集客できる治療院の先生になるヒント

先日、
「このひとのお世話になりたいな~」

と感じる税理士さんを発見。

そこには、治療家や専門家の
「売れる」「売れない」
という差を生むヒントがありました。

この記事では、集客できる治療院の先生になるためには、
どんなところに気をつければいいのかについてお伝えします

集客できる専門家の条件

税金とか経理とか
何よりも苦手で関わりたくない。

そうは言っても、
避けては通れない。

そんなわたしは、
大嫌いな経理関係をちょっとでも理解しようと、
所属団体の主催する

『税金を上手に支払うセミナー』

に、何年か続けて出席しています。

毎年、さまざまな講師を招いて
経費の扱いや
控除の種類、雇用に関することなどをテーマに
2時間ほど話をしてもらっています。

そして、
今年話していただいた
税理士の先生は、

「売れる」

先生だでした。

だって、講演が終わったあと、
いつもはあっという間に空っぽになる会場に、
いつまでも人が残っている。

話し終わった税理士先生のまわりに
人が群がっていたからです。

ちらほら聞こえるのは
「お世話になります」
「うちも、お願いします」
などの声。

大人気だったなー。

いつもは
こんなアイドル並みの出待ちなんて
なかったのに。

ほかの先生との違い

せっかくですから、
この「売れっ子ぶり」の秘訣を
盗みましょう。

さすがに治療院の出待ちはないけど、
予約のキャンセル待ち
とかって
嬉しいですよね。

じゃあ、この売れっ子先生は
今までの先生と
なにが違ったのか。

若い税理士さんで
それほど大きな実績もなく、
大規模な事務所を構えているわけではありません。

いちばんの違いは

「なるほどね~」
という納得感と

「そうそう、それが聞きたかった!」
という
かゆい所に手が届く感じ。

分かりやすい言葉を選ぶ

たとえば…

経費の計上について
いちばん最初に参加した回のセミナーで

『治療院に置く調度品について、高額なものは減価償却資産の対象となり、また家事按分を明確にしなければ、経費として認められないことがあるので、注意しましょう』

と、
説明を受けました。

わたしなんて、
今でも
減価償却の計算方法が
右から左へ抜けていく。

ましてや、
素人同然だったときに聞いた経費の話なんて、
意味不明。

減価償却?
聞いたことあるな。
高価なものは、そうなるのかな?
普通の経費となにが違うんだ?

その状態で、家事按分の話をされても
直前の
「??」
がアタマのなかに残っているから
話が入ってこない。

基本的に
経理の初心者向けの話という前提なので、
税理士先生からしたら、

かなり簡単に説明してくれている

はず。

それでも
わたしにとっては
「???」

だった。

でも、今回の先生は
こんな感じで話してくれた。

『みなさんの治療院で使う機械や設備のなかには、値段が高いものありますか?

それは、すぐに無くなってしまう「お灸や鍼」と違って、何年も使えるものですか?

もしそうなら、それを使えそうな年数で割って、毎年少しずつに分けて費用にしていきましょうというのが、減価償却の考え方です。

でも、何年使えるかなんて買った時にはわからないですよね?

ですから、しょうがないので便宜的に
「こんな物だったら、だいたいこのくらい使えるよね」
という年数を割り当てたのが、お手元にある「耐用年数表」です。』

という具合。

どうです?
数字大嫌いのわたしには、とっても分かりやすい話でした。

「分かってくれる先生」になる

たしかに、
「耐用年数」
って文字を読めば、なんとなく

「ああ、物が使える年数のことだろうな」

って想像はつく。
けれど、そのとき話題にのぼっている中に溶け込ませて、
聞き手の脳に

「?」

が浮かばないように伝えることで、
納得の深さが違ってくる。

そして、ここが大事!

読み手の頭に浮かぶであろう

「?」

に、先に応えちゃう。

これは、
『なりきり文章術』
でもお伝えしている
とっても大事なこと。

文章を読んでいて
疑問や分かりにくいことが浮かんだタイミングで
応えてあげる。

これが2,3回続くと、
読み手は

「あ~、このひと分かってくれてるな」

と共感を持ってくれる。
これが、
『なりきり文章術』
の極意!

今回の税理士さんの話が、
まさにそうでした。

「買ったものが何年使えるかなんて、人によって使い方も事情も違うから、決められないよな」
という疑問が出るか出ないかのタイミングで、答えてあげる。

そうすると、引っかかりがないので、次の話がクリアに入ってくる。
この繰り返しで、気がついたらすんなりと理解できてる。

そして相手が自然と
「分かってくれる先生」
と思ってくれて、ファンになる。

ニクイぜ、あの税理士先生!

世の中のひとの
疑問・質問・悩み
応え続けていける人は

「売れっ子」
になれるってことだなと感じました。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます