治療院の先生の電子書籍を面白くするなら【詩集を読もう】

もしあなたが、
「この本、分かりやすいし面白いな~」
と読者に言ってもらえるような電子書籍を書きたいなら。

いくら文章術の本を読んで文章を磨いても、無駄になっちゃうかもしれません

今回お伝えするのは、治療院の先生が読者に喜んでもらえる電子書籍をつくるなら、
文章術のノウハウ本よりも詩集を読みましょう!ということ。

「最近、本読んでないな~」という先生は、ぜひこの記事を読んでください。
あなたの書く文章が豊かに、面白くなります。

面白い電子書籍をつくるために

記事を読んでいただき、ありがとうございます。
一人で集客に悩む治療家やセラピストを、電子書籍づくりで応援している伊東 歩です。

あなたは、「この人の話って面白いな」と感じたことはありますか?

そのときって、何に面白さを感じたのでしょうか。
言葉遣いや声のトーン、ネタ自体の面白さもあると思いますが、
こちらの予想外のことを上手く結びつけた話って興味が湧くと思います。

「えっ、それもこの話と関係あるんだ」

いま話している話題と似ていたり、対照的だったり、因果関係にあったり、具体例だったり、背景になっていたり、歴史的につながっていたりといった話が出てくると、

話全体が豊かになり、メインテーマが立体的にみえてきます。

立体的っていう言葉は卑怯ですね…
いろんな種類の補足の話があることで、テーマの特徴がくっきりと分かりやすくなるってことでしょうか。

話も文章も「振り幅」が広いほうが面白い

文章も同じです。
書いているテーマに関して、いろんな分野、いろんな視点から補足が入ると
メインテーマの理解が深まるし、なにより面白いです。

治療家が書く膝の痛みについての電子書籍なのに、
野球や釣り、建築、宇宙などの話が出てくる。

しかも話があちこちに飛ぶのではなく、
全てが膝の痛みというテーマを補足してくれている。

そうなると、読んでいても見通しが良くなります。

治療院の先生の電子書籍づくりはハマりやすい

逆に見通しの悪い文章ってどんな感じでしょうか。

治療院の先生の電子書籍づくりを手伝っていると、たまに見かけます。
そして本人もそれに気がついて、悩んでいます。

先日も、ある整体師の先生を個別添削していると

「私の文章、なんだか教科書みたいでつまらなくなってしまうんです」
と相談を受けました。

真面目な先生なので、
本のテーマに沿ってきっちりと文章を組み立てていらっしゃいました。

それはいいのですが、出てくる話題が
治療・解剖・生理といった医療関係ばかりで、読んでいるとたしかにちょっと
堅苦しさを感じます。

そこで提案させてもらったのは、コレ。

「本屋さんに行って、専門分野以外の本からネタを仕入れてきてください。それを電子書籍の構成に加えましょう」

電子書籍のネタを本屋でみつけよう

本屋さんなんて、もう情報の宝庫ですからね。
いっくらでもネタを見つけることができます。

図書館はダメなの?

図書館にも本がいっぱいありますけど、
やっぱり本屋さんが良いです。

時代の流れが見えますから。

私の場合、
本屋さんで今を知り
図書館で過去を知る
という使い分けをしています。

本屋さんは、売れなくなった本や古い本は置きません。
でもそんな中にも良い本はたくさんあるので、
そんな本が読みたいときは近所の図書館のお世話になっています。

関係ないジャンルの本を読もう

あなたが治療家なら、本屋さんに入ったら
行ってはいけないコーナーがあります。

「健康」「美容」「医療」「運動」「食事」
などの馴染みの本を買ってはいけません。

何のために本屋さんに来たんでしたっけ?

そう、電子書籍の内容を面白くするためです。
だったら、今書いているテーマから「ぐーん」と離れたジャンルの本を読んでみてください。

ちなみに、先ほどの真面目な整体師の先生は

相田みつおさんの詩集

を選びました。
良いチョイスだと思います。

実際の電子書籍では、詩の一部を引用させていただいて
そこからテーマにつなげました。

詩に関する文はたった3行でした。

でも、前後を医療関係の文章に囲まれたなかで
その3行は
オアシスのようにホッとさせてくれます。

なんだか、
その整体師の先生が施術中に真面目な話をするなかで
ちょっと冗談を交えたような
そんな気持ちにさせてくれました。

ただ専門分野に詳しい整体師ではなく、
たった3行あるだけで
人間味が感じられるようになったのです。

これは人によって違うので、
電子書籍づくりをお手伝いする醍醐味だなって感じました。

テーマとネタをつなぐコツ

いま書いている文章と、
本屋さんなどで見つけてきたネタをつなぐコツは

抽象化です。

抽象化にもいろいろな見方がありますが、たとえば
鍼灸治療
を抽象化してみると

・伝統を引き継ぐ仕事
・メスを使わない治療方法
・人と関わる仕事
・日本より海外で重宝される治療法
・海外から入ってきて日本で独自に進化した文化

など。

そうすると、
時代の流れによって消え去りそうになっても、なんとか引き継がれてきた仕事
……例えば昨日テレビでやっていた
「天然砥石をつくる仕事」とかをテーマに本を書いている時に、
鍼灸治療の話題を書くこともできます。

抽象化が分かりにくければ、
共通点を見つける
という方法でも、話をふくらませて面白くすることができます。

まとめ

治療院の先生が電子書籍を書くとき、読者に「面白い、分かりやすい」と思ってもらうなら、文章術は必要ありません。

それはトークショーで言うなら、話し方を学ぶようなもの。
話し方なんて、ボソボソでも、引っかかってもいいんです。

私たち専門家が伝えたいのは話術の面白さじゃなくって、その内容です。

キレイな文章なんか要らないですが、話題は多いほうが良いです。人間味も出ますし、内容が面白くなる。

なにもみなさんが詩集を買うことはないのですが、まずは、今まで読んだことのないようなジャンルの本を買ってみてください。

そして書いている文章と共通点を見つけて、話に盛り込んでみてください。
ちょっとあるだけで、電子書籍全体の印象が変わってきますよ。

そして、今よりも施術単価を上げて「売り上げは上がったのに、時間の余裕ができた!」という治療院やサロンにしたいかたは、こちらの動画をごらんください!

施術歴21年の経験を惜しみなくお伝えする、高単価リピート集客の秘訣を期間限定で公開中!

今までよりも単価を上げて、リピートの仕組みをつくりたい方は、こちらの記事
高単価リピート集客のための【 5ステップ 無料動画講座 】

が役に立ちます