治療院がネット集客するなら電子書籍がおすすめな理由

治療家や整体師、セラピストが
インターネットを使って集客するには、
いろいろな方法があります。

そして、ひとことでネット集客といっても

今すぐ客
お悩み客
そのうち客
まだまだ客

など、見込み客がどの段階なのかによって、
戦略が違ってきます。

今回はそのなかでも、
見込み客の大半を占めるひとの集客には、

電子書籍が効果的ですよ
という理由をお伝えします。

この記事を読んだら、
SEO対策をしなければならないオウンドメディアの構築なんて
馬鹿らしくなるかもしれません。

ホームページだけじゃ集客できない

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

治療家や整体師、セラピストのみなさんが
インターネットを使った集客に手をつけるとき、

「まずはホームページを工夫しよう」

というひとが多いと思います。
でも、ぶっちゃけ

魔法のホームページはありません。

むちゃくちゃ出来の良いホームページに仕上げたとしても、
それだけで
新規集客が倍増するなんてことはありません。

なぜなら、
ホームページは数ある集客媒体のひとつに過ぎないから。

クライアントさんの生の声を聞いていれば、
肌で感じるはずです。

ホームページだけ
チラシだけ
店頭ディスプレイだけ
地域広報誌だけ

を見て来院するひとって、以前にくらべて
ぐっと減りました。

毎日通勤で通りかかっていて、気になっていた治療院。
店頭のブラックボードには、いつも健康プチ情報と、予約状況が書いてある。
先月配られたチラシも、大事に取ってある。
なんだか昨日から腰が重い。
治療院のホームページを見てみたら、親切そうな院長だ。
エキテンを確認したら、けっこう良い評価が多い。
院長のブログも読んだら、真面目そうな人柄が伝わってきた。

「うーん、電話してみようかな」

という感じで複数の情報を集めて、
やっと電話をかけるというひとが増えています。

ここまで慎重なひとは少ないかもしれませんが、
来院したきっかけについて話を聞くと、
いくつかの集客媒体を確認してから
問い合わせをしてくるパターンが多くなってきました。

「失敗したくない」

という気持ちから、
いろんな情報を調べたくなるんでしょうね。

そりゃそうです。
大事な自分のカラダをあずけるわけですから。

つまり、
いくらホームページを充実させても
それだけじゃ集客に関してちょっと弱いのです。

今すぐ客にホームページは効果的

ホームページが集客の役に立たないと言っているのではありません。

あくまでホームページというのは、
集客という戦略の一部でしかないという認識を持っていないと

「ホームページ作成を業者にたのんで何十万もかけたのに、思ったほど集客できない…」

ということになってしまいます。

ホームページは集客でいうと、

今すぐ客

に対して有効な媒体のひとつ。
今すぐ客というのは、文字通り

今すぐあなたの施術を必要としていて、
欲しいと思っているひとです。

ちょっとこちらをご覧ください。

これは、見込み客を4つのタイプに分類した表です。

ホームページが威力を発揮するのは
右上の今すぐ客。

「腰が痛くて動けない。
明日からまた仕事なので、今日中に何とかしたい」

というような、
今すぐ施術を受けたいと思っているひとは、

地域名+治療院
地域名+整体院

などのキーワードをgoogleやYahooで検索をします。
そのとき、ホームページに載っている
料金や時間、場所などを頼りに
電話をかけてきます。

客は減りライバルは増える

でも、この今すぐ客の数って減っていく一方。

人口が年々減るというだけではなく、
ライバルが増えていくので
相対的にあなたの治療院に電話をかける
今すぐ客は少なくなります。

ライバルというのは、整体院やリラクゼーション・サロンだけではありません。

健康グッズや健康食品、セルフケア情報、エクササイズ教室なども
全てあなたのライバルとなります。

それぞれの分野で知恵を絞って、見込み客を取りこもうと必死です。

ですから、
国家資格や認定団体などの資格をホームページに並べたくらいでは、
簡単には来院してくれません。

じゃあ、どうしたらいいのか。

今すぐ客以外を育てる

今すぐ客の何倍もいる
そのほかの見込み客にアプローチするのです。

本当は施術を受けたほうが良い見込み客に対して、
必要性を感じてもらい
欲しいという気持ちを高めて、
あなたが
今すぐ客に育てるのです。

あなたが育てたひとは、
あなたに対して信頼を寄せてくれるので、
将来的にコアなリピーターになってくれます。

ただ…
「面倒くさい」ですよね、育てるのって。

でも、
単発の広告やキャンペーンを打って
山あり谷ありの集客よりも、
地味だけど
安定感のある集客のほうがよくないですか?

まだまだ客に対して、
どうして施術が必要なのかという知識を与えて、
どのような未来を手に入れることができるのかをみせて、
今すぐ客に育てる。

それには、
電子書籍がピッタリなんです。

電子書籍が集客におすすめな理由

その1:ブランディング効果

本を出版していると、単純に

「すごい先生なんだな」

と思ってくれます。すると当然、
そんな先生から施術を受けられるなら、
ちょっとためしてみようかな
という気になりますよね。

これは、必要性は感じているけれど
いまいち
「施術を受けたいな~」
という欲求が足りないお悩み客を、

今すぐ客に変えることができるのです。

その2:網羅型コンテンツ

施術に興味は持っているけれど、
自分にとって必要なのかどうか
分かっていないひとに対しては、

教育が重要です。

一般のひとにとって「書籍」というのは、
ひとつのテーマについて網羅して書いてある
と思われています。

「一冊の本を読めば、テーマについて全て知ることができる」
ということを期待して、
わざわざ長い文章を読むのです。

ですから、
メルマガで繰り返し情報発信をして
ようやく必要性を理解してもらえるようなことでも、

電子書籍だと一冊で済んでしまいます。

しかも、一冊を読みきることで著者の世界観に惹き込みやすいという
書籍ならではのチカラを持っています。

こうして、必要性が不足していた「そのうち客」も、
「今すぐ客」に育てることができるんですね。

 

その3:SEO不用で検索される

施術の必要性が足りない「おなやみ客」と
施術を受けたいという気持ちが足りない「そのうち客」に対して、
電子書籍が効果的なのはわかりました。

では、見込み客のなかでいちばん人数の多い「まだまだ客」は
どうやって育てるのか。

まだまだ客というのは、
施術の必要性も、受けたい気持ちも薄~いひとたち。

だけどプロとして、
そんなひとたちにも施術が必要だということは
あなたも感じているはずです。

今はそんなに痛くなくっても、
放っておけば調子が悪くなる。

今はそこそこ肌のハリはあるけど、
手入れをしていれば10年後にほうれい線ができるのを
防ぐことができるのに。

予防のために施術を受けておけば、
将来のためだけではなく今の状態もぐっと良くなるなるのに。

そういう情報を
専門家として発信することで、

「今は、施術を受けなくてもいいかな」

と思っている見込み客を教育するのです。

どうやって?

いちばん多くのひとにアプローチできるのは、
googleやYahooの検索です。

みんなネットのおかげで物知りになった

ひとは、知りたくなる生き物です。

施術を受けるとか、
何かグッズを買うとかのまえに、

「わたしのカラダに何が起こっているんだろう」

と知りたくなります。
以前なら、町のお医者さんに聞きに行ったでしょうが、
今はいくらでも情報を取ることができます。

クライアントさんでも増えましたよね?

やけに自分の状態について詳しかったり(的外れも多いですが…)
健康情報に敏感だったりするひとが。

とにかく今は、
まずネットで調べるというひとが増えてきました。

ほんとうなら、
あなたの治療院や整体院、サロンにきて
専門的な判断を受けるはずだったひとも、

自分で調べちゃって、
勝手な判断で終わらせてしまっていることもあります。

そんなひとたちに対して有効なのは、
検索で上位に表示されること。

たとえば、

「わたしって
すぐにむくんだりするけど、
これって水太りっていうのかな?」

と思ったひとは、googleやYahooで

水太り

というキーワードで検索をするでしょう。
もしその検索結果の1ページ目に
あなたのオウンドメディアやブログ、ホームページが表示されていたら?

専門家として
水太りについての知識や、施術の必要性といった情報を発信していれば、
それを読んだ「まだまだ客」は
あなたに興味を持つでしょう。

すぐに電話をかけるひともいれば、
もっとあなたから情報を聞きたいと思って
メルマガに登録するかもしれません。

だからみなさん、必死になって
検索の上位を取りにいくんですね。

あるいは手っ取り早く
「リスティング広告」
を使って、自然検索の上に表示させることもできます。

ただキーワードによっては単価が高いので、
費用対効果を計算して
綿密に作戦を練らないと無駄金になってしまいます。

どうやって検索上位に表示されるのか

でも実は、無料でリスティング広告を出せるんです。

それが、電子書籍の出版。

Amazonから電子書籍を出版すれば、
Amazonが勝手に、あなたの本のリスティング広告を出してくれるのです。

さきほどのリスティング広告を
もう一度みてみましょう。

「水太り」
というキーワードで検索をした結果の
1ページ目の一番上に、Amazonの広告が載っていますよね。

検索したひとが、
「どんな情報があるんだろう」とAmazonのページをクリックしてみると…

Amazonが扱っている
水太りに関する書籍やグッズのページに飛びました。

そして、
わたしの出版した電子書籍が左上に表示されています。

「水太り」
というキーワードで、Amazonの中で評価されるように
書籍を工夫したので、
このように目立つ場所に置かれています。

このように、
電子書籍を出版して、書籍をちょっと工夫するだけで
検索結果の上のほうに表示されるようになるのです。

これって、すごいことなんです。

わたし自身、『キレイの実』という
月間で65,000PV(65,000ページ読まれている)の
健康と美容についてのオウンドメディアを運営しています。

が!
「水太り」
なんていうビッグキーワードで
上位に表示することはできていません。

2年以上かけて
100万円以上投資して、
来る日も来る日も投稿したのに、

Amazonには勝てない…

だったら、もうAmazonに乗っかったほうが早い。
電子書籍をちょっと工夫して。

そうすれば、
どれだけ多くの「まだまだ客」との接点が生まれることか。

まとめ

治療家や整体師、セラピストが
ネット集客をするには、ホームページで

今すぐ客

だけを狙うのではなく、

お悩み客
そのうち客
まだまだ客

を育てるという視点が必要です。

そのためには、
電子書籍の出版という方法はとても安くて効果的。

ちょっと本の書き方を工夫するだけで、
Amazonの広告を無料で利用できますからね。

ぜひ、やってみましょう!

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください