電子書籍で差別化して治療院の集客を増やそう

差別化。
大事ですよね、ビジネスをするなら。

ライバルが多ければ多いほど、
違いをアピールしないと

選んでもらえない。
選んでもらえないと、商売が成り立たない。

でも、
小手先の差別化だけじゃ
ちょっと心配なんです。

というか、消耗戦になって
最後は共倒れになってしまいます。

ということで今回は、

電子書籍を使って差別化して、治療院の集客を増やす方法

についてお伝えします。

差別化って何?

よく差別化って聞くけど、
いちど言葉の定義を確認しておきましょう。

マーケティングにおける差別化

差別化戦略(さべつかせんりゃく)とは、マイケル・ポーターによって提唱された競争戦略のうちの一つで、特定商品(製品やサービスを含む)における市場を同質とみなし、競合他社の商品と比較して機能やサービス面において差異を設けることで、競争上の優位性を得ようとすることである。ー出典:ウィキペディア

なんだか‥
分かるような、分からないような感じですね。

要するに、
「ライバルと比べて、ウチはこんな所が違いますよ」
と明確にすることが、差別化です。

でも、この

違い

だけを追いかけていると、
周りのライバルを巻き込んで
共倒れになってしまうかもしれません。

差別化の落とし穴

競合他社と比べて

料金が安い
営業時間が長い
送迎がついている
サービス時間が長い
内装が綺麗
新しい機械を導入
特殊な技術が使える
資格をたくさん持っている
スタッフが多い
クーポンが使える

などの「違い」を生み出せば、
それだけ顧客から選ばれる理由ができます。

でも、なんだか

お金のかかりそうなことばっかりだと思いませんか?

しかも、

真似できそうなことばっかりだと思いませんか?

そう!
お金をかければ真似できそうな差別化は、

ヤバいんです!!

ライバルがお金を使って真似をする。
するとこちらも、お金を使ってさらに違いを増やす。

この消耗戦に入ると
行きつく先はダブルノックアウト。

勝者はいません。
おそらくあなたの周りの治療院やサロンでも、
消耗戦に入って潰れた所があるのではないでしょうか。

差別化はしないほうがいい?

だったら、差別化なんて意味がないのかというと
そんなことはないです。

大事なのは、

他との違いばっかり追いかけているだけじゃなくて

あなたという唯一無二の存在を際立たせることで、

差別化を図りましょうってこと。
なんだかカッコつけた言い方ですね…

キャラクター勝負でいきましょう!
ということが言いたいんです。

そのためにオススメな方法は、

電子書籍の出版。

なぜなら、
私が電子書籍出版の専門家だから。

というのも大いにありますが、
電子書籍だと一冊の影響力が大きいんです。

電子書籍を使って治療院の差別化をしよう!

キャラクター勝負しようと思ったら、
やっぱり

あなた自身についての情報発信が必要です。

あなたが、

どんな苦労をして今のビジネスにたどり着いて
その間どんな人に支えられて
どんなことに刺激を受けて
どんな信念を持っていて
今後どうなっていきたいのか
顧客にどんな未来をみせたいのか

できるだけ多くの人に伝えるのです。

この手法を取り入れている業界が増えてきましたが、
その中身までは真似されません。

だって「あなた」は唯一無二。

だからいいんです。

資格を集めるより、
あなたを好きだという人を集めましょう。

料金下げるより、
高くてもあなたにお願いしたいという人を集めましょう。

治療院の営業時間を長くするより、
「あなたの時間に合わせますっ!」と言ってくれる人を集めて、
短い時間に集中しましょう。

差別化に最適なのは電子書籍

あなたの人柄、キャラクターを前面に出した差別化をして、
人を集めるのに向いているメディアは

ブログやメルマガ、SNS、そして電子書籍。

ブログやメルマガは、
日々の出来事を通じて
あなたの人となりを伝えることができます。

そして
facebookやLINE、twitterなら
双方向のコミュニケーションの中で
あなたのキャラクターを理解することができます。

じゃあ、電子書籍は?

まず、電子書籍を出版してるってことだけでも
けっこうな差別化になりますよね。

今後、ますます電子書籍の出版が一般化してくると
出版しているだけじゃ
差別化にならないかもしれません。

でも、まだまだ先の話でしょう。

ですから、

あと何年かは
出版しているだけでも

「ちゃんとしている人」
「優秀な人」
「すごい人」

という違いはアピールできます。

でも、これからキャラクター勝負するというときに、
電子書籍がオススメないちばんの理由は、

ストーリーを浸透させやすい

っていう点です。

電子書籍は著者の世界に惹きこめる

本を一冊読むと、著者の世界観に惹きこまれるという経験は
あなたにもあると思います。

本を読み終わったあと
「ぼ~~~」
っとしてしまう、アレです。

そんな本の魔力を利用して本をつくるのです。
ただ役に立つ情報だけを本に書くのではなく、

プロフィールを含めて、
書籍の中にうまくあなたの人となりを織り込むことで、

読み終わったあと、あなたのことを
ぐっと身近に感じるようになります。

上質な顧客を集める

集客していると、

「安けりゃいい」
「とりあえず今をしのげればいい」
「長く揉んでくれればそれでいい」

というひとは一定数います。
これから先も、そんなひとを相手にしていくのか。

それとも情報を発信して
あなたのキャラクターに惹かれたファンを相手にするのか。

すべては、あなたの集客戦略次第です。

わたしは、形式だけの差別化よりも、
コツコツ情報発信をして
人間として選んでもらうほうがイイなと思います。

まとめ

電子書籍で差別化をして治療院の集客をするとき、
2つの側面があります。

ひとつは、出版すること自体での差別化。
これは、他との違いという点で有効ですが、
あくまで表面的な違いでしかありません。

もうひとつは、
書籍の中であなたという人間を理解してもらう
ことでの差別化。

ただ情報を与えるだけの書籍ではなく、
ストーリーを上手に織り込むことで
「あなたがイイ!」
という人を集めることができます。

せっかく治療をするなら
他のだれでもない、
自分をイイと思ってくれるひとと末永くお付き合いしたいですよね。

【 NEW 】開業して22年の経験を、あとに続く治療家やセラピストの方のヒントとなるように、まとめてみました。

 他院と比較をされず
 通うことへの抵抗感を減らして
 あたりまえのように通ってもらう

そんな施術メニューのつくりかたのコツを知りたい方は、こちらをお読みください。