治療院のネット集客には【エビデンスが重要】

治療院のネット集客をするとき、ブログやメルマガ、そして私の大好きな電子書籍の出版は強力な武器になります。

でも、これらの情報発信をするとき「私はこうだと思います!」と主張するだけでは、
読者は納得しません。

ということで今回は、
治療院のネット集客をするとき、読者に納得してもらうためには、どうやってエビデンスを書いたらいいのか
についてお伝えします。

ネット集客に必要なエビデンス

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

エビデンスとは

治療の世界でエビデンスというのは、

『その治療が有効であるという実験・臨床結果、科学的根拠』

のことを言います。
最近は、とくに広告の規制が厳しくなって
しっかりとしたエビデンスを求められるようになりました。

画像を修正したり捏造したりするのでなければ
ビフォーアフターの写真や、お客様の声なんか
自由にすればいいじゃんと思うんですけどね。

そうも言ってられない時代になりました。

文章にもエビデンスが必要

電子書籍に限らず、情報発信をするということは
何かを伝えたいはずです。
そこには、あなたの主張があります。

そして主張に納得してもらうためには、根拠、つまりエビデンスが必要。

ちょっと難しいことをいうと、
主張には論証責任が生じます。

何かを主張するからには、
なぜその主張が正しいと言えるのか、納得のいく説明をする責任があるということです。

平たく言うと、

「〇〇しましょう」と本に書きたいなら
「なぜならば…」と理由も一緒に書きましょう

という感じです。

この、主張と根拠(エビデンス)という組み合わせは、
本の構成要素として骨格となります。

ですからここを明確にしておくと、文章で何かを伝えるときに説得力が格段にアップします!

ネット集客でうまくエビデンスを入れる方法

その1 公的データ

あなたがネット上で治療院の集客をしようと思ったら、発信している情報の中で主張していることを
支えてくれるような『公的データ』を探しましょう。

そして
(参考:○○○○○○)(出典:○○○○)などと入れて、リンクを張っておくのです。

治療家であれば、厚生労働省やWHOなどの公的機関の発表してるデータが使いやすいですね。

難点としては、手堅い結論しか出していないので
とんがった主張を支えるには厳しいかも知れません。

たとえば、ある鍼灸師の先生が
『腹式呼吸でガンを防ごう』
という電子書籍を出版するとします。

そのときに、呼吸とガンの発生率についての因果関係を
厚生労働省のデータに求めるのはキツイでしょう。

そんな、ちょっと「とがった主張」の場合、大学などの論文を探してみてください。

NII学術情報ナビゲータ「サイニィ」

このサイトでは、国内の様々な論文をキーワードから探すことができます。

ちなみに、オウンドメディアで記事を書く場合、公的機関へのリンクは
検索エンジンから高く評価されるというメリットもあります。

その2 いちばん強い実体験

エビデンスとしていちばん説得力があるのは、実体験です。

科学的、客観的なデータと言えなくても、気にしないでください。
あなたは、何らかの学会に認めてもらうための論文を書くのではないのですから。

あなたが伝えたい相手は、読者です。

実際にあなたが行なったことをリアルに書くことで
読者は惹きこまれ、納得します。

いちばん強いと言いきれる理由は、感情レベルで納得してもらえるから。

公的データが理論的な納得だとしたら、
実体験によるデータは感情的な納得です。

そこには、あなたのリアルな姿があり、心の動きがあり、実際に起こった変化が見えるので
読んでいる人に訴えかけるチカラがあります。

逆にこのような実体験を伴わない本だと、
物足りなさを感じてしまいます。

ブログやメルマガ、そして電子書籍を通じて情報発信しようと思っているなら、ぜひ
実際にあなたが経験したことを書いてください。

きっと読者の中からファンが現れます。

その3 書籍の権威を借りる

あなたの主張と似たような書籍の権威を借りましょう。

先ほどの鍼灸師が
『腹式呼吸で、ガンを防ぐことができる』
と書籍のなかで主張するなら、同じ主張の書籍を探すのです。

Amazonで
「呼吸 ガン」
と検索すると、たくさん出てきます。

治療家が
「長年治療をしてきてたどり着いたこの方法は、すごい発見だ!」
と思っても、じつは似たような方法が結構あったりします。

もちろん、その治療家が発見したという方法は
とても価値あるものです。

でも、世の中に全くの新しい発見というのは中々出てきません。

ですから、あなたの同じような主張をしているひとが必ずいて、
すでに本が出版されていることもあります。

その本を、あなたの電子書籍の中で引用することで、読者は
「ああ、この本に書いてあることは、この著者の独りよがりの考えじゃないんだな」
と理解して、納得しやすくなります。

その4 間接的な根拠をみつけよう

主張の全部を支えることができなくても、

その一部を納得してもらうことで
根拠とする方法です。

ちょっと無理やり感がありますが、ゴリ押ししたいときは使ってみてください。

たとえば、『腹式呼吸でガンを予防する』という主張について
同じ主張の本も無く、科学的なデータも見つからなかったら。

『体温を上げてガンを予防する』という主張のチカラを借りるのです。

安保徹先生のベストセラー
『免疫革命』
にもあるように、体温とガンの関係については
数多くの書籍や研究論文があります。

【 呼吸 ➡ ガン予防 】

ではなく

【 呼吸 ➡ 体温上昇 ➡ ガン予防 】

という文脈にすることで、主張を支えようということです。

「ベストセラーにもなった安保徹先生の『免疫革命』にも書いてあるように、体温が上がるとガンが…」
と、虎の威を借りましょう。

その5 身近な実例をうまく使う

読者に分かりやすい「身近な実例」を根拠にすることも、
治療家が情報発信をするときには有効です。

先ほどの腹式呼吸の本の場合。

「あなたも深く呼吸をすると、ふっと気持ちが落ちつくという経験はありますよね」

という、だれでも一度は実感したことのあるようなことを
持ちだします。

そして「うん、そうそう、あるね~」と思い出してもらいましょう。

そのあと、気持ちが落ち着くことに関連して、
免疫や自律神経の話からガンの予防につなげるのです。

繰り返しになりますが、私たち治療家が情報発信をして集客しようとするとき
向き合う相手は読者であり、見込み客です。

学者や研究者が納得するエビデンスよりも、
読者がうなずいてくれる身近な実例のほうが
説得力があります。

まとめ

治療院のネット集客をするなら、情報発信のなかでエビデンスをしっかりと書きましょう。

根拠のある主張は、説得力がありますからね。
頭で納得すれば、あなたの主張が見込み客に浸透しやすくなります。

ただ最近は薬事法・医療法・景品表示法・医療広告規制などが厳しくなり、ホームページはおろか、ブログやオウンドメディアまでも自由な表現ができなくなりつつあります。

こうなってくると、電子書籍がいちばん使いやすい。

主張と根拠を組み合わせて、見込み客に対して説得力のある本を書く。
ちょっと手間はかかるけど、そんな治療院集客が地道で自由で好きです。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください