頑張ってブログやメルマガを書いているのに集客できない治療院の解決策おしえます

先日、『短編集つくろう!』eラーニングにチャレンジしている整体師の先生と、
ワークショップでお会いしたとき

「いままで結構ブログを書いてきたけれど、そこからの集客ってあんまりなかったんです」

と相談されました。
そこで、今つくろうとしている短編集の原稿を読ませていただいたのですが、

「なるほど~」

と、集客が難しかった原因がわかりました。
今回の記事では

治療院の先生が頑張ってブログやメルマガ書いているのに、集客ができない理由

について一緒に考えてみましょう。

治療院にありがちなパターン

反応が薄いブログやメルマガ

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

冒頭にお伝えした整体師のS先生は、お話しをして分かるのですが
とってもクライアントさん思いの先生でした。

とにかく、自分が学んできたことをブログやメルマガに書くことで
痛みや不具合で困っているひとを助けたい。

そんな気持ちで、もう何年も情報発信を続けているのだそうです。

そして今回、そのブログの記事を集めて
短編集として電子書籍にまとめてAmazonから出版しようと思い立ったのですが…

「いままでブログやメルマガを書いてきて、あんまり反応がなかったのに、電子書籍を出版しても読んでもらえないんじゃないか」

と悩んでいることを相談してくれました。

親切な整体師の先生

そこで、短編集にしようと思っているブログ記事をいくつか読ませていただいたのですが、
そこには整体師のS先生のやさしさが詰まっていました。

たとえば腰痛についての記事には、
腰痛の原因から兆候、軽い痛みからぎっくり腰など動けない痛みの改善方法、リハビリ、再発防止
など、とにかく詳しく書かれていました。

「できるだけ、書き洩らしたくない」

とおっしゃった言葉が印象的でした。

たしかに、腰痛について知っておくといいことを
もれなく書こうとしていることが文章から伝わってきます。

見込み客によっては、そんなS先生の治療に対する思いを感じて
予約の電話をしてくる人もいるでしょう。

でも多くのひとは、途中で読むのを止めてしまうかもしれないなと感じたのです。

豊富な知識が裏目に出る

たとえば、見込み客のなかでも

「S先生の整体院に行こうかどうしようか迷っている」

というような段階のひとなら、これまでに書いてきたブログでもいいと思います。

先ほどお伝えしたように、文面からはS先生の治療に対する思いや、豊富な知識が伝わってきますから。

予約の電話をしようかなという段階の見込み客が知りたいのは、これから通う整体院の先生が
自分の身体を預けるに値する人間なのか
ということ。

腰痛に関するお役立ち情報よりも、書いている人の人間性が知りたいのです。

でも見込み客のなかで、上記のような「今すぐ客」はとっても少ない…

ほとんどの見込み客が、治療の必要性を感じていなかったり、治療を受けたいと思っていない人です。

治療院がブログやメルマガで集客できない理由

最後まで読まないと集客につながらない

整体師のS先生のブログやメルマガの反応が薄くて、なかなか集客につながらなかったのは、見込み客が

知りたいことに焦点が合っていなかったから。

「今すぐ客」が今、知りたいことと、
「まだまだ客」が今、知りたいことは違います。

腰痛治療について、そんなに興味も必要性も感じていないひとに
具体的な改善方法やリハビリ、再発予防の方法を伝えても響きません。

響かないどころか、とちゅうで読むのを止めてしまうでしょう。

おそらく集客目的のブログやメルマガであれば、記事の最後に
治療院や整体院、サロンへのリンクを貼ってあると思います。

記事を読んで納得して、
「このひとのこと、もっと知りたい」
と思ったひとが、リンクをクリックしてくれます。

ですから集客のためには少なくとも最後まで読んでもらうことが重要なのに、
途中で離脱してしまっては勝負にならないんですね。

見込み客が離れていく原因

先ほど、見込み客が納得したらリンクをクリックするとお伝えしました。

この「納得」というのが厄介。

理屈で納得する人もいれば、共感で納得する人もいる。

わたしは「キレイの実」というオウンドメディアを運営しているのですが、
そこでの反応をみていると
共感で納得してもらうほうが、リアクションがいいです。

まあ、女性読者が多いという要素もありますが、
読者がどこで記事から離脱するのかがパッと分かる「ヒートマップ」というツールを使っていると
その行動が手に取るように分かるのです。

ここでお伝えしている共感というのは、

「わかるわかる、そうだよね~」

といった単なる言葉じゃなくて、

今、何が知りたいのか

にトコトン応えることが、共感してもらえるポイントになります。

ココから先は私見ですが、
今知りたいこと以外のことがゴチャゴチャ書かれていると

「これを書いている人は、私のことを分かっていない」

と感じるんじゃないかな? と思うんです。

つまり、ブログやメルマガで共感を得て納得をしてもらい、最後まで読んであなたの整体院のリンクをクリックしてもらうには、

今、何が知りたいのかだけ

に集中して記事を書けばいいんですね。

余分な親切は、裏目に出ます。

集客できるブログ・メルマガ・電子書籍の書きかた

① 見込み客の状態を想像する

わたしはよく、電子書籍の個人添削をさせていただくときに、

縦に掘らず、横に掘りましょう

と話すことがあります。
先ほどのS先生の例でいうと、

腰痛の原因から兆候、軽い痛みからぎっくり腰など動けない痛みの改善方法、リハビリ、再発防止

は、腰痛というテーマを「治療」という軸で縦に掘っています。

これをたとえば、腰痛の兆候という点をピックアップして、横に広げてみましょうか。

腰痛の兆候が気になる人って、どんな人だろう…
というところから想像して、これまでのクライアントさんのこと思い出したりすると
横に広がってきます。

  • 対処したほうがいい腰痛の兆候と放っておいても大丈夫な兆候の違い
  • どこをチェックすればいいのか
  • 加齢による「しょうがない」変化
  • 早期の腰痛対策の必要性
  • 「ちょっと気になる」から「痛みを感じる」までの段階
  • 違和感を感じたらやっておきたい体操・ストレッチ・ツボ押し
  • 兆候があったとき生活習慣で気をつけたいこと

など、過去の施術経験を参考にしたり、
「自分が腰痛の兆候を感じたら、何が気になって、知りたいだろう」
と想像力を働かせたりすると、いろいろと出てきます。

② 余計な情報はカット

ついつい、あれもこれも伝えたくなりますが、

ぐっと我慢です。

今、伝えるべきことと、必要ないことを分けてください。

先ほどのS先生の記事のばあい、腰痛が回復してきたリハビリ期について、くわしく知りたい人はまた別にいます。
ですから記事を別にして、腰痛から回復してきた人が今、なにを知りたいだろうと考えて書けばいいんです。

③ 中立的な立ち位置を忘れない

わたしは「あまのじゃく」なので、

こうしなさい

と言われると反発したくなります。

たとえ素直なひとでも、誘導されて押しつけられるのって
気持ちいいものではありません。

ですから、他に選択肢を与えずに
「こんな兆候があったら、ウチの整体院に来てください。ウチはこんな素晴らしいんですから!」
と書けば、ドン引きです。

あくまで専門家としての立ち位置から、フラットに伝えましょう。
もちろん、あなたの整体院に誘導するのが悪いとかじゃなくて、

数ある選択肢のなかのひとつ

という提案が、いいと思います。

まとめ

ブログやメルマガで集客しようと、頑張って書いている治療家や整体師、セラピストのかたに、今回のヒントが役に立てば嬉しいです。

情報発信をしていると、ひとつの記事に、つい色々なことを詰め込んでしまいます。
というか、わたしはいつもそうなっちゃうので、自戒の念を込めて記事を書きました。

「この記事を読んでいる見込み客は、今、なにに困っていて、なにが知りたいんだろう」

と思って記事を書けば、自然とあなたの整体院や治療院、サロンにひとが集まってきます。

頑張ってくださいね!

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ちょっと頑張れば、ずっと集客に使える便利なツールのつくりかたは、
こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください