治療院集客のために電子書籍をつくるなら「まずプロフィールを書こう」

あなたが治療院の集客のために電子書籍をつくるなら、
まずはじめに
プロフィールを書きましょう。

とくに集客を目的とするなら
本文よりも
プロフィールをしっかり考えたほうがいいです。

今回は、
電子書籍をつくる前にプロフィールを書くと、
本の内容も豊かになるし
治療院への集客にもつながりますよというお話しです。

電子書籍のプロフィールとは

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

「さあ、本を書くぞ!」

という書く気満々のときって、
どうしても
本文とか前書きから書きたくなります。

以前に相談にのった整体師の先生は、

「前書きから書きはじめたら止まらなくなって、本文で書こうと思っていたこと全部、前書きになっちゃいました…」

と困っていました。
意欲があるときって、そうなっちゃいますよね。

でも結局書き直しになったりすると
もったいない。

なので、
『電子書籍つくろう!プログラム』では
はじめに本のテーマとか構成を決めておくなど、
準備をしてから書きましょう
と、お伝えしています。

その準備の中に、
プロフィールづくりがあります。

電子書籍にプロフィールを載せる意味

以前の記事でもおつたえしましたが、
電子書籍にはプロフィールが必要です。

なぜなら、電子書籍にとってのプロフィールは

どういう立ち位置の人間として
この本を書いたのかを知らせる

ための重要なパートだからです。

プロフィールもなく、
素人なのか趣味なのかプロなのか
どこの馬の骨とも分からない人が書いた

専門家が知りたがる『ぎっくり腰を1分で治す秘訣』

なんていう本があったら、
怪しくて買わないですよね。

本文は読者のためのもの

でも、わざわざプロフィールを作らなくても
本文のなかで自己紹介すれば分かるんじゃないの?

と思いますよね。

そうなのですが、もしあなたがぎっくり腰で動けなくて、
片手に持ったスマホで
『ぎっくり腰の治し方』の電子書籍を買って読んだとしたら。

その本文に著者の自己紹介やストーリーが
語られていたら、

うざっ

と思いませんか?

わたしはぎっくり腰の治し方が知りたいんだから、
あなたが苦労して治療院を立ち上げた話なんて
聞きたくないのよ!

となるはずです。

ブログやSNSなら
相手について知ることも目的のひとつなのでアリかもしれませんが、
電子書籍は基本的に
困りごとの解消が目的。

ですから、本文のなかで著者について語るのは
読者にとって邪魔になります。

だから、プロフィールが必要なのです。

治療院にとってのプロフィール

たとえば
先ほどのぎっくり腰で困っているひとが
「何か役に立つ情報はないかな」

と電子書籍を探すとき、かならずプロフィールを確認します。
本に書いてある情報に
信ぴょう性があるかどうか判断するためです。

そして専門家であることを確認した読者は、
本を購入。

そこで読者が、
治療家であるあなたの書いた本文を読んで
セルフケアをためしてみたら、動けるようになったとします。

すると、本文を読み終えた読者は
再度プロフィールをじっくりと見るでしょう。

本を買うときにプロフィールを読んだのは
「大丈夫か、この本。誰が書いてるんだ?」
という確認でしたが、こんどは違います。

「うわぁ、助かった。動けるようになったわ。どんなひとなんだ、この先生は?」

というように、
あなたという人を知りたくてプロフィールを読んでくれるようになります。

これには、書籍という形をとっているので
「すごい先生」
と思ってもらいやすいという
書籍ならではの効果もプラスされています。

このように、通常プロフィールは本文のうしろにあるので、
本文で高ぶった気持ちのままプロフィールを読んだ読者は
ファン化しやすいんですね。

さらに電子書籍ならリンクを貼れるので、
そのままホームページやメルマガに誘導するのもワンタッチでできる。

これが治療院集客のための電子書籍の強みです。

集客につながる本をつくる方法

本文のあとに載ることの多いプロフィール。

だから、本文を書きおわったあとに書くという人もいらっしゃいます。

でも、『電子書籍つくろう!プログラム』では
本文を書く前につくることをおすすめしています。

それは、
人間味の薄い本になりがちだから。

治療家は真面目な本を書く

これまで多くの治療家や整体師、セラピストの
電子書籍作りを手伝ってきて分かってきたのは、

いきなり本文を書き始めると、人間味の薄い内容になってしまうということです。

とくに初めて電子書籍を書く先生の場合、

「正確にきちんとしたものを書かかければ」

という気持ちが前にでてしまい、
視野の狭い、説明的な文章になりがちでした。

あるとき、治療家の人の原稿を添削することになりました。
本のテーマは「腰痛改善法」。

その原稿には、
独自の治療方法とセルフケアによって
腰の痛みが改善することについて書かれていました。

たしかに、理論や裏付けもしっかりと書かれていて、
写真付きの実例も入っています。

構成を少し変えて、文章を整えれば
電子書籍として出版できるような内容でした。

それで充分というひともいるでしょう。

でもそこには腰痛を改善するための説明しかないために、
「誰が書いているのか」は印象に残らないのです。

役に立つ情報を伝えるのは大事ですが、電子書籍を通じて、

あなたに興味を持ってもらい
ファンを作りたいなら、
あなた自身の印象を読者に刻み込む必要があります。

さきほど、本を読んで感動した読者が
プロフィールを読むとファン化しやすいとお伝えしましたが、
ファン化のための布石は多いほうがいいです。

そこで役に立つのが、
本文より先にプロフィールをつくっておくことです。

本の内容が豊かになる

プロフィールをつくる過程で、
過去を振り返り
あなた自身の棚卸しができると
忘れていた情報を思い出すことができます。

すると

「役には立つけれど、ただの情報」

だった味気ない内容に、
あなたの過去が加わります。

過去の失敗や成功、
セルフケアができたきっかけの具体例など、
本文を書いていると自然に書き足せるようになります。

この、自然に出てくるというのが
最初にプロフィールをつくっておくことの効果です。

読者は、自分の悩みと関係の薄いあなたのストーリーは邪魔ですが、
悩みの解決に関係のあるあなたのストーリーが
短く自然に織り交ぜてあると、

逆にあなたに興味を持つようになります。

わたしが書いた本を読んで来院してくれたひとも、
「あの話、面白かったです」
と、肝心の肩こり解消法は覚えてなくても
本に書いてあったエピソードは覚えてくれています。

ただの役に立つ情報だけで味気なかった本が、
あなたの過去や現在のリアルな話が盛り込まれることで、
本として内容が豊かになるんですね。

本全体を俯瞰してみることができる

また、今後についてプロフィールに書こうとすれば
あなたのビジョンが明確になるので、
文章を書く目線が高くなります。

すると一冊の本を俯瞰してみることができるので、
足りない要素や
逆に余分なところが分かるようになります。

本というのは、自分で書いていると
文章が客観的に見れなくなります。

第三者に読んでもらうと簡単に分かる違和感でも、
目の前の文章に入り込んでしまうと
目が曇ってしまいます。

そこであなたが、
今後を見据えた目線を持っていると、
自然と文章の導線がみえてきて、話に一貫性がでてきます。

これも、
プロフィールをしっかりつくり込むことの効果です。

まとめ

治療家や整体師、セラピストが
治療院集客を目的として電子書籍を出版するなら、
はじめにプロフィールをつくりましょう。

そうすれば、
無味乾燥な内容の電子書籍にならずにすみます。

それどころか、
● あなたの人となりが感じられる本の内容
● 本文で高揚したあとのプロフィール

のダブル効果で、読者がファン化しやすくなります。

『組み立て式 電子書籍つくろう!』には
プロフィールの定番テンプレートもありますので、
ぜひ、いっしょに電子書籍をつくりましょう!!

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます