ブログで治療院集客するなら【安心感を前面に出そう!】

治療院が新規の顧客を集客するとき
ブログは効果的な集客ツールとなります。
ただ、

何を伝えれば効果的に集客できるのか

を知っていると、せっかく書いたブログの記事が
無駄になりません。

今回は、ブログで何を伝えたら治療院に集客できるのか
について、いっしょに考えましょう。

見込み客が気にしていること

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

あなたは、
新規の見込み客が治療院を選ぶとき
なにをいちばん気にしていると思いますか?

優秀さ?
料金?
利便性?
やっぱりタイトルに書いてあるから
安心感?

正解は、直接クライアントさんに聞いてみなければ
分かりません。

地域性もあるし
狙っている顧客層によっても違いますもんね。

ですから、いちばん正確なデータは
あなたの顧客から聞くことです。

ちなみに、
安心感がいちばん大事だなというのは、
多くのクライアントさんから話を聞いた
うちの治療院の結論です。

新規の顧客は何が心配なのか

安心感を求めているってことは、
裏をかえせば
不安を抱えてるということです。

たしかに、治療院に限らず
初めて訪れる店って不安ですよね。

どんな人がやってるんだろう。
料金って、追加とかないのかな。
汚くないかな。
下手くそだったらヤダな。
失敗したらどうしよう。

わたしたちだって、
食事したり泊まったりセミナーで学んだりするとき
こんな不安があります。

治療のばあい、さらに
身体を預けるわけですから、
すごく慎重になる気持ちもわかります。

「自宅はどこなの?」

「自宅は、どこ?」って聞かれませんか?
わたし、よく聞かれます。

すごく気になってるんだろうなと感じます。
だって、

「ああ、ここ自宅です。治療院の上に住んでます」

と答えたときの反応というか、
空気が変わりますから。

「ああ、そうなんだ~、良かった」

何?良かったって??
とはじめは思っていましたが、
だんだん話を聞いてみると分かってきました。

みなさん、不安なんだなって。

わたしが
今まで何をしていて
今どんなことをしていて
これからどんなことをするのかを
知って、

安心したいのです。

ブログで過去・現在・未来を発信する

クライアントさんが気にしているのは、
まず

「本当にやってるの?」

ってこと。
いくらホームページがあっても、
実店舗があっても、
実際にいま、活動しているのかどうか不安なんですね。

失敗したくない心理

開店休業

みたいな所に行って、
時間とお金と労力を無駄にするのは嫌ですからね。

つぎに心配なのは、

「どっか行っちゃわない?」

ということ。これが2番目に気になること。
せっかく意を決してこの人にお願いすると決めて、
身体を預けて
悩みまで打ち明けたのに、

知らないうちに引っ越して居なくなってた

というのが怖い。
だから、自宅兼治療院ですと伝えると

「良かった」と思うそうです。
そして、3番目は今まで何をしていたのかが
気になるようです。

ただ、過去のことより
現在と未来が
クライアントさんの中では大事。

「わたしは逃げも隠れもしません」
「ずっとここに居ます」
「地域に愛されています」

ということが分かると、ふっと距離が近くなります。

ですから、そういう情報を発信していると
「大丈夫かな」
という壁が崩れて、
電話が鳴りやすくなります。

ブログで優秀さより安心感を伝える

ブログの記事で、
セミナーに参加している様子や
役に立つ知識を伝えているものって、
結構ありますよね。

もちろんすごく大事です。
なんといっても
治療家、整体師、セラピストって技術職なので、
勉強している姿や
お役立ち情報を発信することは集客にとって効果的。

この先生は、勉強熱心で優秀だなと思ってもらえますから。

でも、優秀さよりも大事だなと感じるのは
安心感。

最近とくにそう思います。

絶えない事件

先日も、接骨院の院長が
小学生の施術の様子をスマホで盗撮していたと
ニュースになっていました。

その少し前には
鍼灸師の痴漢行為。

本当にやめてほしいと思います。

でも、なくならないでしょう。

だから、わたしたちは
自分で安心感を伝えなければなりません。

チェーン店の怖さ

最近では
マッサージや整体サロンのチェーン店も増えてきました。

そして、
増えるのも早いけれど
撤退も早い。

リサーチして出店したものの、
思ったように売り上げが上がらなければ
損失がこれ以上ふくらむ前に撤退してしまいます。

企業としては当然のこと。

でも、顧客からすれば
いい迷惑でしかありません。

せっかく意を決して通っていたのに、
いきなりの閉店はショックです。

慰安が目的のマッサージであれば、
そこまでのショックはないかもしれません。

でも身体を治す施術であれば、
そう簡単に
「しょうがない、また別の店を探すか」
と割り切れないでしょう。

理想をいえば、
「死ぬまであなたの身体の面倒をみますよ」
という治療院であって欲しいのです。

そんなことは保障できませんが、
そのくらいの気持ちで治療をしていますということを
ブログで伝えることは大事です。

ブログで効果的に治療院集客するには

見込み客から顧客へ。
さいしょの一歩である電話をかけてもらうには、
安心感を持ってもらうことが大事です。

その安心感を与えるには、
「この先生、人間的に怪しくないの?」
「この治療院、ずっと続くの? すぐどこか行っちゃわない??」
というような
不安を拭い去ることが必要。

それには、ブログの強みを活かすことです。

ブログの強みを集客に活かす

ブログの強みは、
リアルタイム性と親近感。

電子書籍だと堅苦しい。

メルマガだと写真が貼りつけられない。

SNSだと記事がすぐ埋もれてしまう。

だからブログを使って
あなたの人となりを、とにかく開示しましょう。

ひとつの出来事から、
なにを考え
なにを感じ
どんな行動を起こしたのか。

情報が多ければ多いほど、
ひとは安心します。

写真も入れれば、
情報量は一気に増えます。

いくら言葉を連ねても、
表情を見ればぜんぶ分かっちゃいますからね。

書き続けることが大事

ブログで定期的にコツコツ発信していると、
それだけでも
「ああ、この先生ってマメだな」
と思ってもらえます。

この

「マメ」

が大事なポイント。

接触回数が多いほど好感を持ってもらえる
という心理現象の
ザイオンス効果が期待できるからです。

それに、
コツコツひとつのことを続けているひとって、
すごいと思いませんか?

わたしなんか、それだけでも
信頼に値するひとだなって思います。

地域のイベントに顔を出そう

治療院の仕事は、
日本全国から仕事が依頼されるわけではありません。

地域に根ざした仕事です。

ですから、地域とのつながりを発信することで、
安心感を持ってもらえるようになります。

たとえば…

地域の祭りや
自治体の企画したイベント、
商店街の催しに参加して

その様子をブログで発信するのもいいでしょう。

ただの参加者ではなくて、
ブースを出したりしていれば最高です。

ぜひ、何度もブログでアピールしてください。

まとめ

治療院の集客を増やすなら
見込み客に安心感を持ってもらえるような発信をしましょう。

それも、コツコツ続けるとさらに効果が上がります。

「せっかく頑張ってブログ書いているのに、効果ないな…」

と思うと、だんだん書くのが嫌になってしまいます。
ただ、どんな情報発信でも、続けることで集客効果が出てきます。

がっ!

と頑張って、疲れて、休むよりは、
間隔を置いてでも

淡々と

続けるほうがいいです。コツコツいきましょう。

【 NEW 】開業して22年の経験を、あとに続く治療家やセラピストの方のヒントとなるように、まとめてみました。

 他院と比較をされず
 通うことへの抵抗感を減らして
 あたりまえのように通ってもらう

そんな施術メニューのつくりかたのコツを知りたい方は、こちらをお読みください。