治療院集客の秘訣【楽して儲ける】の本当の意味が知りたい!

治療院にとって【集客】は大きな悩みですよね。

もし、

「楽して儲けられますよ~」

と耳元でささやかれたら
どうします?

ついフラフラと吸い込まれてしまいますか??

わかりました。
ではこれから、

楽して儲かる治療院集客の秘訣をお伝えします。

治療院集客の秘訣

この記事を読んでいただいているひとの
9割のひとは、

「楽して儲けるなんて、そんなうまい話があるか!」
「きっと、何かウラがあって、何かを売りつけようとしてるんじゃないか?」

と怪しんでいると思います。
逆に怪しんでいない人は、変な業者にだまされないようにしてくださいね。

ファン・リピーターを育てること

もう、答えがでてしまいました。

あなたのサービスを気に入ってくれて
あなたの人柄に惚れて
繰り返し利用してくれるような

ファンを育てること。

しかも、たくさん。
そうすれば、楽に稼ぐことができます。

新規の集客はたいへん

だって、新しくお客さんを集めるのって

広告費用もかかるし
季節や景気の波に影響されるし
なにより

新しい関係を作っていくのって
神経を使いますよね。

たとえば治療をしていても、
「このくらいの自律神経の状態なら、
すこし多めの刺激でも大丈夫だろう」
と経験から判断しても、

やっぱり人によって反応が違う。
思うような結果が出ないこともある。

さらに、数回の治療を終わったころに
「実は胃も痛かったんですけど、ココに通うようになって楽になりました」
とか言われると、

え~っ?
どうして言ってくれなかった??
そんなにわたしって、信用ないですか???

となる。
がっかりというより、
知っていたら、もっと相手に合わせた治療ができたのに。

というか
人見知りのわたしは、新規に集客してきた人の治療は

とにかく緊張してしまう…

だから、なるべく新規集客したくない。
でも、自然減は避けられない。

なら、気心の知れた
ファンやリピーターを増やすしかない。

新規集客よりも楽だし
費用も掛からないので儲かります。

リピートする人しない人

ここに、マーケティングファネルというものがあります。

自分のビジネス、とくに集客を俯瞰してみるのに
便利なモデルです。

見ていただくと分かるように
下にいくにしたがって、細く絞り込まれています。

まるで、
「じょうご」
のようですね。

このじょうごの細くなったところが、
あなたの治療院の経営にとって大事な

コアなファン

が集まる場所になります。

治療家でもあり
経営者でもあるあなたの気持ちとしては、

せっかく集客した人みんながリピーターになってくれて
ずっと治療院に通ってくれればいいな

って思うじゃないですか。

だけど実際は…

お試し体験を実施してみたけど、
体験タダ乗りの人ばっかりだった。

とか

キャンペーンで価格を下げてみたけど
通常価格では治療を受けてくれなかった。

とか

広告を頑張って大きく打ってみたけど
増えたのは数日だけで、
別の治療院の広告が出たらそっちに流れた。

とか。

リピーターになってもらうって、難しいですよね。
ここでちょっと考えたいのですが、

そもそも、リピーターにならない人を集めてませんか?

ということです。

治療院集客の問題解決法

その1:ファン・リピーターになりそうな人を集める

おそらく
この記事を読んでもらっているひとは、

一人治療家や
個人で経営しているセラピストが多いと思います。

そうすると、
時間にも労力にも
限りがあります。

だから、無駄なことをしたくない。

だから、リピーターになりそうもない人にエネルギーを費やさないでください。

たとえば、初回のお試し体験。

お試しの体験に集客するための広告費用。
広告をつくるための時間。
お試し体験のために施術時間を空ける。
実際にお試し体験をする労力。

たとえそれが無駄になったとしても、
ビジネスをしていくなかでは
仕方がないかもしれません。

でも、なんとか効率よくならないものか…
リピートしてくれる人ばかりが集まってくれれば、無駄にならないのに…

だったら、

フィルターをかけましょう。

お金のフィルターが、いちばん分かりやすいです。

今まで無料だったものを
500円にするだけでも違います。

最初から無料の体験だけを目当てにしている人は、
たとえ500円でも払いません。

あるいは、
施術計画を伝えるのもフィルターになります。

本気で改善したいひとは、
ある程度の回数通うことを想定しています。

ですから、
「あなたの状態を改善するには、このくらいの回数と頻度で、施術が必要になります」
「もし体験してもらって、価値を感じてもらえた場合、通うことは可能ですか?」
と聞けば、体験タダ乗りの人は来ないでしょう。

情報発信の時点でフィルターをかける

体験ではなくて、
通常の施術でもフィルターをかけることは大事です。

あなたがエネルギーを注ぐべきなのは、
ファンやリピーターになってくれそうな人。

それなのに、
あなたに合わない人の予約が入っているために
リピーター候補の人が施術を受けられない。

一回限りで、もう来ない人に
問診や施術、説明にエネルギーを使って、
大事なリピーター候補の人のときには
疲れてしまっている。

こんなことにならないようにするには、
情報発信の時点でフィルターをかけましょう。

あなたが
● どんなことの専門家で
● どんな考え方を持っていて
● どんな経験があって
● どんな悩みを解決できて
● どんな人に来てもらいたいのか

などを、どんどん情報発信するのです。

すると、
それを目にした人は、自分に合っているかどうか判断できます。

自分の悩みは解決できそうにないなと感じたひとは、
電話もかけないでしょう。

逆に
自分の問題とあなたの解決方法が合っていると感じた人は、
電話をかけずにはいられません。

なぜなら、探していた人を見つけたのですから。

「何でも治しますよ」
という人より、

自分の症状や悩みにピッタリ合っている人に施術してもらいたいのは、
当然の心情ですからね。

ここで、もう一度ビジネスファネルを見てみましょう。

情報発信というのは、あなたと顧客の最初の接点になります。
この時点で、フィルターをかけるのは、

なんだか
もったいないように思えますよね。

でも、そうすることで最初から
「濃い」
見込み客が集まってきます。

さらに、
「濃い」
見込み客を増やすなら、情報発信を増やせばいいのです。
単純に接点が増えるので、このファネルで見ると

「じょうご」
が横に広がります。

すると、じょうごの出口であるファンの人数も増えてきます。

継続してあなたの施術を受けてくれるファンを増やせば、
治療院の経営は

楽になり、しかも安定して稼ぐことができるようになります。

その2:ファン・リピーターになるように育てる

集客の問題解決法のその1では、

あなたのお金と時間と労力を
リピーター候補に注力するためにフィルターをかけること

をお伝えしました。
とはいっても、せっかく出会った見込み客。

フィルターで絞り込むばっかりじゃ
能が無い。

ということで、
ちょっとでもファンになってくれそうな人を

濃~いファン

に育てることもやってみましょう。
おっと出ました、ファネル。

一番上が、潜在顧客。
まだあなたのサービスのことも知りませんが、悩みは抱えています。

「何か、自分の悩みを解決してくれる方法はないかな」
と探している段階なので、
情報発信をして役に立つ情報を知らせてあげましょう。

方法としては、
ホームページ・ブログ・オウンドメディア・電子書籍・YouTube・フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどのSNS

などが使えます。
わたしのイチオシは、とうぜん電子書籍。あとはオウンドメディア。

理由は、私が電子書籍をつくる専門家だから。

ではなくて、ストック型のメディアだからです。

アメブロなどのブログや、SNSの記事は、
いわば使い捨ての情報。

次から次へと新しい記事に押し流されて、消えていってしまいます。

でも電子書籍やオウンドメディアは、
ずーっとウェブ上に残って、蓄積していきます。

googleやYahooの検索結果にも載るし、
電子書籍ならAmazonのマーケティングも利用できる。

先ほど、集客の問題解決法のその1で、
「濃い」リピーター候補を増やすには、情報発信を増やして潜在顧客との接点を増やせばいい

とお伝えしました。

でも実際は、なかなか時間も元気もないですよね…
本業で疲れてしまってますから。

そこで、ストック型のメディアが良い理由。
ストックというくらいなので、資産になるんです。

一度発信した情報が蓄積するので、
書けば書いただけ情報が資産として貯まります。

こうして、多くの接点から集まった潜在顧客を、
今度はメルマガに登録してもらいましょう。

メルマガで顧客教育

潜在顧客との接点である様々なメディアは、
相手から探してもらうのを待っている

受け身のメディア。

対してメルマガは、
プッシュ型のメディア。

つまり、あなたから積極的に情報を発信できるのです。

今までは潜在顧客の役に立つ情報を発信していましたが、
こんどはあなた自身について、メルマガで伝えましょう。

その1でもお伝えしたように、あなたが

● どんな悩みを解決できて
● 何の専門家で
● どんな思いや考え方を持っていて
● どんな物語りがあって
● どんな人に来てもらいたいのか

などを、
メルマガのなかで伝えるのです。

そうすると、あなたと潜在顧客の関係が変わってきます。

ただの情報提供者だったあなたが、
生身の人間として感じられるようになってきます。

おっ、これでファンに一歩近づきました。

そして親近感を持ってくれたところで、
実際に会えるようにセッティングしましょう。

まるで、
ネットで知り合った異性と
恋人になるための段取りみたいですね…

そんな時は、最初からガツガツいかないで

「まずはちょっと会うだけ」
という誘いがいいですよね。

お試し体験とか、
健康教室とか、
イベントなどを企画するといいです。

潜在顧客から見込み客へ

実際にあなたに会って、
あなたのサービスの一端に触れた潜在顧客は、

もう見込み客となります。
かなり、あなたの提供するサービスに興味を持っています。

じゃあ、どのタイミングで

「付き合ってくださいっ」

と言うのか。
ではなく、どのタイミングで

「施術を受けてください」

と言うのか。
一番良いのは、感情が動いたタイミング。
つまり、あなたのサービスに触れて、

「おっ、いいかも」

と感じた瞬間です。
すかさず、予約をもらいましょう。

で、
もしそのタイミングで決めかねていたら

その日の夜にプッシュ。
「○○さん、本日はご来院いただき、ありがとうございました。いかがだったでしょうか?直接お会いしてみさせていただいたところ、○○さんの状態は、………」

というように、いつものメルマガではなく、
その人だけに向けた

スペシャルな内容のラブレターを送りましょう。

これでも返信がなければ、
引き続きいつものメルマガを届けるのです。

あなたが恋人にしようと思っている人は、
かなりの浮気者です。

お金だったり
時間だったり
流行りだったり
他のサロンだったり
他の解決方法だったり

とにかく誘惑が多いので
フラフラと迷っています。

ですから、見込み客の段階では
一回のチャンスであきらめないで
コツコツと

お役立ち情報と
あなたの情報を織り交ぜながら、
発信し続けましょう。

そうしていると、たとえば

「テレビで腰痛には筋膜が大事って言ってたのを聞いて、先生も同じことを言ってたなって思い出したんです」

って、
電話がかかってくるかもしれません。

一対一、つまり

あなたと見込み客だけのやりとりだと
相手も

「売ろうとして、上手いこと言ってるかも」

と警戒しますが、
第三者や権威者がすすめたり
同じようなことを言っていたりすると

説得力が出てきます。

ですから、
見込み客が何かのきっかけで
あなたをすぐに思い出せるように

メルマガで存在を忘れないようにしてもらいましょう。

継続的に通ってもらう仕組み

何の情報もなくて
たまたまサービスを受けた人と

あなたからの情報を
色々と受け取って、
あなたに信頼感と親近感を持ってサービスを受けた人とは、

「濃さ」

が違います。

当然、ファンやリピーターになりやすい。

ですが、油断しないでくださいね。
「釣った魚にエサはやらない」
では、
エサのあるところに逃げていってしまいます。

どうやったら
一度サービスを受けてくれた人が
通いやすいのか。

会員制システムにする?
割引券発行?
優先予約?
オプションプラン?

色々な施策が考えられますが、大事なことをひとつ。

「えこひいき」しましょう。

一度来ただけの顧客と
1年通ってくれているリピーター。

同じ扱いって、どうでしょうか。
自分だったら、どうでしょうか。

「えこひいき」のススメ

治療家やセラピストのひとに
けっこう多いのは

既存のお客さんより
新規のお客さんに
エネルギーを注いでしまうパターン。

どうですか??
心当たりがなければ、読み飛ばしてくださいね。

この記事のテーマでもあるように
既存のお客さんは

「楽に仕事ができる」んです。

カラダのこともある程度読めるし
プライベートのことも知っている。
気心が知れているので、楽ですよね。

そこに落とし穴があって、
つい

ないがしろ

にしてしまうことがあるんです。
そんな空気って、相手は敏感に感じます。

しかも、
リピーターの人と新規の人が
治療院で重なったとき。

ひとり治療家さんだと、
人の入れ替えのタイミングで
重なってしまうことがあると思います。

そんなとき。

施術を終えたリピーターさんへの応対もそこそこに、
新規の人に細かく話しかけている姿を見たら
リピーターさんはどう感じるでしょうか。

そんなとき。

少なくともあなたは、

リピーターさんを優先してください。

新規のひとを
「ぞんざい」に扱うのではなく、
リピーターさんのほうを
より優先してあげるのです。

リピーターさんが
「私のほうが、大切に扱ってもらっている」
と感じるように。

「最近、売り上げが落ちているから
新規を増やさなきゃ!」

とか切迫していると、
つい新規を優先しちゃう気持ちも分かります。

でも、そんなときこそ

何回通うか分からない新規さんより、
ずっと通ってくれているリピーターさんを優先する。

ことを、おすすめします。

まとめ

治療院集客の秘訣「楽に稼ぐ」ということは、
「手を抜いて、価値以上の金額を手に入れる」
こととは違います。

顧客から信頼してもらい、
気心の知れたなかで
価値に見合った対価をいただく。
この関係を続けていく。

そのためには、
情報発信がカギです。

あなたの人となりやサービスを理解して
共感してくれる人を治療院に集めて、育てるために

まずは情報を発信すること。

そうすれば、あなたにとって相性の良い
ファン・リピーター候補と出会う確率が上がります。

広告に比べて瞬発力はないですが、
この先何十年も、
あなたのビジネスを支えてくれる資産が、

情報発信です。

とくに
電子書籍やオウンドメディアなどの
ストック型のメディアがおすすめですので、
ぜひ
やってみましょう!

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます