治療院の集客に効果的! ブログやメルマガを「である調」で書いてみよう

電子書籍づくりをお手伝いしていると、
語尾で迷っている治療院の先生がいらっしゃいます。

俗に言う、「ですます調」「である調」問題ですね。

そんなときにお伝えするアドバイスについて、今回は書こうと思います。
無難な道を選ぶか、アニキ・アネゴを目指すか、あなたはどちらを選びますか??

ブログやメルマガでイメージづくり

語尾ひとつで印象が変わる

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

まずは、つぎの文章を読んでみてください。

腰痛治療で重要なのは、背骨と骨盤だ。
なぜなら、いくら筋肉を揉みほぐしても、土台である背骨、そして骨盤が歪んでいたら、すぐに元に戻ってしまうからである。

腰痛治療で重要なのは、背骨と骨盤です。
なぜなら、いくら筋肉を揉みほぐしても、土台である背骨、そして骨盤が歪んでいたら、すぐに元に戻ってしまうからです。

どうでしょうか?
だいぶ印象が違いますよね。

そして、どんな印象を持ちました?

最初の「である調」の文章からは、威厳のある専門家というイメージが湧いてきます。自信に満ち溢れている感じがしますが、上から目線と感じる人もいるでしょう。

一方、ふたつ目の「ですます調」の文章からは、丁寧さ、おだやかさを感じます。である調と比べると、余計にそう感じますよね。

無難な「ですます調」

わたしも含め、ほとんどのひとは「ですます調」を使っています。なぜなら

無難だから。

「である調」を使っていると、どうしても「偉そう」というイメージを持たれやすいです。

これは諸刃の剣。
威厳・自信・頼りになるというプラスイメージもありますが、
多くの場合、「なんだこいつ、偉そうにしやがって」というようなマイナスイメージを持たれてしまいます。

嫌われるリスクを取るより、無難な言葉遣いを選ぶのは賢明だと思います。

でも、もっと賢明なひとは
「である調」で攻めます。

集客力のある「である調」

治療院の集客には、大事な要素っていろいろあります。

治療の技術や店舗の雰囲気、料金、立地、利便性など。

でも、見込み客が最終的に経営を支えてくれるリピーターになってくれるかどうかは、

ひと

です。直接クライアントと接するひとの違いが、
見込み客 → 顧客 → リピーター へと育つかどうかに大きく影響します。

体力のある多店舗経営をしているなら、そこまで考える必要はないかもしれません。

割引きやお試しなど、大きくキャンペーンを打って数を集めて、そこから仕組みの中でリピートにつなげていくという戦略が立てられます。

ただ、一人治療院や整体院、小規模サロンであれば、

ひと

による集客、顧客化、ファン化の戦略をとるほうが堅いです。

その戦略のひとつが、「である調」によるイメージづくり。

分かりやすく例えると、

女性なら「天海祐希」さん、
男性なら「渡辺謙」さん

のようなキャラクターで、あなたを世の中に売っていくということです。

「である調」で集客できる条件

あなたのターゲットは何歳?

「である調」を使って、あなたという存在を際立たせるには、条件があります。

  • 何歳くらいの見込み客を集めたいのか
  • あなた自身が何歳か

このふたつを考えてください。

一般的に、自分より若いひとから「である調」で話されると、カチンときます。

テレビ出演や本の出版、誰もが認める実績などの背景があるなら、別です。

もしあなたの理想の顧客(ペルソナ)の年齢が、自分よりも上なら、この戦略の難易度はぐっとアップします。

あなたのアニキ・アネゴ度は?

もうひとつ条件として挙げるのは、あなたの

アニキ・アネゴ度。

1人のひとの中には、
優しい面もあれば
冷たい面もある。そして
頼れるアニキ・アネゴといった面など
色々な側面があります。

ひとによって、それが表に出てくる割合が違うのですが、
あなたの中のアニキ・アネゴは、

よく顔を出しますか?

あるいは、たまにしか出てこなくても
アニキ・アネゴ的な自分が好き・ラク・面白い
と感じますか?

いくら集客のためとはいえ、無理をして自分をつくっても続きません。

アニキ・アネゴがひょこっと出たとき
「おお、こんなときの自分ってイイかも…」
と感じたことがあるなら、素質アリです。

そのイメージで押してみましょう。

イメージを統一する

基本は同じトーンで

1つのイメージを決めて、生み出すプロダクト・サービス・そして企業自体をそのイメージで統一するというのは、ブランディングと同じ。

ですから、例えばブログでは「である調」、メルマガでは「ですます調」だと見込み客にバラバラのイメージを与えてしまいます。

でもホームページは別。あくまで会社情報を伝える手段なので、ですます調でいきましょう。

それにしても、ホームページのトーンは、「である調」で統一したほうがいいですね。
言葉は「ですます」だけど、色や写真、説明、伝えるメッセージはアニキ・アネゴイメージに合わせるのです。

どれだけくみ取ってくれるか分かりませんが、センスのあるWeb作成業者なら、あなたのイメージに沿ったサイトを作成してくれるはずです。

文章とリアルのギャップを利用する

さきほど、同じトーンで統一しましょうとお伝えしました。
セオリーではそうなのですが、ギャップを使うのも効果的です。

文章ではアニキ・アネゴのように
ちょっとハードなイメージを持たせておいて、実は会ってみると優しいとかは、

使えます。

文章でのイメージが先行していると、普通にしていても「意外と親しみやすい」と思ってくれるんですね。

このパターンで何人も落としている(いや、見込み客ですよ…)鍼灸師の先生を、わたしはとても良く知っています。

ヤツは巧みだ…

「抜け」をつくる

あまり「きっちり」しすぎている人よりも、どこかに「抜け」があるほうが
魅力的です。

アニキ・アネゴのイメージでいくにしても、
全部完璧に、隙を無くさなくても大丈夫。

そんなひとは、いっしょに居ても息が詰まってしまいますからね。

治療・施術に関しては、ぐっと引っ張ってくれるキャラクターだけど、
普段はどこか抜けている。

そんなひとの周りには、ひとが集まっていますよね。

まとめ

治療院のブログやメルマガで集客するとき

「である調」

は武器になります。ただ、使い方を間違うと、ただの上から目線のイヤな先生になってしまうので、
気をつけてくださいね。

20年以上治療業をやってきて、この仕事は
人気商売だなってつくづく感じます。

最低ラインの技術があれば、あとは

ひと に ひと が集まってくるんだなって。

もっと早く、そこに気がついていればな…と、もうすぐ50歳のオッサンは思います。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます