チラシと電子書籍で治療院集客は相乗効果!

集客するときに「チラシ」は定番です。
とくに治療院の集客を考えると、地域のひとに知ってもらうことが重要なので、チラシは効果的。

「えっ? ネット集客じゃなくって、オフラインのチラシ??」
「効果あるの???」

という人もいらっしゃいます。
効果あります。 そして効果を上げる方法もあります。

今回は、
治療院のチラシ集客の効果を上げる方法について。

「電子書籍を使えば、
同じチラシを配っていても
反応が違いますよ」

という話です。

治療院のチラシ集客

反応率の低下

むかしは「せんみつ」とか言って、
1,000枚チラシを配って
だいたい3件くらいのの問い合わせがあるというのが
チラシの反応率でした。

つまり、0.3%ですね。

でも今は??

私もさんざん、チラシを配りました。
うちは田舎なので、田んぼが多いんですよ、田んぼが。

吹きっさらしだから
冬なんか、赤城おろしという北風が
ビュービュー。
自転車なんて、進みやしない。

色々なパターンのチラシをためしてみましたが、
反応の良いチラシで、

0.3%

でも悪いと、

0%

です。
折り込みならまだしも、
ポスティングで何万枚も配って

一件も問い合わせが無いときって、
心が折れます…

でも、良いときで0.3%って…
「せんみつ」の呪縛か?

いやいや。
むかしは広告の方法が限られていたから、
広告を受け取る側も
チラシって貴重な情報源でした。

でも今は、
雑誌もわんさか。
スマホを開けば、クリック一つで知りたい情報が出てくる。
クーポンだってポイントだってついてくる。

チラシの反応率が下がるのも
しょうがないですよね。

限られたスペース

多くのチラシは
A4かB5くらいの大きさ。

その限られたスペースに詰め込める情報は
そんなに多くない。

興味を惹くキャッチコピー。
本文に惹きこむためのリード。
伝えたいことの詰まった本文。
オトクな価格。
限定情報。
自己紹介。
お客様の声。
治療院の地図や連絡先。

伝えたいことは目いっぱいあるのに、
入りきらない。

文字を小さくすれば入るけど
それじゃあ読めない。

読めるけど、読んでもらえない。

ちっちゃい文字が並んでいると
人は文字としてではなく
模様として認識するので、目に留まらないんです。

それに、ギュウギュウ詰めの文字を見た瞬間

「うゎっ…」

と拒否反応が出ちゃいますよね。

チラシの強味

毎日たくさんのチラシが
ポストに入ってくる中で、
あなたのチラシを手に取ってもらうのは、
至難の業。

でも、ポイッと捨てられようが

手に取ってもらえる

ことだけは確かなんです。

オンラインの情報や広告は
手に取ってもらえない
目に留まらない
ことがほとんどですから。

だから、
チラシは強いんです。

ポストを開けて
チラシをチラ見して
ゴミ箱に入るまでの
コンマ何秒かが勝負。

そのコンマ何秒があるのか無いのかって、
集客にとって
すごく重要。

ゼロではなく1なので、
やり方次第で
可能性があるってことですから。

集客のプロに任せる

じゃあ、どんなチラシのデザインだったら
反応がいいのか。

コンマ何秒の間に、
目に留まるのか。

この部分については
PDCAが基本となります。

ざっくりいうと
「やってみて、修正してみて、またやって」
の繰り返し。

あなたの売りや
地域や
季節や
ターゲットの生活サイクルなど

チラシの反応って
人によって全然違います。

ですから、まずは
「このチラシならいけるかも」
というものをつくって、配って、反応をみる。

それを分析して、改善して、また配ってみる。

このあたりに自信がないなら、
コンサルタントを入れたほうが早いかもしれません。

私は電子書籍をつくる手助けをする専門家なので
集客のコンサルはできませんが、
本業を抱えて細かくデータの分析をするのは
大変だと思います。

色々と自分でためすのも学びになりますが
集客のプロに任せるという選択も良いと思います。

あ、ちょっと話がそれました。

私の話になりますが、
反応の良かったチラシには、共通点があります。

それは、オンラインのメディアへの誘導です。

チラシ単体では来ない

良いチラシをつくる秘訣は
クライアントさんに聞けばわかります。

「チラシを見てきました」

というクライアントさんに、
チラシのどこが気になったのか、
どうして電話をかけようかと思ったのかを
聞くのです。

たくさん聞けば聞くほど
「こうすればいいんだ」
という
チラシのコツが分かってきます。

そのコツは、他の治療院とは違うかもしれません。
あなたの地域で、
あなたの治療院ならではのコツです。

で。

私の治療院では
ホームページやオウンドメディア、電子書籍などの
オンラインメディアへの誘導を前面に出したチラシが
予約につながりました。

もしかして
よくできたチラシなら、
チラシを見ただけで

即電話!

したくなるかもしれません。

でも私の場合、
チラシ作成のセミナーなども受けて
定番的なチラシも配ったのですが、
反応はイマイチでした。

それから色々とためして、
反応が良かったのが
メディアへの誘導です。

ウチのクライアントさんの傾向として

● チラシ
● オンラインの情報
● 通勤や買い物で治療院の前を通った

という3つくらいが重なると、
予約の電話が鳴ります。

電子書籍とチラシを組み合わせて集客

チラシでは、
とにかく文字を読んで
引っ掛かりをもってもらいたかったので、

できるだけキャッチコピーとリードの文字を
を大きくしました。

そうすると、他の要素が入るスペースが減ってしまう。
そこで、

詳しくはこちらへ

的な誘導で、
ホームページや
オウンドメディアや
電子書籍を見てもらうようにつくったのです。

もちろん、
わざわざ見に来てもらうので、
オンライン割引きや
お役立ち情報などのメリットもしっかり伝えて。

その中でも
電子書籍へ誘導したチラシが
おすすめです。

信頼度が上がる

ポストの中には
けっこう「いかがわしいチラシ」
あなたのチラシと一緒に入っていますよね。

そんな、
どこの馬の骨とも分からない人間が入れたチラシではなく、
「本を出版している著者です」
「ちゃんとしてますよ」
と、違いをアピールする。

電子書籍を読んでもらわなくても、
チラシにあなたの出版した本が載っているだけで、

他のチラシにはない信頼性を
持たせることができます。

アクセスしやすい

チラシを配り始めた最初のころ。

チラシにホームページのアドレスを書いても
わざわざ
アドレスを入力してくれた人っていませんでした。

チラシからホームページを見て来ました
という人に聞いてみると、

「加須(地域名)」
「はり(業種)」
「なる治療院(名称)」

と検索して調べてくれたのだとか。

いや、ありがたいです。
ここまで調べてくれて。

でも、検索するのって結構ハードルが高いんです。
聞いてみると、検索の方法がよくわからないという人も多い。

だから検索してまで来院してくれるのって
本当にありがたいのですが、
そうも言っていられない。

それじゃあ、相手だのみですからね。

検索窓のイラストを入れて
アクセス方法を伝えたり、
QRコードを入れたりもしましたが、
それでも反応はイマイチ。

チラシで反応しなかった人に話を聞くことはできないのですが、
自分がチラシを受け取る側に立って考えると

めんどうくさい

ですね。
検索したり
QRコードにスマホをかざしたりするのが。

まあ、普通のチラシよりは反応が良かったので
ホームページや
オウンドメディアに誘導するパターンを続けていたのですが、

電子書籍を出版して
それをチラシに入れたら、

くっ

と上がったんです、反応が。

ぐっ

とではなく。
単純比較はできないのですが、

0.2% → 0.3%

くらいの反応率のアップでした。

電子書籍への誘導を載せたチラシで反応してた人の中で
実際に電子書籍を読んでくれたひとは3割程度。

かなり嬉しい割合です。
聞いてみると、なんとなくAmazonのページから購入してくれたそうです。

「なんとなく」
「理由はない」
という返事が多かったので、想像になってしまいますが

調べる

のと

買い物

は、違うんじゃないかと。

「詳しくはウェブで!」
のような広告はどこにでもあるので、
変わりばえがしないし、見飽きてしまってる。

けど、いつも買い物をしているAmazonに
院長の名前を入れるだけで本が出てくるのって、
今まであまり見たことがない。

わざわざ情報を調べるっていうのは
面倒くさいと思うけど、
買い物となると、
ちょっと見てみようかと思う。

いまや、日本の人口の4人に1人は
Amazonで買い物をしています。

ですから、
「近所の治療院の先生が本を出してるなんて面白そうだから、ついでにちょっと見てみようかな」
っていうような感じで
動いてくれたのかもしれませんね。

電子書籍を一冊読んだらファンになる

電子書籍の他にはない魅力。

ファン化がすごい。

といっても、適当な内容では
ファンになってはもらえませんが…

一冊、10,000文字前後にまとまったコンテンツを読む中で、
読者に役立つ情報だけじゃなくて、
あなたという人となりまで伝えることができる。

そういう構成になっている本を
一冊読み終えると

読者は著者と
まるで旧知の仲のような錯覚を起こします。

「やっと会えました」
「本当にいるんですね」
「初めて会った気がしない」

というのは、電子書籍経由で来院されたひとから
よく聞く言葉です。

チラシと電子書籍の相互補完

相互補完

なんて書くと難しいですが、
チラシと電子書籍は
お互いの弱点を補いあうことができる
いいコンビなんです。

チラシは、
コンマ何秒であっても
直接手に取ってもらえる。

けれど、
その他多くのチラシにまぎれて
「またか」
と捨てられてしまう。

電子書籍は
出版しているというだけで
「すごい」
と思ってもらえるし、ライバルもいないので
興味を惹きやすい。

しかも、検索にも出てくるし
Amazonのマーケティングも使えるので
オンラインでは強いけれど、

地域の人に知ってもらうという点で弱い。

そのお互いの長所と短所をうまく組み合わせることで、
集客につなげることができる。

まだまだこのコンビは、
アイデア次第で
いろんな使い方ができそうだ。

まとめ

チラシと電子書籍を組み合わせると
治療院の集客にとって、
心強いツールとなります。

その使い方は、
あなたの発想次第で
どんどん可能性が広がっていきます。

オフラインのチラシ。
オンラインの電子書籍。

このコンビ、おすすめです。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます