治療院・整体院・サロンがリスティング広告を無料で使う裏ワザ

あなたが治療院や整体院のオーナーだったとして、

集客のための広告を打とうかなと思ったら
どこに広告を出しますか?

折り込みチラシ?
フリーペーパー?
facebook広告?
思いきって雑誌の記事広告?

そんな候補の中に、
リスティング広告も入るのではないでしょうか。

今回は、
リスティング広告に無料で広告を出しちゃおうという話です。 

しかも、見込み客の99%を占める
今すぐ客以外のひととの接点も持ててしまう
というオマケ付き。

さっそく読んでみましょう!

リスティング広告とは

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

冒頭でお伝えしたように、
治療院・整体院集客のために広告を打つ場合、
チラシやフリーペーパー、facebook以外に
リスティング広告という方法があります。

リスティング広告というのはPPC 広告の一種で、「検索連動型広告」とも呼ばれ
Yahooや Googleのような 検索エンジンの
検索結果に表示される 広告のことです。

きっと
あなたも見たことのある、コレ。

 

ちいさく、「広告」って入ってますよね。
とてもちっちゃ~く。

まあこれが狙いで、
あからさまに「これは広告ですよ」と知らせたくないんですね。

たとえば「水太り」というキーワードで検索したひとが、
「水太りについて役に立つ情報かな?」
と思ってクリックしてくれるのを
狙っているわけです。

そうして広告がクリックされると、googleやYahooに
「チャリーン」
とお金が入るという仕組みです。

広告主であるあなたは
クリックされるたびに広告費を払わなければなりませんが、
表示されただけで、クリックされなければ
お金はかかりません。

これがPPC広告(Pay Per Clickの略称)のしくみで、
「クリック課金型広告」とも呼ばれています。

検索上位に入るのは時間と手間がかかる

そんなの、
なにもわざわざ広告を出さなくても、
ブログやオウンドメディアで「水太り」について良い記事を書けば
検索結果に表示されるんじゃないの?

というひとも、中にはいらっしゃるかも知れませんね。

これがなかなか難しい…

わたしが運営しているオウンドメディア『キレイの実』で
「水太り」のキーワードを狙った記事を書いても、
10位~20位のあたりを行ったり来たり。

つまり、「水太り」で検索しても
2ページ目
にしか表示されないのです。

2ページ目に載っている記事なんて、
よほどのことが無いと見てもらえません。

ここからさらに
検索の上位に表示しようと思うと、
かなりの時間と手間がかかります。

でも、似たようなキーワードで
「固太り」
というのがありますが、このキーワードを狙った記事だと
1位~5位あたりで表示されます。

ということは
1ページ目に表示されますので、
クリックして記事を読んでもらえる確率は
ぐっと高くなります。

「水太り」の記事も
「固太り」の記事も、
同じくらいの情報量で、書いた時期もほぼ同じ。

なにが違うのかというと、
ライバルの数。

同じキーワードで
たくさんのライバルが記事を書いていれば、
順位はなかなか上がりません。

この
ライバルが少ない
というのがポイントになりますので、
覚えておいてください。

リスティング広告の使い方

たとえばあなたが、
横浜で整体院を開業しているとします。

そして新しいメニューとして、
痩身、つまりダイエットを目的とした施術の集客をしたい場合。

「ダイエット 横浜」

というキーワードでリスティング広告を出せば、
横浜地域でダイエットできるところを探しているひとに
あなたの整体院の広告を表示させることができます。

※ キーワードに地域名を入れる方法と、IPアドレスに紐づくエリア配信をする方法がありますが、基本的な考え方は同じです

でも、ダイエットを売りにしているライバルって
すごく多いですよね。

整体院に限らず、

・エステサロン
・スポーツクラブ
・薬局
・美容外科
・ダイエットグッズ販売点
・サプリメント販売店

などが、ダイエットという大きな市場を狙って
あなたと同じように
リスティング広告を出してきます。

するとリスティング広告は入札制なので、
1クリックあたりの金額を
高く設定したひとから順番に表示されます。

資金が潤沢な企業ならまだしも、
個人で運営している
治療家や整体師、セラピストにとっては
広告費が重くのしかかるでしょう。

ニッチなキーワードを狙え

そんなときは、
キーワードを絞りましょう。

さきほどの
「ダイエット 横浜」というキーワードよりも

「ダイエット 横浜 整体院」とするだけでも、
かなりライバルが減ります。

さらに、ダイエットといっても
悩みの種類や解消法はたくさんあります。

そのなかでも、水太りに悩んでいるひとに絞って

「水太り 解消 横浜 整体院」

というキーワードに広告を出せば、
広告費も低く抑えられるし、訴求力もあがる。

訴求力というのは、たとえば

水太りに悩んでいるひとにしてみれば、
ダイエット全般を扱っている整体院より
水太りに詳しい整体院のほうが魅力的ということです。

『ダイエット』
というマーケットの大きいキーワードに広告を出すと、
広告費が高いわりに、訴求力が低い。

『水太り』
というマーケットの小さいキーワードに広告を出すと、
広告費も安いし、訴求力が高い。

これが、
リスティング広告に出稿するときのコツです。

ただこれだと、

今すぐ客だけしか集客できない
という問題が残ってしまいます。

「今すぐ水太りを解消してくれる、横浜の整体院を探している」
ひとだけに刺さる広告になります。

数が少なくなってしまうんですね。

しかも安く抑えられるとはいえ、広告費もかかる。

そこで、
リスティング広告を無料で使い、
しかも
見込み客全体を取りこんでしまえる裏技の出番です。

リスティング広告を無料で使う方法

今すぐ客以外の見込み客が狙える

一般的に、リスティング広告を使う場合、

「ダイエット 整体院 横浜」
「水太り 解消 整体院 横浜」

など絞り込んだキーワードを狙ったほうが、
今すぐサービスを求めているひとに刺さる
広告となります。

ただ、その今すぐ客の数は、少ないでしょう。
「今すぐ水太りを解消してくれる、横浜の整体院を探している」
ひとが、あなたの地域でどのくらいの数いるのかが問題です。

でも、もし「水太り」という単独のキーワードで、
あなたと見込み客が接点を持てたら?

『水太り』
というキーワードで検索しているひとは、

① 今すぐ水太りを解消したいので、施術してくれるところを探しているひと。

② 「わたしって、もしかして水太り?」と気になって調べているひと。

③ 自分が水太りだと自覚しているので、解消できる体操を探しているひと。

④ 水太り解消におすすめの、お茶を探しているひと。

などさまざまですが、
「水太り 整体院 横浜」
などと入力するのは、①の今すぐ客だけ。

②③④のひとは、
「水太り とは」
「水太り 体操 簡単」 
「水太り 解消法 お茶」
などと検索をします。

じつは見込み客には段階というのがあって、
①の今すぐ客、つまり
リスティング広告でみんなが狙う客というのは
見込み客全体の、1パーセントほど。

そのほか99パーセントは、
②③④を探しているような段階の見込み客なのです。

見込み客の段階

ちょっと、こちらの図をごらんください。

このように、見込み客には
・あなたの施術への必要性
・あなたの施術への欲求
の高い低いによって、段階があるんです。

もし、さきほどの②③④のような
見込み客の99%を占める人たちと接点を持って、
あなたの施術への必要性や欲求を高めてあげれば、
今すぐ客へと育てることができます。

そのためには、

「水太り とは」
「水太り 体操 簡単」 
「水太り 解消法 お茶」

というキーワードで検索したとき、
あなたと接点を持てるようにしておかなければ
育てようがありません。

そこで!裏技。

Amazonのリスティング広告に載せる

あなたがAmazonから電子書籍を出版すると、
Amazonはあなたの本を売ろうとしてくれます。

それがAmazonの利益につながりますからね。

じゃあ、Amazonはどうやって売るのかというと、
リスティング広告を使います。

たとえばあなたが「水太り」についての本を出したとします。
するとAmazonは、「水太り」というキーワードで検索しているひとに対して、

「うちには水太りについて、こんな商品を扱っていますよ」

とリスティング広告をかけるのですが、
そのなかであなたの本を紹介してくれるんですね。

つまり、
まだ水太り解消のために施術を受けようと思っていない段階の見込み客が、
セルフケアやお茶、そもそも自分が水太りなのかなど
色々知りたいと思って
「水太り」
というキーワードで検索すると、次のような検索結果が表示されます。

すると、
いちばん上にAmazonの広告が表示されています。

「なにがあるのかな」
とクリックしてみると、次のような販売ページにリンクします。

水太りに関する本やグッズが並んでいます。

あなたが水太りについての本をAmazonから出していれば、
ここに表示されます。

しかも、メインテーマであれば
上位に並べてくれます。

わたしの場合、
「水太り」というキーワードをサブタイトルに入れておいたので、
いちばん見やすいところに並べてもらえました。

これはAmazonが本を売ろうと
勝手にしていることなので、いっさい広告費は払っていません。

なのに、あなたが狙っている見込み客が知りたい情報の
検索の1ページ目に
あなたへのアクセスポイントをつくることができるんです。

あなたの本を読めば、
読者はあなたについて深く知ることができます。

ホームページやブログよりも、
一冊の本を読むことは、
読者との距離を「ぐっと」近づけてくれます。

そこで、本に書いてあった
あなたの治療院に電話をかけてくるひともいるでしょう。

もう少し知りたいと思う人は、
本にリンクが貼ってあったホームページで料金を確認したり、
メルマガに登録するひともいるでしょう。

このあたりの戦略は、こちらの記事を参考にしてみてください。

治療家・セラピストの集客の極意【楽して儲ける】の本当の意味が知りたい!

まとめ

リスティング広告の広告費は
以前に比べてずいぶん高くなりました。

ひとつのキーワードに、ライバルが集まれば集まるほど、
この傾向は続くでしょう。

そして治療家、整体師、セラピストの業界は
飽和状態。

そんな中でどうやって広告で治療院や整体院の集客をするのか、
考えなければなりません。

じゃないと、せっかくの広告費が無駄になってしまいますからね。

Amazonのリスティング広告を利用するのは、
そのひとつの方法です。

なにより、電子書籍をつくるのは楽しいですから、
あなたも一緒につくってみましょう!

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます