7日間で電子書籍つくっちゃおう! 【 2日目 】

こんにちは、電子書籍つくろう!プログラムを主宰している伊東 歩です。

今回は【7日間で電子書籍つくっちゃおう!】の2日目です。

1日目と同じく、記事の最後に講座のまとめ動画がありますので、メルマガでお伝えしたパスワードを入力してごらんください。

電子書籍のテーマを決めよう

テーマが広いと書きにくい

テーマというのは、「何について書くのか」ということです。

治療家やセラピストであれば、美容・健康がテーマにしやすいですね。ただ、美容・健康では範囲が広すぎます。
テーマの範囲が広いと、焦点が定まらないので書きにくく、読者の興味も薄らいでしまいます。
ですから、もう少し絞り込みましょう。

ではどうやってテーマを絞り込むか。

それは、あなたがいちばん得意な専門分野に絞ってください。
例えば、「腰痛の治し方」「ほうれい線を目立たなくする方法」などが挙げられます。

あなたが普段、クライアントさんに施術をしていて、知識と経験があり、いろいろなセルフケアを提案できるようなことをテーマに選びましょう。

電子書籍ならではの戦略

そして電子書籍の場合は、もっと絞っても大丈夫です。

「前屈したときにズキンと痛みが走る腰痛の改善」
「片方だけほうれい線が目立つときの対処法」

など。
書店に並ぶ本では、ここまでテーマを絞ることはできません。紙の本をつくるためには、出版社、印刷製本の会社、取次、書店など、多くの人が関わっているので、ある程度の部数を売らなければなりませんから。

でも電子書籍は、あなただけのもの。
発行部数が少なくても、特定の読者に刺さればいいのです。

電子書籍の強みは、ニッチな狭い分野で第一人者となれること。

前屈腰痛の本など、ほかに誰も出していないような狭い分野で出版していると、必ずあなたを見つける人が出てきます。
そして電子書籍はオンライン上の情報として扱われるので、GoogleやYahoo、Amazonなどで見つけてもらうことができます。

前屈腰痛で困っているひとが、あなたの本をみつけたら
「こんな本を待っていたんだよ」
と嬉しくなるでしょう。

そして書いてあることを隅から隅まで読み、最終的にはあなたにコンタクトを取ってきます。
ですから、電子書籍のテーマを絞り込んで、狭い分野で第一人者だと認知してもらう戦略を立てることもできます。

今回の【7日間で電子書籍つくっちゃおう!】では、最短で電子書籍をつくって、クライアントさんが簡単に読めるように、ロマンサーという電子書籍閲覧サイトに本を掲載する方法をお伝えします。

もしAmazonから本を出版したい場合は、ロマンサーでつくった原稿を、そのままAmazonに入稿すれば、出版することができます。
ニッチな分野で一位を獲る戦略であれば、それもアリだと思います。

テーマは見込み客の「悩み」

あなたは、どんなテーマで本を書きますか?
基本的に読者は、悩みや困りごとを解決するために本を読みます。ですからあなたは、

「こんな悩みの改善方法については、詳しいし経験もある」

というテーマを探してみましょう。
まずは思いつくままに何個も書き出してみて、その中からひとつ選んでください。

テーマ選びに悩んでいたら、こんな記事が役に立ちます。

『電子書籍で集客するならポジショニングが決め手』
https://cotoba.kireinomi.com/ebook-posison/

『治療家が集客するときにハズしちゃダメなこと』
https://cotoba.kireinomi.com/chiryouka-syuukyaku-hazusu/

『○○専門治療院として地域ぶっちぎりNo.1を売りに集客する』
https://cotoba.kireinomi.com/senmon-no1-syuukyaku/

次回の講義では、電子書籍づくりでいちばん大事な『文章の構成』を決めましょう。

 

動画のパスワードはメルマガでお伝えしています。

「メルマガを読んでみたい!」
というかたは、↓↓↓コチラ↓↓↓ からどうぞ。

無料のチャレンジ企画【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ちょっと頑張れば、ずっと集客に使える便利なツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください