治療院のブランディングには【Amazon著者ページ】が最強!

治療院の先生が集客のためにブランディングするには、
Amazonの著者ページ
がおすすめです。

ご存じですか?
有名なベストセラー著者とならんで、
Amazonにあなたの著者ページがつくれることを。

日本最大の本屋であり、
家電から衣類、おもちゃまで何でも扱っているAmazonは
一人勝ち状態。

そんなAmazonの作った著者ページは
いわば、「公(おおやけ」の場と言ってもいいくらいです。

その公の場に、
著者として紹介されるって
かなり魅力的な話ですよね。

今回は著者ページがあることによって、
治療院の集客やブランディングにどんな効果があるのかについて、
お伝えします

治療院のブランディングには著者ページが効果的

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

最近では
「ブランディング」
という言葉が一般的になってきましたね。

 世界的経済学者であるケビン・レーン・ケラー氏は、

「ブランディングは精神的な構造を創り出すこと、消費者が意思決定を単純化できるように、製品・サービスについての知識を整理すること」
「ブランディングにとっての鍵は、ある製品カテゴリー内で消費者が知覚するブランド間の差異である」

と定義しています。

分からない…

ただ、
消費者がもつイメージ
が、ブランディングにとってポイントだということは
分かります。

差別化とブランディングの違い

似たような言葉に
差別化
がありますが、これは
競合他社との実質的な違いのこと。

それに対してブランディングは、
「信用できそうな感じ」
「品質が良さげな感じ」
「高級な感じ」
といった、

イメージ

になります。
で!
治療家や整体師、セラピストとしては、
クライアントからどんなイメージを持ってもらいたいのか。

「優秀そうだ」
「信頼できそうだ」
「よく分かってそうだ」

なんてブランディングができれば、
新規集客にとって
かなり効果的ですよね。

あるんです、そんな方法が。

もうお分かりだと思いますが、
Amazonの著者ページは、
まさにそんなブランディングにもってこいなんです。

著者ページは治療院の集客ツールである

Amazonから電子書籍を出版すると、
著者ページをつくることができます。

この著者ページは、あなたの名刺代わりになります。

しかも、自分でつくった名刺とは違って
Amazonという大きな企業のページとして存在するので、

あなたが思っている以上に社会的な信頼を得ることができます。

たとえば、
チラシや広告であなたのことを知ったひとが
あなたがどんな人間かを知りたいと思って、あなたの名前を

GoogleやYahooで検索するとします。

そこで、あなたが著者ページを持っていたなら、
検索の上位にあなたの著者ページが出てくるはずです。

Amazonはドメインが強いので、
著者ページも検索上位に表示されるんですね。

そこで見込み客があなたの著者ページを見れば、
いっきに信用を得ることができるでしょう。

自分のホームページで自己紹介しているのと、
著者としてAmazonから紹介されているのでは

まったく受け取り方が違ってきます。

そして著者ページがあることで、最初から

先生

としての立ち位置を確立することができます。

治療がやりやすくなる

わたしの実感として、
出版した書籍や著者ページを読んで来院したひとは

とても治療がやりやすい。

なぜなら、治療前からある程度
「ラポール」
が築かれるからです。

新規集客のばあい、どうしても
「この先生、大丈夫? 腕は確かなの? 信用できるの?」
という地点から、関係がはじまりますよね。

でも、出版していることを知っているクライアントさんのばあい、
最初からかなり近い関係を築くことができます。

そうすれば自然とカラダの緊張もゆるむので、
施術の結果も満足したものとなります。

まとめ

治療院の集客にとって、Amazonの著者ページは強力なツールになります。

施術者にとっても、クライアントさんにとっても、
良いことがたくさんある著者ページ。

せっかく出版したのなら、
ぜひ作ることをおすすめします。

次回の記事では、
著者ページのつくりかたを詳しくお伝えします。

もしあなたが
「電子書籍をつくってみたいな~」
と思ったら、

わたしがお手伝いしますよ!

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます