治療家が出版する電子書籍のタイトルは「わかりやすさ」が大事

先日の『電子書籍つくろう! ワークショップ』で
「タイトルが決まらないんです~」
と悶々としている方がいらっしゃいました。

たしかに、すぐに変えられるブログやメルマガのタイトルと違って
本のタイトルって

ちゃんとつけなきゃ!

と思ってしまいますよね。

ということで今回は、
電子書籍のタイトルをつけるときのコツについてお伝えします。

電子書籍タイトルの特徴

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

本のタイトルを考えるまえに、
電子書籍のタイトルの特徴について知っておきましょう。

そうすると、タイトルが浮かんできやすくなります。

タイトルを表示してくれる

電子書籍の場合、AmazonやiBooksなどの販売プラットフォームに並ぶと
本の表紙とは別にタイトルを表示してくれます。

上の画像でいうと、青い文字の部分ですね。
これってかなり、表紙をつくるときに楽なんです。

というのも、

読者の興味を惹くような目立つ表紙にしたい!

けど

タイトルやサブタイトルの文字が読みにくくなっちゃダメ!

というジレンマから解放されるからです。

タイトル文字を読みやすくしようと思うと、
表紙と色がかぶらないようにしなきゃいけない。

そうすると色使いが制限されます。

単色ならまだしも、カラー写真を入れようと思ったら大変。
いろんな色があるので、文字に縁取りを入れたり囲ったりしなきゃなりません。

すると、なんだかカッコ悪い…

でも電子書籍なら、表紙とは別にタイトルを表示してくれるので
あまり読みやすさにこだわらなくていい。

しかも、どんなに長くても全部表示してくれる!

あなたは「ビリギャル」って
覚えていますか?

正式には
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
というタイトルで2013年に書籍化された
坪田信貴さんの書かれた本です。

映画化された有村架純さん主演の作品を、
娘につき合わされて観に行ったのを覚えています。

このような長いタイトルでも、しっかりと全部表示してくれるのです。

背表紙がない

もうひとつ、タイトルに関して電子書籍の特徴を挙げると、
背表紙がありません。

背表紙というのは、本の厚みと同じ幅の
細長い部分です。

この背表紙、本来
本を売るためにはとっても大事なんです。

だって、最初っから平積みになるような話題性のある本なら
どど~ん
と表紙が見えるので買ってもらいやすいですよ。

でも、
平凡な私たちが本を出版したところで本棚に並べばラッキー。

そしてその本棚では、背表紙という細長い部分で他の本と戦わなければ
自分の本を買ってもらえません。

ですから、背表紙を見てパッとタイトルが読めることは
必須条件でした。

つまり、短いタイトルのほうが有利だったんです。

だけど電子書籍は
すべて平積み状態。

すべての本の表紙が
どど~ん
と見えるようになっています。

ですから、タイトルの文字数は気にしなくてもいいんです。

商業出版なら狭い背表紙の中にタイトルを詰め込まなきゃなりませんが、
電子書籍は気にしなくて大丈夫。

つまり、
〇 電子書籍のタイトルは表紙とは別に全文が表示される
〇 背表紙にタイトルを詰め込まなくていい
ことを考えると、長いタイトルがつけやすくなったんです。

電子書籍のタイトルのつけ方

個人的には、本のタイトルは短いほうが難しいと感じます。
少ない文字数で本の内容を表現しなければならないから。

誤解されないように、本を必要としている人が選びやすいように言葉を選ぶのは、
楽しいけど、難しいです…。

もし長くてもイイなら、そのほうが説明しやすいです。

長いタイトルを
「芸がない」
とする評論家のひともいるようですが、わたしたち治療家が本を出版するのは
文芸賞を獲るためじゃないですからね。

気にしません。

治療家に限らず、なんらかの専門家が電子書籍のタイトルをつけるときは
わかりやすさ重視でいきましょう。

長いタイトルで「わかりやすく」

先ほどの
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』
という本のタイトル、誤解のしようがありません。

どんな内容なのかはっきり分かります。
ちなにみ、そのお母さんが出した本がコレ!

これまた、内容がハッキリと分かるタイトルですね。
悩んだら、これでいきましょう。

読者は、自分の欲しがっている情報が
本にちゃんと書いてあるのか気になります。

お金も時間も無駄にしたくないですから。

そこで、「ひねり」はないけれど
内容が分かりやすいタイトルがあれば、選ぶ理由がひとつできます。

何かを買うとき、選ぶ理由を足し算していき
一定量たまったら購買につながるという行動心理を考えると、
分かりやすいタイトルは武器になります。

具体的なタイトルで「わかりやすく」

長ければわかりやすいかっていうと
そうとも言えません。

曖昧だったり抽象的だったりして
ぼや~っ
としたタイトルでは、内容が伝わりませんよね。

たとえば
『整体師が教える腰痛に悩んでいるひとが楽になるための方法』
というタイトル。

たしかに書いてあることを説明してありますが、
よく考えるとありきたりな内容だなと感じます。

かと言って、もっと具体的にして
『施術歴20年の整体師がクライアントだけに教えてきた腰を反ると痛くなるタイプの腰痛を70%楽にするツボとストレッチを組み合わせた3分セルフケア』
とかだと、わけが分からない。

まあ何でもアリなので、わたしは
他に似たようなタイトルがなければ面白いなと思いますが。

もう少しさっぱりしたいなと思ったら、
どこかにポイントを絞りましょう。

たとえば痛む姿勢に焦点を当てると
『腰を反るとビリビリとした痛みが脚まで走る腰痛を楽にする方法』
とすることもできます。

もし本をつくるまえの段階なら、本のテーマ自体を絞り込むことも効果的。
電子書籍ならではの戦略で、ニッチマーケットで一位を獲ることも可能です。

インパクトと「わかりやすさ」の組み合わせ

電子書籍のタイトルはわかりやすさが大事ですが、それだけだと弱い場合もあります。
本の内容が透けて見えすぎると

期待感がありません。

そこでサブタイトルの出番。
分かりやすいタイトルと、「何だソレ?」と興味をそそるサブタイトル。

この組み合わせで、お互いの長所を活かしたタイトルを考えましょう。

まとめ

治療家や整体師、セラピストが電子書籍を出版するなら、分かりやすいタイトルをつけましょう。
そのとき、タイトルの長さは気にしなくても大丈夫です。

でも。
ただ長くダラダラと説明するのではなく、

〇 ポイントを絞って
〇 具体的に

書くのがタイトルをつけるときのコツです。

電子書籍つくろう!ワークショップでも、
『電子書籍のタイトルをいっしょに考えよう!』
という回もありますので、のぞいてみてください。

では。

そして、コチラの記事もおすすめです。↓↓↓

治療家・セラピスト専用の無料チャレンジ企画
【7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!】

ブログやメルマガみたいに継続しなくてもいい。

ちょっと頑張れば、ずっと使える便利な集客ツールのつくりかたは、

こちらの記事『7日間で新しい集客ツールをひとつ作っちゃおう!』をご覧ください