7日間で電子書籍つくっちゃおう! 【 1日目 】

こんにちは、電子書籍つくろう!プログラムを主宰している伊東 歩です。

【7日間で電子書籍つくっちゃおう!】へのチャレンジ、ありがとうございます!

この記事の最後に、講座のまとめ動画がありますので、メルマガでお伝えしたパスワードを入力してごらんください。

この無料プログラムは、タイトルそのまま。
治療家やセラピストのかたが、新規集客や既存客の掘り起こしのために使える電子書籍を、7日間でつくってみようという企画です。

電子書籍のつくりかた

「7日間でできる?」と思うかもしれませんが、できちゃいます。

まずは7日間で短い本をつくって、そのあとは、あなたが気が向いた時にページを増やせばいいだけ。

イメージとしては、この7日間でA4のファイルの外側と、ファイルの中身を1ページだけ作っておく。
あとは少しずつファイルの中身を追加して、本として充実させていく感じです。

これは、電子書籍ならではのつくり方。もし、紙の本なら、一旦完成したあとに追加するなんて、できませんからね。

電子書籍なら、いくらでもあとから修正できますので、気軽につくってみましょう。

電子書籍が完成したら

といっても、目標が無いとつまらないと思います。

ということで、頑張って本を完成させたかたに、わたしが直接「文章のクセ直し」をさせていただきます。

編集者としての経験から、「ココ、いいですね!」「ココは、クセが出ちゃってますね」など、気がついたことを伝えさせていただきます。
もちろん希望されればの話です。

他人が読んで違和感のある文章でも、自分のクセってなかなか気がつきません。そして、大人になってから自分の書いた文章について意見をもらうことも少なくなる。

でも、いちどクセに気がついたひとは、そのあと自分で修正するようになるので、だんだんと
「読みやすい」
「読んでもらえる」
「気がついたら全部読んでいる」
文章が書けるようになります。

ぜひこの機会をご利用ください。

電子書籍を使って集客する方法

今回は第一回目なので、「電子書籍なんてつくって、意味あるの? 役に立つの?」という根本的なことをお伝えします。

せっかく時間を使って電子書籍をつくるなら、集客をしたり、既存顧客を掘り起こしたり、ブランディングに利用するなど、ビジネスの役に立たなければ意味がないですからね。

電子書籍とは

そもそも、電子書籍って何?と思いませんでしたか?

そうなんです。
電子書籍と聞いて、よくは分からないけれど、本なんだろうなとは分かる。

ここが、ポイントになります。

本をつくる手間を比べると、書店に並ぶ紙の本と電子書籍の差は大きいです。
でも、少なくともクライアントさんにとっては、「本」という認識をしてもらえる。

つまり、出版するのが大変な紙の本も、かんたんに作れる電子書籍も、クライアントさんにとっては同じ「本」なんです。

私は鍼灸師として、今も日々施術にあたっていますが、「電子書籍をつくったんです」とクライアントさんに伝えると、「すごいね~先生!」と言われます。
電子書籍って何なんだろうとは、気にしていない。「本を書いた」というインパクトだけが脳に刻まれます。

中にはお世辞で言ってくれるひともいるでしょう。たぶん。

それでも、「本を出してる先生が近くにいるから、一回みてもらいなよ」と紹介されて来院するひとがいたり、最初の問診時に「先生の本、読みました」と話してくれるのを聞くと、電子書籍をつくって良かったなと思います。

電子書籍を宣伝に使う

自分の周りに本を書いているひとなんていないので、珍しく、話題にも上がりやすいんでしょう。

まだまだ電子書籍をつくる人が少ないうちに、地域の人にインパクトを与えておけば、
「本を出している先生」というイメージが定着していきます。

わたしの場合は、そのイメージを根付かせるために、ホームページやブログ、メルマガだけではなく、チラシや店頭ボード、院内掲示、紹介カード、ニュースレターなど、すべての媒体に出版した本の表紙を載せてあります。

電子書籍を一冊つくっておくだけで、あとはずっと宣伝に使えます。

ブログやメルマガなどを続けるのが苦手だけど、情報発信はしたいというひとには、電子書籍がおすすめ。

あなたも、この講座でつくった電子書籍を、とにかくいろんな所に露出させてください。
お試し体験や割引キャンペーンなど見慣れたキャッチコピーには反応しなくても、本のインパクトがあれば、読んだ人に「あれっ、このひと、ちょっと普通の先生と違うな」っと思わせることができますから。

これで、見込み客からの反応がガラッと変わってきます。

他にも、ビジネスに活かす方法は、↓↓こちらの記事↓↓が参考になります。

治療家がネット集客するなら電子書籍がおすすめな理由
https://cotoba.kireinomi.com/chiryouka-syuukyaku-net/

治療家・セラピストの集客にとって電子書籍は「広まらないほうがいい」
https://cotoba.kireinomi.com/chiryouka-ebook-hiromaranai/

「差別化するなら電子書籍」と言われる2つの理由
https://cotoba.kireinomi.com/sabetuka-riyuu/

治療家・セラピストの集客の極意【楽して儲ける】の本当の意味が知りたい!
https://cotoba.kireinomi.com/chiryouka-syuukyaku-rakusite/

電子書籍の魅力は【ブランディング】だけじゃない
https://cotoba.kireinomi.com/miryoku-ebook2/

文章が苦手でも電子書籍はつくれる

あ、大事なコトを言い忘れてました。「文章が苦手なんだけど…」という心配はご無用。

【 電子書籍つくろう!プログラム】のシリーズすべてが、「上手な文章を書く」ことを目的にしていません。

普段の会話を文章にすればいい

私たち治療家やセラピストが電子書籍をつくるのは、濃いファンを集客して、安定した経営をすることが目的。けっして、文学賞に応募するわけではありません。

あなたは、ふだん接しているクライアントさんに話すように書けばいいだけです。
安心してください。

だって私自身が文章が苦手で、編集者時代、編集長からダメ出しばかり食らっていたんですから。

【伊東 歩のプロフィール】

ですから、エラそうに上手な文章表現なんて教えられません。わたしが教えられるのは、この3つだけ。

  • あなたの人となりを伝える
  • 専門家として信頼を得る
  • ずっと使える集客ツールとして出版(done is better than perfect!)

【7日間で電子書籍つくっちゃおう!】第一日目の講義は、ここまでにしましょう。記事を参考に、電子書籍が完成してから、どうやってビジネスに活かすのかをイメージしておいてください。

次回は、あなたの電子書籍のテーマを決めます!

動画のパスワードはメルマガでお伝えしています。

「メルマガを読んでみたい!」
というかたは、↓↓↓コチラ↓↓↓ からどうぞ。

無料のチャレンジ企画【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ちょっと頑張れば、ずっと集客に使える便利なツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください