治療院集客に役立つ電子書籍を書くコツ

先日、『電子書籍つくろう! 個別添削コース』を受講されているかたから

「なにを書けばいいのか分からないんです」

と相談されました。
意外と、この手の悩みは多いんですね。

電子書籍をつくってみたい気持ちはあるけれど、いざ書こうと思うと
なにを書いたらいいのか迷ってしまう…

今回の記事では、治療院集客のために電子書籍を書こうとして
「なにを書こうかな」
と悩んでしまったときのヒントをお伝えします。

集客のために電子書籍をつくる

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

電子書籍づくりをお手伝いしていて、意外と多い
「なにを書こうかな」問題。

① 自分の経験とか知識を伝えたい気持ちは満タン!

② いざ、書こうと思ってパソコンの前に座った。

③ 手が止まっちゃった。

というパターンが、けっこう多いんです。

見込み客にとってメリットがある?

『自分史』とか、『この熱い気持ちを表現したい!』的な本なら、なにを書いてもいいんだと思います。

でも、わたしがプロデュースしているのは、基本的に何かしらの専門家。
治療家が多いのですが、美容師やエステティシャン、中には税理士さんなんてひともいらっしゃいます。

その目的は、著者本人を読者に高く買ってもらうこと。
そこから、治療院集客などビジネスに繋げていくことを、電子書籍を出版する大きな目的にしています。

ですから、当然『読者ありき』の内容にしないと、手に取ってもらえない。

だれも、見ず知らずのひとの自己アピール本なんて、お金を出してまで、いや、無料でも読みたくない。
読者、つまり見込み客にとってメリットがない本なら、ただの時間の無駄になってしまいます。

電子書籍に何を書けばいいのか

実際の顧客を思い出しましょう

もしあなたが、電子書籍にかぎらず
「ブログやメルマガで、何を書いたらいいのか分からない…」
とパソコンとにらめっこしているなら、

いったん画面を閉じてください。

そして、あなたが文章を届けたいひとを思い浮かべましょう。

実際に商売をしているひとなら、お客さんのなかの一人を。
ネットビジネスをしているなら、問い合わせなどでやり取りをしたひとを。

きっと、何かに困って、悩んでいたはず。

その悩みに答える手段のひとつが、電子書籍。

なにか、壮大なテーマで、緻密に構成された何万文字の文章を書かなきゃダメ!
なんてことはないんです。

一冊にひとつの答え

一冊の電子書籍に、ひとつの悩みの答え。
それでいいんです。

というか、それがいいんです。

その理由は、電子書籍はニッチな分野について書いても
見込み客から探しやすいから。

電子書籍はオンライン上の情報として扱われるので、
AmazonだけではなくgoogleやYahooなどの検索エンジンからも
見つけてもらいやすいのです。

見込み客の悩みについて書く

とにかく何を書けばいいのか、てんで浮かばないと思ったら、

画面を閉じる。
目も閉じる。
そして、ひとを思い浮かべる。

施術中の何気ない会話中のひとこと

カウンセリングで浮かんできたクライアントの疑問

クレームの奥にみえた不満

問い合わせの中にあった悩み

そこには、ひとりの人がいたはず。
その人だけに向かって、書き始めてみてください。

世の中の多くのひとに向かって、バーンと物申すよりも、ずっとずっと、言葉が湧いてくると思います。

まとめ

治療院集客のための電子書籍を書くなら、あなたの顧客の悩みを思い出してください。
その悩みを電子書籍のなかで解決してあげれば、しぜんと見込み客が治療院に集まってきます。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください