電子書籍とブログの違い

電子書籍とブログの違い

「電子書籍って、ブログとどう違うんですか?」

と聞かれることがある。

ひと昔まえは、専用の端末が必要だった電子書籍も、いまやパソコンやスマホで見ることができる。
ページを画面で開いてしまえば、文字を読んでいる限りブログと変わりない。

じゃあ、わざわざ書籍化なんてメンドウクサイだけ。
ブログでいいじゃん。

たしかに!

でも、大きな違いは、

「覚悟」

だと思う。

ケツを持つ覚悟

電子書籍って、基本的に自分の名前で出版します。
そして、読者から対価をもらう。

つまり、

「わたしは、お金をいただくに値するものを、あなたに伝えます」

っていう覚悟。

最近では、ブログやオウンドメディアでも顔を出しているひとが増えてきました。
そして、企業の運営するものが検索上位に入るようになり、名無しさんの「情報寄せ集めブログ」は、下位に追いやられつつあります。

それでも、やはり無料の情報というのは、発信者も受信者も逃げ場所がある。

「このくらいでいいでしょ」という、逃げ場所。

もちろん、最高のクオリティで書いてあるブログもあれば、逆に「こんなもの本じゃねーだろ」っていう電子書籍もある。
最終的には、本人の美意識とか羞恥心の問題かもしれない。

けれど、普通の感性をもっていれば、自分の名前をつけて世間に見てもらおうってものは、いい加減なものは出せない。
ましてや、相手からお金をもらうんだから。

それを分かったうえで、それでも伝えたいことがあるから、本にする。

ブログとの違いを聞かれたら、わたしは、その覚悟とか思いの違いだと答えています。

まじめか!

なんて言ってるけれど、そんなもの本当はどうだっていいんだよね、聞かれるから答えてるだけで。

自分の伝えたいことを、一つのテーマにまとめて書いて、表紙をつけて、値段をつけて、むちゃくちゃ沢山のひとの集まるフリーマーケットで売っている。

「だれが買ってくれるかな」
「どんな人が読んでくれるのかな」
「だれかの役に立つかな」

そんなワクワクが電子書籍にはある。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます