電子書籍で治療院の集客するならポジショニングが決め手

先日、「Amazonを見て電話しました」というひとから
治療院に電話がありました。

「Amazonを見て?」

GoogleやYahooで調べて…というひとはいらっしゃいますが、
Amazonを見てというパターンは初めてでした。

「何だろうな?」

という謎は、その新しいクライアントさんが来院されて
解けました。

今回の記事では、
電子書籍を使って治療院の集客するなら、ポジショニングが決め手ですよ
ということについて一緒に考えましょう。

なぜ新規集客できたのか

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

わたしは鍼灸院を運営しているのですが、
冒頭でお伝えしたかたは、
新規のクライアントさんでした。

で、「Amazonを見て電話しました」の謎です。

その方が来院されて、いろいろと話をするなかで
どんなきっかけでウチに連絡をくれたのか聞いてみました。

するとその方はもともと膝が悪くて、
特に最近は膝の内側の痛みに悩んでいたのだそうです。

そこで何かサポーターとかのグッズで楽にならないかなと
Amazonで探したら、そこに私の本があったので
思わず購入。

そして、電話をしたのだとか。

なるほど。
だから、Amazonを見て電話しましたってことなのか。

納得した私は、クライアントさんが帰ったあとAmazonで
「膝の内側が痛い」
と検索してみたのです。

すると、次のような画面が表示されました。
1ページ目。

サポーターやインソールといった商品が並んでいます。
そして、2ページ目。
サメ軟骨のサプリが出てきたな~と思ったら、そのあとで
私の出版した本が表示されたのです。

 

一か月くらい前に出版した
『膝の内側が痛いならO脚グセを取ろう』
という電子書籍でした。

商品のなかで本は私の一冊だけ。
それでクライアントさんは、何か痛みを楽にするヒントはないかなと思って
本を買ってくれたのでした。

たしかに、サポーターがずらっと並んでいるなかで
一冊本があると、それだけで目立ちますよね。

おかげで良いご縁をいただきました。

電子書籍の強味

Amazonの画面をみて
「オレの本だけなんだ」と、ちょっと意外でした。

膝についての本なんていっぱいあるから、
もっと表示されていてもいいのに。

でもこれが、電子書籍の強味なんですよね。

Amazonのロングテール戦略

Amazonがインターネットの世界でシェアを広げていったのは、
ニッチな商品をたくさん扱うようにしたから。

Webマーケティングを学んだかたなら
『ロングテール戦略』
という言葉を聞いたことがあると思います。

すごくざっくり言うと、
需要の少ない商品をたくさん並べて、トータルの売り上げを稼ぐ戦略ですね。

リアルな書店のばあい、売り場には限りがあるので
どうしても
売れ筋の本を置かなければなりません。

いつ売れるか分からないような
マニアックな本を並べておいても、場所がもったいないですからね。

でもAmazonには売り場の制限はありません。
販売ページなんて、無限につくることができます。

しかも電子書籍なんて、在庫もクソもないデジタルコンテンツ。

Amazonとしては、マーケティング力をフルに使って、
ピンポイントの需要に
ピンポイントの供給をする。

そうすれば、お客さんは
「そうそう、これ。私にピッタリのものがあった!」
と喜んで買ってくれます。

Google&Yahooの検索エンジンの進化

しかもAmazonはドメインが強い。
だから、Amazonの販売ページに自分の電子書籍を載せておくと
検索の上位に表示されやすい。

進化したGoogleやYahooの検索エンジンは、
検索者の細かいニーズに応えるような結果を表示するようになりました。

単にキーワードから引っ張るのではなく、
検索者の普段の行動まで分析して、結果を表示します。

もう、私たち消費者は丸裸ですね。

どんな音楽が好きで、
どんなラーメンをよく食べていて
どういう人と交わりがあって
どんな車に乗っていて
どんな悩みを持っていて
どんな治療を探しているのか。

ぜんぶ情報は筒抜けです。
こわい反面、マーケティングには使えます。

漠然と
『膝の痛みを解消する方法』という本より
『膝の内側が痛いときの改善方法』という本のほうが、
膝の内側の痛みでずっと悩んでいるひとにとっては魅力的です。

電子書籍で治療院のポジショニング

得意分野で一位を獲る

電子書籍の強みを活かして集客につなげるには
どうしたらいいのか。

って、答えを求めるまでもないですね…。

治療家や整体師、セラピストが得意な分野についての
電子書籍を出版すればいいのです。

しかも、思いっきりテーマを絞って。

今ならまだ間に合います。
オウンドメディアやYouTubeがそうであったように、
ライバルの少ない時期にコンテンツを世の中に出しておくと
先行者利益を受け取ることができます。

「膝の内側の痛み」
について検索すると、まだ一冊しか表示されませんが、
今後はもっと増えてくるでしょう。

そうなる前に電子書籍を出版しておくのです。
しかも、一冊だけじゃなくて何冊も。

そうすればあなたは、その分野の第一人者と認識されます。
実際に第一人者、トップ、最優秀かどうかは関係ありません。

大事なのは、あなたの顧客から
あなたがどうやって認識されるのか。

もしあなたが、膝の内側の痛みについて数冊の本を出版していれば
見込み客はどう思うでしょうか。

そこがいちばん大事です。

どうやって何冊も出版するのか

とはいえ、一冊出版するのも大変そうなのに
何冊も出すなんて無理。

って思いますよね。
でも、もしあなたが普段クライアントの施術にあたっているなら
大丈夫です。

コツは、「切り口」です。

基本的に私たち治療家が本を出版するとき、だれかの悩みがテーマとなります。
その悩みを、いろんな切り口で言葉にすればいいのです。

べつに凝った文章にする必要はなくて、普段クライアントさんに説明しているようなことを
そのまま書けばそれでオッケー。

悩みの原因や現実、解剖的な分析、改善方法、実例、問題点など、
それぞれをいろんな角度から切り取って
小学生に理解できるくらいに砕いて説明すれば

何冊分もネタがあるはずです。

「書こう」

と思うと気が重いひとは、
ふだん話していることをまとめるような感覚で、本をつくりましょう。

意外とすんなり言葉が出てきますよ。

まとめ

電子書籍で治療院の集客をするなら、ポジショニングを意識しましょう。

なんとなく、「このテーマなら書けそう」という本のつくり方ではなくて、
「私はこの分野については詳しいので、ここを集中的に攻めよう」
と決めて
その分野で一位を獲るのです。

そうすれば、あなたの専門分野で困っているクライアントさんは
必ずあなたを選んでくれます。

本のつくり方が分からなければ、いつでも
お手伝いします!

いっしょにつくりましょう。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ちょっと頑張れば、ずっと集客に使える便利なツールのつくりかたは、
こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください