電子書籍の価格の決め方「高く売りたい!けど…」

電子書籍の価格をいくらにするか。

電子書籍づくりのセミナーでも、
けっこう質問を受ける話題です。

Amazonなどで
実際に売られている電子書籍の値段をみると
けっこう人によって
まちまちですよね。

今回は、
電子書籍の値段をいくらにしようか迷ったときに
参考になる話。

大事なのは、
本を売ったあとを考える
ことです。

電子書籍の価格をいくらにするか

電子書籍は我が子同然

せっかく苦労してつくった電子書籍。

テーマを決めて
企画を立てて
構成を練って
本文を書いて
タイトルをひねり出して
表紙で飾って
電子書籍化する。

何にもなかったところから
一冊の本を生み出すわけですから、

もう
我が子同然ですよね。

わたしはそう思いながら、
一冊一冊つくっています。

それは、自分の本だろうが
手伝っている本だろうが
同じです。

誤字脱字はないか、
分かりにくいところはないか、
表紙はキレイに見えるか、
など何度も見直して

「恥ずかしい姿で、世に出したくない」

と、いつも思っています。

まあ、そんな思い入れのある我が子ですがら
当然

安売りはしたくありません。

できれば本の価値相応、
いや、
それ以上の値段をつけたくなってしまいます。

でもそれは親のエゴ。

電子書籍には役割を持たせることがあるので、
その場合
あまり高い値段はつけられないんです。

2通りの考え方がある

電子書籍を出版するばあい、
大きく分けて
2通りの考え方があります。

〇 純粋に本としての価値を追求する

〇 本を通じて次の展開につなげる

前者は、
あなたの経験や知識を一冊の電子書籍にまとめて
世の中の役に立ててもらうことが目的です。

ですから、
とうぜん本の内容に値する価格をつけます。

極端に言えば、
あなたが10,000円の価値があると自信をもっていれば
そのまま値段をつければいいんです。

では一方の

「本を通じて次の展開につなげる」

ことを目的とする場合は?

本に書いてある内容の価値よりも
低い値段をつけましょう。

電子書籍をフロントエンドにする

電子書籍をきっかけに、
次の展開につなげるってどういうことでしょう。

電子書籍を読んでくれたひとに、

・自分のサービスを利用してもらう
・自分の商品を買ってもらう
・メルマガに登録してもらって見込み客から顧客に育てる
・ホームページに誘導してサービスの詳細を知ってもらう
・ブログの読者になってもらって距離を縮める

などが考えられます。

そうなったとき、電子書籍は

フロントエンド

という位置づけになります。

利益の出る商品やサービスにつなげるための
きっかけづくり
が、フロントエンドの役割です。

きっかけをつくるには、
ハードルを低くしなければ
だれも見向きもしてくれませんよね。

ですから価格というハードルも
できるだけ低くする必要があります。

ここでは利益なんて出なくてもいいんです。

ひとによっては

0円

で電子書籍を売っているひともいらっしゃいます。

電子書籍を99円で売る理由

無料は、やめた方がいい

フロントエンド商品を
いくらで売るか。

これはみなさんの戦略次第。
利益の出るバックエンドのサービスによっても
違ってくるでしょう。

ただ私がおすすめするのは、
安くてもいいので

有料にすること。

理由は、
無料が好きな人は
永遠に無料を求めるので、
ビジネスにならないことが多いから。

私は鍼灸の治療院を運営しているのですが、
無料で集めた顧客は
今、まったく残っていません。

ビフォーアフターのモデルだったり
無料のキャンペーンだったり
モニターだったり
紹介だったり

一度無料でサービスを受けた人が、
正規の料金で継続することはありませんでした。

もしあなたが
有料のサービスにつなげるつもりがあるなら
電子書籍も有料にして
フィルターをかけておくことをおすすめします。

無料と有料のフィルターは
こちらが思っている以上に効きます。

価値以下の値段をつけるとイイことがある

あなたは
返報性の法則というのを
聞いたことがありますか?

ひとは、
なんらかの施しを受けたら
それに報いようとする
心理がはたらくというものです。

たとえば、
あなたの書いた電子書籍の内容が充実していて
商業出版(紙の本)でいうと
800円くらいで売られている本と同等の価値だとします。

その内容が
99円で読めたら?

読者は
「これだけの情報を99円で知ることができるなんて、得したな~」
と思いますよね。

そこで返報性の法則の出番。

あなたから何かお願いごとをされても
読者は
抵抗が少なくなります。

「お返しをしなくちゃな…」
と無意識に感じているからです。

あとはあなたが、
何をお願いするか。

さすがに、
いきなり10,000円の商品を買ってちょうだいとお願いしても
無理ですよね…

でも、
メルマガ登録や
商品サンプルくらいなら
受け入れてくれるでしょう。

本の内容が気に入ってくれてるなら
なおさらです。

99円で長いつきあいをつくる

『電子書籍つくろう!eプログラム』
を受講して出版したひとに聞くと、

「あの本の内容を99円で読めるのは嬉しい」
「あんなに安く売らなくてもいいのに」

と、本を買ってくれたひとから言われるそうです。

本の内容の価値と
同等の価格をつければ、

そこにプラスもマイナスもなく、
取引は終わりです。

お互いに、等価交換ですもんね。

でも、
あなたがマイナスで
読者がプラスなら

関係は続きます。

実際にメルマガやブログを読むという関係だけではなく、
心理的な関係。つまり

「ああ、あの人の本で得したな」
「あの人は、ためになる情報を安い値段で教えてくれたな」
「いつかお返ししたいな」

という心理的な引っかかりによって
関係は続くのです。

電子書籍を通じて
せっかく知り合ったんですから、
長く関係を続けたいですよね。

だったら
「損して得とれ」じゃないですけど、
書籍自体の利益には
こだわらなくていいと思います。

まとめ

電子書籍という、
不特定多数のひとと出会うツールを
最大限に活用するなら

99円で本を売りましょう。

そっからが
あなたと読者の関係づくりの
始まりです。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます