということで、
ポイントで明朝体を使うと
バランスがよくなります。

このあたりのバランス感覚も、
上手くつくってある表紙は
絶妙ですよね。

表紙全体の色と
文字の色をよく見てみましょう。

案外、使っている色の数って、
少ないと感じるのではないでしょうか。

この色使いも、
プロがつくった表紙を参考にしたいですよね。

無難なのは、2色から3色。

文字がちゃんと読み取れるように、
文字の色と背景の色にも配慮しましょう。

たとえば
白い背景に黄色い文字じゃ読みにくいですし、
柄や写真の背景に文字を乗せると
なにが書いてあるのか分からなくなってしまいますからね。

写真の大きさ

背景に大きく写真を使うのか
ポイントに入れるのか
写真をどのくらいぼかすのか、

見ていると色々な工夫がされています。

著者本人の写真が使われていることもあるし、
本のイメージを代弁してくれるような
美しい写真もありますよね。

個人的には、
写真を使うなら
デザインのプロに任せた方が良いかなと感じます。

文字と写真(イラスト)をうまく組み合わせるのって、
結構むずかしいんです。

ただ、写真には視覚的に訴える力がありますので、
よくある内容の本であっても
目を引く効果が期待できます。

予算が許すなら
あなたのイメージを細かくデザイナーに伝えて、
写真を使うのはアリだと思いますよ。

本屋に並んでいる書籍には、
ほとんど「帯」がついています。

タイトルやサブタイトルが
帯をまたいで
書いてある本もありますね。

でも、電子書籍の表紙には、
帯を付けた風のデザインもあれば、
帯ナシのデザインもあります。

もしあなたが
自分で表紙をつくるとしたら、
帯付きのデザインをおすすめします。

理由は2つ。

○ 書籍っぽく見える。
○ デザインしやすい。

書籍っぽく見えるというのは、
「そうだよね~」
と分かりますよね。

もう1つの
デザインのしやすさは、
実際につくってみると実感できます。

帯付きの本をみれば分かるのですが、
帯を境にトーンが変わっていますよね。

色。
縦書きと横書き。
文字の大きさ。
デザイン重視とセールス重視。

いずれにしても、
表紙が単調にならないように
帯がアクセントとなっています。

わたしたちが自分でつくるとき、
帯という境目があると
デザインが平坦にならないんですね。

こんな理由から、
電子書籍であっても
帯はあったほうが良いと感じます。

ですから本屋さんで見るときも、

帯にはどんなことが書いてあるのか、
トーンはどう変わってるのか、
どんな配色になっているのかを

意識して観察してください。

電子書籍の表紙はデザイン重視

商業出版、つまり本屋さんに並んでいる本は
タイトルを含めて、

文字を読んでもらうことが最も重要。

どんな内容なのか
文字で伝えないと、
手に取ってもらえないですからね。

でも電子書籍は、
表紙の横か下に
文字でタイトルとサブタイトルをつけてくれます。

つまり…

電子書籍の表紙は
文字よりもデザインを優先できるってこと。

ですから、
本屋でザザ~と眺めてみて、

ぱっ

と目を惹くデザインの表紙をみつけたら、
目に焼き付けておきましょう。

そして、どうして興味をもったのか、
なにが自分の中で引っかかったのかを
考えてみてください。

色?
文字?
写真?
レイアウト?
帯?

惹かれた表紙が
あなたがつくろうとする本のイメージに合っていれば、
そのエッセンスを盗んでください。

丸写しではなく、
エッセンスを抽出して
使わせてもらうのです。

いくら素敵なデザインでも
あなたの本に合っていなければ
意味がないですからね。

まとめ

いろいろと書きましたが、いちばん大事なのは作り手として表紙を見ること。

本当に、それだけで全然違うんです。

本屋さんの平積みの本って、
言ってみれば

模範解答がたっくさん並んでいるようなもの。

プロのデザイナーが
「こうすれば、売れる表紙が書けますよ」
って、答えを見せてくれているんです。

これは、真似しない手はないですよね。

ぜひ、これまでの
「読み手」ではなく、
「作り手」として本屋に行ってみましょう!

あなたの表紙のクオリティが
グッと高くなりますよ。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます