治療院の集客に向いているのはどの情報発信?

これからの治療院の集客には情報発信がカギ

なんて言われて
「自分も情報発信しなきゃ」と思っても、
どこに何を発信すればいいのか分からないですよね。

今回は、
治療院の集客目的に情報発信をしようと思ったら、どんな方法が合っているのか
についてお伝えします。

「いざ情報発信を始めてみたけれど、なんだか、このやり方合ってないみたい…」

となる前に、読んでみてください。

治療院集客に向いている情報発信の方法

ひとくちに情報発信と言っても

電子書籍
オウンドメディア
ブログ
メルマガ
ホームページ
SNS
YouTube

など、方法がたくさんあります。

そのなかでも、治療院の集客のために情報発信をするなら、
続けること
が一番大事。

ということは、
続けられる方法
を選べばいいんです。

それぞれのメディアには特徴があるので、
あなたが続けられそうなメディアを探してみましょう。

メディアによって特徴がある

たとえば。

発信者にも受信者にもなれて
不特定多数の人と双方向のやり取りができるのが特徴の、
SNS。

そこに、
オウンドメディアで書くような
3,000文字くらいのお役立ち情報を載せても

なんだこれ?

と見向きもされないでしょう。

SNSは
コミュニケーションメディアとして使っている人が多いので、
短めの文章で
あたかも会話をしているような内容だと
読み手の感覚にも馴染みます。

逆に、プライベート感満載のブログのような内容を
つらつらと綴って
電子書籍にまとめても、

よほどの有名人ではない限り
やっぱり

なんだこれ?

と思ってしまいます。

このように、
情報発信のために使うメディアによって、
ある程度書く内容が分かれてきます。

あなたは、どんな発信内容なら続けられそうですか?

いちばん簡単な答えの探し方は、
あなたが
「イイな」
と感じて、つい読んでしまったものが答えになります。

好きな発信をマネする

あなたがこれまでに「イイな」と感じた情報発信って、何かありますか?

なぜが目を止めて読んでしまった
電子書籍
ブログ記事
SNSの投稿
などが、
あなたの感覚にピタッと合っている発信となります。

その発信と同じような内容を書いて、発信する。つまり、真似をするってことですね。

そうすると、
あなたと同じ感覚を持った人に
読んでもらえます。

そこから集客につなげると、価値観が似ているので「ファン化」しやすいんです。

最初は、
あなたの感覚に合った発信の真似をして、
少しずつ情報発信に慣れていけばいいと思います。

わたしは電子書籍の専門家なので、声を大にして
「治療院の集客につなげるには、電子書籍がおすすめです!」
と言いたいのですが最初は

ブログでも
SNSでも
メルマガでも

自分の書きやすいところから
入っていけばいいと思います。

まずは書きやすい、自分の好きだと感じる情報発信を続けましょう。

情報発信による集客は続けたもの勝ち

治療院の集客を目的として情報発信をするとき、秘訣をひとつ挙げるなら、
わたしは迷うことなく

「続けること」

と答えます。
そのくらい、発信し続けることはパワーになりますし、難しい。

ですから、続けるためには
続けやすい方法を探すのも大事なんです。

あなたが「イイな」と感じたのが

ブログ

なら、ブログを書き始めればいいし、

電子書籍

なら、10,000文字くらいを目安に
原稿を書いてみればいいと思います。

ひとつのメディアを決めて
しばらく続けていれば
情報を発信することに慣れてきます。

コンテンツも溜まってきます。

そうしたら、溜まったコンテンツを
別のメディアに合わせて
リライトすればいいんです。

リライトというのは書き直しですが、
それぞれのメディアに合わせた

文章量
文体
内容

にアレンジすればいいってことですね。
デジタルコンテンツの長所は、使い回しができるところ。

まずは一点突破で、
書きやすいメディアで書き進めて、
そこから幅を広げていきましょう。

そうすれば、
無理なく続けられます。

まとめ

情報発信による治療院の集客で大事なのは、続けること。

そのための第一歩は
無理なく、
あなたが文章を書いていて楽しいと感じる方法を選びましょう。

【 NEW 】開業して22年の経験を、あとに続く治療家やセラピストの方のヒントとなるように、まとめてみました。

 他院と比較をされず
 通うことへの抵抗感を減らして
 あたりまえのように通ってもらう

そんな施術メニューのつくりかたのコツを知りたい方は、こちらをお読みください。