電子書籍への流れは本物か?

電子書籍はだれでもつくれる

すごい時代になった。
なにがって、だれでも自由に本が出版できるようになったってこと。

ひと昔前なら、本を出版するなら企画書を書いて出版社に持ち込むか、あやしい自費出版会社にウン十万払うか。

それが、企画書も書かず、お金もかけずに本が出せちゃう。

それが、電子書籍

それを肌で感じるのは、
「本を出しませんか?」
という類の営業電話が減ってきたこと。

なんでも、「先生」と名の付く仕事のひとは、いいカモなんだとか。
そこそこ金を持っていて、名誉欲もあり、独自のウンチクも持っているから。

わたしが自費出版の営業マンなら、間違いなくターゲットだ。
そのターゲットとして、わたしの治療院にも仕事中に「イラッ」とくる電話が、よくかかってきていた。

それが減ってきた。

電子書籍の市場規模

電子書籍の市場規模拡大が、その一因であることは間違いない。

株式会社インプレスのシンクタンク部門である【インプレス総合研究所】は、2016年度の電子書籍市場規模は前年比24.7%増の1,976億円で、今後の電子出版市場は、5年後に3,500億円市場へと成長すると先日発表した。

この流れは、本物なのか?

そんなもんは、どうでもいい。

だれでも自由に本がつくれるってことに、変わりはない。
行政による検閲も、出版社による修正もない。

あなたが伝えたいことを、数えきれないひとに向けて、そのまんま伝えられる。
そんな時代は、今までになかった。

当たり前のように受け取っているこの流れは、今までやりたくてもできなかったことなんだ。

ありがたい。

今までできなかったけど、できるようになったってことは、新しいものが生まれる転換点だってこと。

電子書籍を使って、なにをしようか。どんなビジネスと組み合わせようか。
面白そうなコト、たくさんありますよ。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます