治療院の集客ブログに専門用語は禁止!

治療家が
電子書籍の原稿やブログを調子よく書けてるときは

気をつけてください。もしかして

読み手を無視

しちゃってることがあります。

治療院の集客ブログを書いて、

「このひとは、すごいな! 素敵だな!!」
「このひとの治療を受けたいな」

と読者に思ってもらうには、
心をくだくことが大切です。

この記事では、治療院のブログを書くときに
どうやって書けば見込み客を惹きつけることができるのか
についてお伝えします。

読まれない集客ブログのパターン

専門用語に気をつけよう

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

治療家というのは身体や病気の専門家なので、
とうぜん、知識や経験が豊かです。

そんなひとが、
次から次へ言葉が出てくるのは

たとえば
治療の勉強会のあと
懇親会で治療家同士が
盛り上がってるとき。

「L5の回旋変位って、やっぱり短下肢側に…」
「右寸脈が沈虚のときって、相生関係から言って脾を…」
「多裂筋の筋膜リリースは、脊柱矢状面のアライメントを…」
(適当…)

なんて、
お互い分かっているひと同士の会話って
たしかに楽しいですよね。

読者を置き去りにしない

でもその会話の輪のなかに
クライアントさんが
混ざったら?

きっと、

ポカーンとして

居心地がわるくって、

早く帰りたいっと思いますよね。

気がつかないうちに、
あなたの電子書籍やブログで
読者がそんな思いをしているとしたら。

見込み客を集めるどころか、
下手をしたらいけすかないヤツになってしまいます。

伝わりやすい集客ブログの書き方

専門用語をくだいて伝える

たとえば
こんな文章を読んで、
あなたはどう感じますか?

慢性腰痛には、スタティックストレッチよりも、ダイナミックストレッチによる脊柱起立筋へのアプローチが、筋繊維の癒着および拘縮を軽減し機能的変化が期待できるという面で有効である。 (内容は適当です…)

治療家であれば、
簡潔にまとまっていて
読みやすいんじゃないでしょうか。

ただ、専門用語が多いので、
不特定多数のひとに読んでもらうには
言葉をくだく必要があります。

慢性腰痛には、静止したまま筋肉を強く伸ばすストレッチよりも、動作しながらストレッチをするほうが効きます。それは、腰から背中にかけての筋肉の硬さが取れて、筋肉の動きが改善するためです。

こんどは?
さっきより、表現が柔らかくなりましたね。

医学的知識がそれほどなくても
読める文章になりました。

ここまでは、だれでもやります。
そして、
似たような文章に落ち着くでしょう。

でもこれでは、大勢いる治療家に埋もれてしまい、集客には結びつきません。

あなただから書けるブログに人は集まる

似たような文章だと、読者はただの情報として読むので、
情報発信者である
「あなた」
のファンにはなってくれません。

だれが書いたって、似たような情報ですからね。

そこで、あなたが書く必要がある文章にしましょう。

たとえば…

腰の痛みが続くと、ちょっと動くたびに腰が気になってしまいますよね。
実は私も、腰痛持ち。

正直、施術をしていても腰が痛いのですが、患者さんの手前「イテテテッ」とは言えず、ちょっと引きつった笑顔で隠しているんです。

前かがみの仕事は腰に負担がかかるのですが、あなたは普段、どんな姿勢が多いですか?
私の場合は、完全に職業病ですね。

夜になると、大好きなお笑い番組を観ながらストレッチをして、腰の痛みを和らげています。

この時にするのは、じっとしたままのストレッチではなく、少し動かしながらのストレッチ。このほうが、腰から背中にかけての筋肉が柔らかくなるので、腰の痛みが楽になるのです。

たとえば、ラジオ体操をゆっくりとやるような感じで、あなたも、腰を伸ばしてみてください。
お風呂上りにやるのが、おすすめですよ。

最初の文と比べて
えらく長くなっちゃいましたけど、

この文章は
書き手だけのもの。

(分かりやすく、書き手を押し出した文章にしました。ほんとうは文章全体をとおして、自分を出していきます)

つまり

ただの情報から
「あなた」
が伝わる文章に変わる。

電子書籍を出版すること。
ブログを書くこと。

それがゴールなら、
ただの情報でオッケーです。

でも、文章を通じて

治療院に集客したり
ファンを集めてリピート客に育てたり
BtoBのビジネスにつなげたりしたいなら、

ただの情報で終わりにしないでください。

専門用語をくだいて

その次に、

心をくだいて

文章に「あなた」を染み込ませる。

そうすれば、
必ず

「あなた」を気に入って
高く買ってくれるひと

が集まってきます。

まず
言葉をくだいて、

つぎに
心をくだく。

ちょっと、ためしてみてください。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください