治療院の集客には分かりやすい文章が必要

治療家や整体師、セラピストのあなた。

せっかく情報発信を頑張っているのに、
「なんで集客できないんだ!」
ってこと、
ありませんか?

それってもしかして、
あなたの書いた文章のいちばん大事なことが
ちゃんと伝わってないのかもしれません。

あなたの情報発信で大事なことっていうのは、

腰痛の原因でも
ストレッチの方法でも
五十肩の治し方でもありません。

問い合わせをしてもらうことです。

今回は、治療院の集客をするとき
どんな文章を書けばいいのかについて、いっしょに考えましょう。

治療院集客のためには分かりやすい文章

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

突然ですが、
あなたのブログやメルマガ、SNSを読んでいるひとって、
どんなひとですか?

あなたが治療家なら、
生理痛や便秘に悩むひと。

整体師なら、
腰痛や肩こり、O脚で困っているひと。

セラピストなら、
むくみやたるみに悩んでいるひとでしょうか。

いずれにしても
あなたよりは知識も経験も少ないひとが、
読者になってくれていると思います。

そんなときの情報発信は、
とにかく
丁寧すぎるくらいでちょうどいいです。

専門用語は禁止

わたしたち治療家は、
知らないうちに専門用語をつかってしまいます。

そのほうが、ラクだから。

たとえば、

【経絡(けいらく)】

という単語。
鍼灸師なら当たり前に使っている言葉ですが、
一般のひとには全く分かりません。

【椎間板(ついかんばん)】

なんて単語も、
一般のひとでも聞いたことはあるけれど
ハッキリとはイメージできません。

【PMS】

なんて、女性ならみんな知っていて
馴染んでいるだろうと思っていても、
分からないひとはたくさんいます。

ひとによって違いはありますが、
ハッキリと分からない、イメージできない単語がいくつか重なると、
文章を読むのが苦痛になってきます。

ちゃんと理解できない単語が出てきて
小さな「?」が増えるたびに、
アタマがぼやけてきて
今読んでいる文章が理解できなくなるのです。

ですから、わたしたちが当たり前に使っている専門用語に敏感になり、
細かく噛み砕いて説明する必要があります。

そうしないと、
あなたの本当の目的である

問い合わせ

まで
たどりついてくれないのです。

治療院集客までのプロセス

読者は、あなたの情報発信を読んで…

納得!

感謝&信頼!!

相談したい!!!

という気持ちの段階を経て、
あなたに問い合わせの電話をしてきます。

この流れのなかで
文章でつまづいていると納得できないので、
そのさきに進めないんです。

ですから、
あなたの本当の目的、つまり集客につなげたいなら
まずは分かりやすい文章で納得してもらうことが大事なんですね。

分かりやすい文章にする5つのコツ

  1. 専門用語を使わない
  2. 太字を使う
  3. 「つまり」でまとめる
  4. 箇条書きにする
  5. まとめを作る

その1:専門用語を使わない

これは、先ほど話しましたね。
わたしたちが
「こんなことくらい、分かるだろう」
ということでも、かみ砕きましょう。

先日もクライアントさんから、

「先生、血流が良いって、どういうことですか?」

と質問されました。
おばあちゃんとかではなく、仕事をしている40代のしっかりとした女性です。

その方は、
血流っていうことばが、血液の流れってことは分かる。

けれども、血流が良ければ健康にいいんだろうなとは
なんとなく理解できるけど、

具体的になにがどうなるのか。
自分のカラダにどんな影響があるのかが知りたかったんですね。

ですから、難しい単語だけではなくて
治療にまつわる専門的な話も、
具体例をあげながら説明してあげてください。

文章で説明するのって面倒くさい。
でもそこが
読者が納得するか、読むのを止めるかの分かれ道です。

その2:太字を使う

これは、かんたんですよね。
文章のなかでポイントとなる部分を太字にするだけ。

同じ文章を読んでいても、
読者によって解釈は全然違います。

それは、
それぞれの経験や知識、考え方が違うので、
読者なりに「つじつま」を合わせて勝手に理解してしまうから。

たとえば…

このストレッチのコツは、
腰をゆっくりと深く曲げながら、痛くなる手前で止めることです。

という文章を読んでも、
「目いっぱいやったほうがいい」
と思いこんでいるひとは、後半の文章は読まずに
深く曲げる
というフレーズだけを拾って、ぐいぐい伸ばしちゃうかもしれません。

そんなときは、

このストレッチのコツは、
腰をゆっくりと深く曲げながら、痛くなる手前で止めることです。

と、はっきりと認識させてあげてください。

もっと強調したいなら…

このストレッチのコツは、痛くなる手前で止めることです。
腰をゆっくりと深く曲げながら、ちょっと筋肉の張りが強くなってきて、気持ち良いなと感じるところでキープしましょう。

というように、
「コツは、止めることです」
と大事な単語を近づけてあげて、しかも
あとから表現を変えて繰り返してあげると、勝手に解釈する余地が減ります。

あっ
メールやSNSなどは太字にできませんよね?
そんなときは、

このストレッチのコツは、
腰をゆっくりと深く曲げながら

***************
痛くなる手前で止めることです。
***************

などの飾りを入れてあげましょう。

その3:「つまり」でまとめる

「つまり」「ようするに」というのは、

これから、今までの話をまとめて伝えますよ~

という予告です。

上手な文章というのは、接続語がなくっても
文脈から読者の理解を深めることができます。

ですから、ひとによっては
「接続語はできるだけ省きましょう」
と教えていることもあります。

でもわたしは、スマートな文章よりも
分かりやすい文章を書きたいと思っています。
だから、要らないかなと思っても

まず
だから
そして
つぎに
しかし

などの接続語を入れちゃいます。

そして先ほどの
「つまり」「ようするに」
を入れることで、読者は

ここが大事なところなんだな

と注意して読んでくれます。

伝えたいコトがあれば、重複してもいいので
「つまり」や「ようするに」を使って
念を押しておきましょう。

複雑な話をしたあとに、単純化してまとめてあげると
誤読が少なくなりますよ。

その4:箇条書きにする

その2でお伝えした
「つまり」は、
それまで書いてあった文章を、これから始まる文章で言い換えて書いてありますよ
という文章と文章の関係を示しています。

箇条書きもまた、
文章同士の関係を示しています。

  • 専門用語を使わない
  • 太字を使う
  • 「つまり」でまとめる
  • 箇条書きにする
  • まとめを作る

ここに挙げた5つの事がらは、
それぞれ並列の関係にあります。

たとえば
「太字を使う」ことが
「専門用語を使わない」ことの原因だったり、結果だったりという関係ではないということを
箇条書きは表しているんですね。

文章を読むとき、ひとは無意識に
原因や結果、逆接、例示、並列など、文章と文章の関係を追っています。

そこで、箇条書きにしてあると
文章全体の関係が理解がしやすいのです。

読み手の頭のなかを整理してあげて、
納得度をあげましょう。

その5:まとめを作る

文章とか
話とかって、
悲しいかな

最初と最後しか覚えてもらえません。
真ん中へんは、なんとなく分かったつもりで流されてしまうんですね。

ですから、
最後にまとめを作ってあげましょう。

電子書籍なら、あとがき。
オウンドメディアなら、最後の章に「まとめ」を。

ブログやメルマガなら、
文章の最後に
「今回お伝えしたかったのは、………」

と、あなたの伝えたかったことを数行でまとめてあげると
印象に残りやすくなります。

この「まとめ」技、
じつは本文のまとめ以外にも

イイ仕事をしてくれるんです。

情報発信を新規集客につなげるために

ここまでは、
どうやったら読者が納得してくれるような文章になるのか
を考えてきました。

治療が終わって眠い目をこすりながら
頑張って情報発信をしても、

「なんだかよく分かんないな」

と途中で読まれなくなっていたら
集客もなにも無いですからね。

どんな行動をとってもらいたいのか

お伝えした5つのポイントをおさえておけば、
今までよりも
納得してもらえる文章になるはずです。

そんな情報発信を続けていれば、
必ず感謝されて、
信頼を得ることができます。

で?

「この先生、良いひとだな~」

で終わっちゃダメですよね。
あなたは、読者にどうしてもらいたいですか?

問い合わせが欲しいなら、
問い合わせをしてくださいと書きましょう。

治療を受けて欲しいなら、
予約を取ってくださいと書きましょう。

メルマガに登録してもらいたいなら、
登録してくださいと書きましょう。

どこに?

「その5」でお伝えした
最後のまとめが良いと思います。

お伝えしたように、
読者は最初と最後しか覚えていません。

その最後の「まとめ」のところに、
あなたが読者にやってもらいたいことを書くのです。

たとえば…

『ここまでにお伝えした対処法を、いくつか試してみてください。
それでも改善しない場合は、あなたの腰痛の原因は根深いのかもしれません。

そんな時は、お近くの腰痛に詳しい専門家に相談してください。
もちろん当院でも詳しくチェックさせていただきますので、分からないことがあれば、こちらまでお電話ください。
03-1234-5678 担当:伊東』

これを、最後に書くのか
文章の途中で入れるのかで、
反応はずいぶん違います。

というか、まずは読者に
取ってもらいたい行動をはっきりと伝える
だけでも、違ってきます。

ぜひ、やってみてください。

まとめ

治療家や整体師、セラピストのあなたが、
忙しいなかで
せっかく書いた文章。

治療院や整体院、サロンの集客に結びつけるには、

〇 分かりやすい文章を工夫して納得してもらう

〇 読者にとってもらいたい行動を書く

の2点がポイントです。

もし、一生モノの分かりやすい文章力を身につけて、
しかも
「すごい先生」というブランディングまでできる
電子書籍をつくってみたいというひとは、

03-456-7890 担当:伊東までご連絡ください。

という感じで、最後を締めくくってみましょう!
(電話は通じません…)

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください